「モチベーションが下がらなくなった」と美容師さんが言った理由とは?

1,820 views

「モチベーションが下がらなくなった」と美容師さんが言った理由とは?

 

モチベーションって誰かにあげてもらうものではないと、基本僕は思っている。自分で行うことが前提となっていると人からモチベーションをあげてもらった時の嬉しさ、やる気ってもっと上がるから。でも人からあげてもらえることなんて少なく、ほとんど多くは自分でコントロールしていかないといけない日々を送るはずです。ですから、この「モチベーションが下がらなくなった」と言う声は嬉しかったです。

 

こんにちは!

アナxデジマーケッター ウスイッチこと碓井勝範です。

ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてください。

マーケティングに没頭すること約2,200日学び、自身でブログを2,700記事書き成果に結びついた事例をプログラム化したアナデジマーケティング技術を生み出しました。

1年間の研修受講人数 延べ 1,877名
研修回数 193回/年
の経験を通じて 、お客さんの解決したい悩みを自分の悩みとしてとらえ、日々その悩みが解決できる手法を開発し、お客さんにとって役立つ記事を書いています。

今日 2018年7月22日から2018年12月31日までの残り日数:163

発信や販促、スタッフモチベーション等の質問、相談等ありましたら、下記のソーシャルメディアからメッセージ送ってください。
logo_twitter_withbird_1000_allblue @kat1173

new-instagram-text-logo @kat_nori

ーーーーーーーーーーーーーーー

モチベーションが下がる人の思考パターンとは?

モチベーションの上げ下げが激しい人っています。そういう人の思考パターンて実はとてもシンプルだったりします。「目的目標がない人」「目標を持っているけど、うまく行動のプランニングができていない」「人と比較ばかりしている人」「”今”に翻弄されてる人」がモチベーション維持に困ってたりしているのかなと思います。まぁ僕はカウンセラーでもなんでもないので、あくまでアナデジマーケティング技術を通じて得てきた知識だと思って軽く聞いてください。

 

〜① 目的目標を持っていない〜

これは世の中の約8割の人に当てはまると言われています。世の中の約8割の人が「無目的無目標」で生きているとこのブログでもなんども書かせて頂いています。

例えば、高校野球。甲子園出場という目標があるので、厳しい練習にも耐えることができる。それが、ただ野球をやってるだけだったら、そこまで厳しい練習をするだろうか?

例えば、ダイエット。ぼくの場合で言うと66kgまで落とすぞ!と言う目標がある(あと6kg!中々達成できませんが^^;)そのためにキックボクシングやマラソン、加圧トレーニングを行っている。只今1kg減っては0.5kg増えるの繰り返し(笑)でもトレラン大会まであと4週しかないので、ちょっと気合い入れて減量します!と目標があるから落とせる。これがどこまでかの設定もせず、”ただ体重落としたい”だったら、果たして落ちるだろうか?

これだけ見ても目標設定って大事だと思いませんか?

 

〜② 目的目標を持っているけど、うまく行動のプランニングができていない〜

例えば、売上150万!と目標を立てているけどいつまで経っても達成しないのは、ここの部分がうまく機能していないことが多い。ぼくが見てきた中で一番多いのは、目標は立てるけど具体的な行動プランができていません。行動プランができていないので、結局普段の慣れた行動をします。当然、売上に変化はありません。一時期ホトペ等の影響で売上が上がる時があり達成することもありますが、本来の力ではないので翌月すぐ下がったり安定してその数値を達成することはありません。しかし、行動のプランニングがしっかりできてもすぐ結果がでる訳でも残念ながらありません。それを続けて半年は必要だと思います。自分の行動を変えてお客様に浸透するまでの時間に遅れが生じているからですね。ぼく自身も半年、1年、3年サイクルで見ています。「え〜そんな長いの?」となるかもしれません。しかし、ここだけは我慢が必要ですね。

 

〜③ 人と比較ばかりしている〜

「あの人はどうしてるんだろ?」「同期なのに私だけ遅れてる。。。」等、常に人と比較している人も多いんじゃないですかね。比較してプラスに働くなら良いですが、自分をおとしめることになるなら比較はやめたほうがいい。何の徳にもなりません。「あの人も頑張っている。俺は少し遅れてるけど、必ず追いついてやる!」といったポジティブに捉えられるのでしたら、比較してもいいと思う。

