美容院のブログに載るお客さんってどんなお客さんなの?

2,799 views

美容院のブログに載るお客さんってどんなお客さんなの?

 

答えはとてもシンプルですが、そのプロセスがとても重要ですよね〜〜。

 

こんばんは。
アナデジマーケティングで集客&販促を応援しているウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。

ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてください。

発信や販促、スタッフモチベーション等の質問、相談等ありましたら、下記のソーシャルメディアからメッセージ送ってください。
logo_twitter_withbird_1000_allblue @kat1173

new-instagram-text-logo @kat_nori

ーーーーーーーーー
お客さんとの関係性とは?
ーーーーーーーーー

美容院のブログに載るお客さんってどんなお客さんなの?

そりゃー当たり前ですが、関係性の深いお客さんだと思う。なんでかっていうと、”関係性”がなければ一緒に撮ろうと思わないでしょ。この関係性が今の時代もの凄く大事だと思う。いまさらだけど(笑)って、僕がいうまでもありませんがね。。。

でも、そこに至るまでにプロセスが発生していると思う。そのプロセスをぼくの体験で分析してみました。

 

逆にブログに載らない人ってどんな人だろう?

ブログに載らない人ってどんな人だろう?と考えるとどうだろうか?載らない人=載りたくない人と訳せます。つまり相手に対して信頼、信用がないからです。見ず知らずの人と一緒に撮るの、、、そりゃ嫌だわ。笑。こう考えると色々なことが考えつく。載りたくないというのは結果であり、実はその前のアプローチが大切だということが分かりました。

 

事前の関係性が築けてる

ほぼこれです。事前に自分をどうアピールしているか?ですね。これだけデジタルが進化している時代。接客業の方、個人なら出さなきゃね。出さないでもいいですが、その時点でデジタル上であなたはこの世に存在していないのと同じ。初回来店が2回目、3回目のような状況を作り出すのか?本当の初回来店なのか?

「あなたはお客様に本当に何を求めているのでしょうか?」

よく「集客したい」とか「売上あげたい」という人は腐る程います。ですが、それに伴った行動をしている人は少ない。。。なぜでしょうか?それは、願望が曖昧だからです。曖昧だから優先順位が低い、だから、行動に移らない、とてもシンプルです。結果、来年も「集客したい」「売上あげたい」と言ってる人間になる。でもね、これ仕方がないんです。そういう選択をしてきたので、本人も理解していないことが多いのが事実です。だからね、ぼくのような人間がいるんです(笑)。それに気づけるか気づけないか。気づけないと他責をし続けます。ここは明確なのではっきり言いますが、他責をし続けてる人が、お客様に支持される人間なわけがありません。一時期はうまくいくかもしれません。しかし、永続的にはうまくいかないと思う。

「事前の関係性が築けることが、あなたにとって本当に意味があることでしょうか?」

本気で考えてるならば行動します。口でいくら言っても行動が伴わなければ全く伝わりませんよね。

 

あらかじめ発信している

お客様と事前に関係性を築ける手段が「発信」です。例えば、日々の写真やお客さんのヘアスタイル写真が掲載されてるホームページがあったとします。初めてそのホームページを見る人は、色々なことを思う。

 

  • なんか凄くお客さんと楽しんでて良いお店なんだろうな〜
  • わたしもお店に行ったら写真撮ってみたいな〜
  • あ〜こんだけのお客さんに支持されてる美容室なんだ〜なんか安心するかも

 

しかしこういったポジティブな意見ばかりではないですよね?
当然ですが。

 

  • ここのお店行ったら写真撮られるんかな?
  • 和気藹々とかどうでもいいんだけどな〜
  • 静かにして欲しいんだけどな〜

 

もしかするとこんなマイナス意見もあるのかもしれない。

 

後者の場合、発信量が多ければ来ないお客さんと位置付けられませんか?遅かれ早かれ失客する可能性があるお客さんである可能性が高い。何が言いたいかというと、失客してしまう可能性があるお客さんは最初から来てもらわなくてもいいという選択肢があります。(もちろん、来て施述受けてコミュニケーションをしたらリピートしてくれるお客さんもいると思います。でもそういう人は1回でも来店しますよね)1回も来ない人は、、、、仕方がないですよね。だって、その美容室の空気というか雰囲気に合わないってことですから。美容室オーナーってお店つくりにはめちゃ拘っているわけです。だからこそ、お客さんを選んでも良いと思います。(そんな綺麗事ばかりじゃないのもわかっていってますが)できる限り自分の好むお客様を集めていった方が楽しいはずです。自分やお店に興味のあるお客様との2時間と発信してなかったせいで全く合わないお客様との2時間、どちらの2時間があなたにとって価値ある時間になりますでしょうか。答えは明白です。

 

どちらにするのも、あなたの選択ですね。

 

何が言いたいかというと、発信を通じて「あなたがお客様にしたいことはなんだ?」ということです。つまり、発信自体はほとんどがデメリットがありません。だとしたら何を発信するのか?

  • あなたの発信はこれから会うお客様にとってどんな良い情報があるのか?
  • その情報はそのお客様にどう影響するのか?

 

ホットペッパービューティーでの集客は、あなたの力ではありません。お金の力です。間違えないようにして欲しいです。

これらの記事は実際に結果を出されているサロンさんですので、ぜひ一度は読んでみることをお勧めします。
ホットペッパーの集客数が減ったけど売上が変わらなかった理由。
ホットペッパーもやめて自力集客をしています。SEO対策していますが結果がでない。どうして?

 

まとめ

これから2025年問題がやってきます。
2025年問題って何?という方は、こちら⇒⇒⇒

 

その荒波を乗り越えていくためには、自分のスキルを高めていく方が間違いなく良い。というかいつの時代でもスキルがあった方がいい。もちろん、時間はかかります。ですがかかった分の見返りは必ずあります。これを「代償の先払い」と言います。「代償」とは、目的を達成するために支払うモノです。つまり、目的を達成するために、時間とお金を先に払うことで後々価値が生まれるということです。ぼくのこのブログも現在約2,800記事もすぐの結果は出なかった。が、今、お会いする方多くの人がぼくのブログを読んでくれています。そして、それが仕事に繋がっています。ですから、代償が先なんです。

 

美容院のブログに載るお客様は、あなたの価値を認めたお客様です。だとしたら、あなたは今日からどんな行動をしますか?

 

 

僕の記事を読んで共感頂けたら、みなさんの参考になれば、それが一番嬉しいです^^

 

 

では。

 

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

楽しいを仕事に♬
>———————————<
一緒に学んでみようかなーと思った方は、こちらまで気軽にご相談くださいね^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
記事下_バナー_ブルー
※ホームページのある方は、ホームページのURLも一緒に貼ってくださいね^^

>———————————<
2015年7月のブログ記事ランキングです
2015年6月のブログ記事ランキングです
2015年5月のブログ記事ランキングです
2015年4月のブログ記事ランキングです
2015年3月のブログ記事ランキングです
2015年2月のブログ記事ランキングです
2015年1月のブログ記事ランキングです
>———————————<

&nbsp

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。