[美容室集客] ホットペッパービューティーやってはいけない3つのポイント

1,609 views

[美容室集客] ホットペッパービューティー使ってるお店でやってはいけない3つのポイント

 

広告媒体と自社コンテンツ(情報資産)との関係性を踏まえるとそう思う。

 

 

こんにちは。
アナxデジマーケッター ウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。

ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてください。
2015-12-11

ーーーーーーーーーーーーーーー
スクリーンショット 2015-12-15 11.09.14
ーーーーーーーーーーーーーーー

ホットペッパービューティー使ってるお店でやってはいけない3つのポイント

僕はこの3点だと思います。
(合ってるか間違ってるかではなく僕のリアルな現場を約1600日間見てきて、他に依存しないで売上体質を作ってきた考え方として聞いてください)
1)ホットペッパービューティーブログの記事数がホームページより多い
2)ホットペッパービューティーヘアスタイルの数がホームページより多い
3)ホームページからの予約のリンクがホットペッパービューティーになっている

 

 

ポイント1)ホットペッパービューティーブログの記事数がホームページより多い

これは自社ホームページへの情報資産を蓄積することがデジタル上のお店の価値になるということを理解しているとやらないのではないでしょうか。
僕が見る限り、その広告媒体と自社コンテンツ(情報資産)の考え方が混在していると、「 集客 」というポイントしか見えなくなり、このような現象が起きています。
出稿することが良い悪いとかではなく、あなたはそれを「 何のために使っているのか? 」ってことですね。


馬鹿野郎!集客に決まってんだろ!

ですよね^^;

でも、それだけですか???
それだけだと、危険です!!!
それだけで、それ以外を知らないのは危険ですね。
最初に書きました。
「 自社ホームページへの情報資産を蓄積することがデジタル上のお店の価値になる 」
ここの部分がGoogleさんの評価であったり、検索されたときに上にあがる(上位表示)ための元になります。
その元の数がホットペッパービューティーの方が多いというのは、アナデジマーケティング的にはNGです。

 

 

ポイント2)ホットペッパービューティーヘアスタイルの数がホームページより多い

これも1)と同じです。
しかも、ヘアデザイン(ヘアスタイル)って、お店の商品であり、お客さんへの提案書です。
その自社、自店の商品&提案書が自社コンテンツ以外の場に多いということは、これまた、Googleさんからの評価は低くなります。
1)も2)も仕組みを知ると、考え方も変わってくるのだと思います^^

 

 

ポイント3)ホームページからの予約のリンクがホットペッパービューティーになっている

これは先日も書きましたので、下記を参考にしていただけたらと思います^^
お店のブログからホットペッパーの予約にリンクしている方へ。
これはお店側の「 楽 」とお客さん側の「 楽 」が見事に合わさったのだと思います。

 

 
そう思うとやっぱホットペッパーって天才だよなーと知れば知るほど天才だということが分かります。
だからね、天才に勝つとか負けるとかではなく(戦ったところで結果は見えていますしね。)
どう活用していくのがお店にとってお客さんにとって良いのか?
という目線、視点が大事なんじゃないかなって思います。

 

 

 

これからご紹介いただいたお店にヒアリングに行ってきまーす^^♪

 

 

 

僕の記事を読んで共感頂けたら、みなさんの参考になれば、それが一番嬉しいです^^

 

では。


ブログ書くの苦手って人には自分の商品を効率良く&分析できるヘアカタシステム「スタギャラ」を使うという手もありますよ^^
[集客できるヘアカタシステム] 発信して集客&売上をあげたいサロンさん必見!

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

楽しいを仕事に♬

 

>———————————<
一緒に学んでみようかなーと思った方は、こちらまで気軽にご相談くださいね^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
記事下_バナー_ブルー
※ホームページのある方は、ホームページのURLも一緒に貼ってくださいね^^
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
《 Twitter気軽にフォローしてね 》

 

《 Instagramもやってます 》
Instagram

 

>———————————<
2015年11月のブログ記事ランキングです
2015年10月のブログ記事ランキングです
2015年9月のブログ記事ランキングです
2015年8月のブログ記事ランキングです
2015年7月のブログ記事ランキングです
2015年6月のブログ記事ランキングです
2015年5月のブログ記事ランキングです
2015年4月のブログ記事ランキングです
2015年3月のブログ記事ランキングです
2015年2月のブログ記事ランキングです
2015年1月のブログ記事ランキングです
>———————————<

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。