比較は今、自分のやるべきことにフォーカスできていない証拠でもあります。やるべきことが明確な人は、わざわざ人と比較したりしません、と言うか比較をすると言うこと自体が頭にないんですよね。

比較で優位に立っている時はいいですが、劣位に立たされた時は一気に自信がなくなり、自分のモチベーションを下げます。やるべきこと、これが正に目標設定ですよね。

 

〜④ ”今”に翻弄されてる〜

これは、アマチュアな方ですね。今、欲していること、今、したいこと、今やりたいことばかりにフォーカスしている人。これも記事で何度も何度も書いています。つまり、それぐらい大事だと言うことです。アマチュアはプロフェッショナルにはなれません。つまり、高い対価を得ることはありません。

これもロジックを分かっていれば、「あ、アマチュアの行動だ、変えなきゃ」ってなる。つまり、技術だということです。アマチュアの行動は、その時一瞬は今欲しているものを手に入れるのでモチベーションが高いのですが、手に入れると一気に急降下し出します。それが身につくと長期的視点で見れないので、常に単発の結果が出るものを好むようになります。

ブログを書くなら、ホトペの掲載をしてくれ。

SNSの発信するぐらいなら、ホトペのプラン上げてくれ。

と例えるなら餌を待つ小鳥のよう。待ちのスタンスは成長を止めます。今に翻弄されるのではなく、しっかりと目的目標を作り少しづつでいいので、そこに向かって進んでいくことが日々のモチベーション低下を起こさない方法だと思います。ぼくも毎日少しづつ少しづつ行っています。一緒にやりましょうね。

 

モチベーションは自分自身でコントロールできる?

すべてではありませんが、ぼくはできると思っています。だってぼくと会った方々は分かると思いますが、基本モチベーション高めですよね。それは日々目的目標を意識しているからです。元々モチベーションが高いままいれたわけではありません。少しづつトレーニングを繰り返して今に至ります。

自分自身で切り替えるのは、技術として学ぶことができる。そうして学ぶ技術は常に使うので錆びることがなく、常にアップデートしていきます。つまり、どんどんモチベーションが下がる要因がなくなっていくということです。


ウスイッチさんの将来どうなりたいのか。を具体的にし、逆算してスケジューリングしたので比べる対象が他人ではなく自分になったので、モチベーションが下がらなくなった。

ね、しっかりとした技術を学ぶことで、モチベーションが下がらなくなるんですよね。

 

もし、あなたがモチベーションを下げたくない!と本気で思うなら、一度、目標をしっかり立てて行動してみてはいかがですか?きっとそれだけでも効果は出ると思いますよ^^

 

 

ウスイッチ

んじゃ!

【人間力と売上が上がるアナデジ研修概要はこちら
アナデジ補習改めプロフェッショナル研修

ぜひ読んで欲しい記事

>———————————<

1)結構やってる人が多いので、これは注意してね!

2)なんでもかんでも費用対効果って言ってる人、大丈夫ですか?

3)デビューした美容師さんは、その後、どうやってお客さんを増やしていくのか?

4)美容院のブログに載るお客さんってどんなお客さんなの?

5)今なら^^初めてご来店されるお客様に限り。。。

6)美容室数と人口の推移を比較したことありますか?

7)あなたはホットペッパービューティーより忘れられない努力をしていますか?

8)なぜあなたの売上が上がらないのか?あなたがお客様から支持されない理由。

9)ブログ等を発信しているのに反応や結果がでない人へ

10)あなたが送るDMで一番やってはいけない3つのこと。来たら嬉しいDMってどんなDMだろう?

>———————————<

初めての方へ。共感したらFacebookで気軽にフォローしてくださいね

フォローしていただくと、投稿をした際ウォールに表示されるようになります。

それがウザ〜と思う方はやめてくださいね(笑)

 

ブログ等の発信が苦手な方へのご提案 

ブログ書くの、発信するのが苦手って人には自分の商品を効率良く&分析できるヘアカタシステム「スタギャラ」を使うという手もありますよ^^

[集客できるヘアカタシステム] 発信して集客&売上をあげたいサロンさん必見!

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

楽しいを仕事に♬


気軽にご相談、問い合わせしてくださいね^^

ウスイッチGoogle+

2018-07-22 | Posted in ブログComments Closed 

関連記事