沢尻エリカのドラマ「ファーストクラス2」最終回見て感じたこと。

299 views

沢尻エリカのドラマ「ファーストクラス2」最終回見て感じたこと。

 

おはようございます。
美容室専門
スタッフ成長促進アドバイザーのウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。

ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてくださいね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎ 一見古き良き日のバブリーな時代を写しているのかと思った

ファーストクラス2。
最終会だけ見た^^;
プラダを着た悪魔の日本版なんですかね?

会社のナリや格好等を見て古き良き日の時代を描写しているドラマだと一見思ってみていました。
昔、こんな感じを思い出す。懐かしい。
数字を追い続ける、寝ないのが当たり前、気合いと根性、人を蹴落としてでも上がる、、、的な(笑)ここまで思ってなかったとしても比較されてる感はめちゃくちゃ感じたり。。。
比べるものではありませんが、昔と比べると今は牙をバキーーーっと折られてる状態かもしれませんね^^;
でも今の方が仕事が楽しいから、僕的にはOK〜〜〜♪

 

 

◎ ソーシャルメディアの登場で時代が、ドラマが変わった

ラストのシーン。
途中猫と遊んでいて見てなかった。。。。
ファッションショーをやるのに会場に人が集まらない。
全員で街頭配布して人を集める。
そこで力を発揮した子が手にしていたのは、スマフォ。
「集めてきたから」(確かこんなフレーズ)
っと若い人がゾロゾロ集まってきました。
このシーンを見た時、「あ!街配って効率悪っ」と正直思ってしまいました。
昔は拡散する” 手段 ” がなかった。
でも、今は”ある”。
この違いなんとなく分かりますか?

 

分からない、もしくは気がついていないとき、10年前と同じことをしているのだと思います。
配るのが悪いことではありません。それもひとつの手段だから(広告に制限かけられてる業種ならば配ることがメリットになるわけですし)。でも、発信でスマフォでソーシャルで人が集まる時代なんだということも忘れてはいけないですね。。。

 

その後です。
ランウェイでスマフォで撮影、それをソーシャルメディアで拡散。
このとき使われていたのがFacebook。(LINEじゃないんだー、Twitterじゃないんだー、Instagramじゃないんだーと思ったのは内緒です)
そして、海外から問合せや取材の電話が鳴るというシーン。

2014-12-24 22.39.33
最終場面は今の時代を象徴する形なのかなと思った。

 

以前もありましたが、ソーシャルメディア上で誰と誰を主人公にして周りにこの人とこの人を設定して、、、、役作りを一般に任せることで視聴を確保するという形、本格化してきそうですね^^
そーなったらTVの在り方も変わってくるんじゃないでしょうかね。

 

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

 

>———————————<

一緒に学んでみようかなーと思った方は、こちら まで。

>———————————<

ランキング記事まだ読んでない方は見てみてね!
10月のブログ記事ランキング
9月のブログ記事ランキング
8月のブログ記事ランキング
>———————————<
楽しいを仕事に♬

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範(ウスイッチ)の自己紹介 売上を自ら組み立てられる人財を育成、輩出したい!!! ◆ ミッション(使命) 「みんなで笑顔をつなぐ」 【売る力】をトレーニングによって身につけ売上が上がり笑顔が増える その笑顔をお客様が次のお客様に伝えていく、そんな素敵な社会を作っていきたい! ◆ パーパス(存在意義) 「すべての人の物心両面の豊かさの追求」 独自開発したプログラム、私自身の経験という資源を使い、お客様の仕事の質の向上を目指し、お客様の人生の豊かさの向上にも寄り添っていきたいと思います。 ◆ ヴィジョン(指針) 「目先の短期的な成果ではなく、見えない未来を予測し長期的な成果の仕組みを作る」 目先の成果を追っていても、小手先のテクニックを覚えても、ほんの一瞬の成果しか出ません。会社は長期的な反映が必要です。私たちの資源を使い、見えない未来を予測し、長期的な成果を出す仕組み作り、勝ちパターンを手に入れて頂きたいと思っています。