お客様からの反応が早く返ってくる方法があったら知りたいですか?

1,083 views

誰もがやりたくない事を進んでやると反応が早く返ってくる。

 

今、そして、これから大事なポイントになってくると思います。

 

こんにちは!

アナxデジマーケッター ウスイッチこと碓井勝範です。

ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてください。

マーケティングに没頭すること約2,200日学び、自身でブログを2,700記事書き成果に結びついた事例をプログラム化したアナデジマーケティング技術を生み出しました。

1年間の研修受講人数 延べ 1,877名
研修回数 193回/年
の経験を通じて 、お客さんの解決したい悩みを自分の悩みとしてとらえ、日々その悩みが解決できる手法を開発し、お客さんにとって役立つ記事を書いています。
 
 
ここ最近、「ウスイッチってどう説明すればいいの?」という嬉しい声を頂いています。
現時点では
「 アナデジマーケティング技術の5つの力(人間力、マーケティング力、目標達成力、発信力、販売力)を体得することで、社員が自主的に仕事に取り組むようになり、達成感/充実感を感じ120%の売上に繋げる実を出す研修を提供しているマーケッター」
です。
 
まだ伝わらないかな(笑)心優しい方はぜひメッセージくださいw
「経営者の伴走者」の方がいいかもw
う〜ん、しっくりこない(笑)
「成果にこだわる教育者!」
こんなところでしょうか^^

 

今日 2019年3月16日から2018年12月31日までの残り日数:291

発信や販促、スタッフモチベーション等の質問、相談等ありましたら、下記のソーシャルメディアからメッセージ送ってください。

Instagram

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

大事なのは今の市場背景をしっかり見て行動する


お先日書いた記事です。
「 2019年の美容業界に起きること。だから目指すところは「成果の〇〇」です。
これでなんとなーく理解いただけたのではないでしょうか。

去年2018年に美容業界過去10年間で最大の倒産、廃業が起こりました。これからは、チームとして人数で強力な力を手に入れるか?ひとりでやるか?どちらかです。さらにひとりでやるには相当な価値をつけていかなければこれからは厳しくなってくるんじゃないでしょうか。逆に価値をつけたひとりサロンは、圧倒的に選ばれるお店になります。

チーム力はこちらの書いた記事に書いてありますのでよかったら見てみてください。
「 【成長する会社と衰退する会社の差】チームビルディングセミナーに参加して思ったこと

多くの人は事後対応はできるが、事前対応はできません。今でもボクもできてません(汗)でも、しようと思っている人とそうでない人では今は差はあまりないかもしれませんが、一年後大きな差となって現れてきます。

その時にどうするのか?では遅い時代です。今から何をすべきか?を考えて行動する必要がありますね。

お客様からの反応が早く返ってくる方法


反応が早く返ってくる方法ですが、市場をみていると気づくことがあります。それは、例えば、サンキューDM。これポスシステムだったりネット予約機能でも自動配信されたりと便利な時代になりましたよね。でも、ボクのお客さんたちにはおひとりおひとり手書きで書き出しています。それは、美容室に通うひとりのお客様、ボクの友達が言っていた言葉。「接客とか技術とかピカイチですごく良かった〜。。。でもね、そのあと、メールが送られてきたんだけど、定型文のご来店ありがとうメールを見て一気に冷めた。。。なんだ、結局最後の最後で手を抜くんかいって。う〜ん、良かったんだけどもう行かない」。その言葉を聞いてから思ったことは、発信側は毎日何人もお客様が来られる、ひとりひとり書いてる時間なんてない、自動でやってくれてとても便利だから使う。一方お客様に残ったのは「手抜き」。これって直接美容師さんに言うわけないですからね。気づかずうちに失客していく。そして、そのことすら知らないという美容師さんも少なくありません。

いつの時代でも輝き続けてる人には、共通点があります。

それは、「 感謝 」です。

色んなところで勉強していますが、どこもこの「感謝」を持つ重要さを耳にします。この感謝の気持ちを示す一つの手段がサンキューDMです。
心からありがとう!と思って自分の時間を使って書く人の手紙ってこうなります。

ほとんどモザイク(笑)中身は企業秘密ですからね。このモザイクかかってる部分すべて文章です。20代の美容師さんです。このDMが持つ副産物って計り知れないんですよ、実は。

今、漢字を書く若者で誤字脱字が非常に多い。時に「 機械の進化=人間の退化 」となることがあります。例えば、「本音」が「本根」になってたり「提案」を「定案」と書いたりします。これがお客様に届いたらどうでしょうか。。。ぼくが見たら笑えない、、、大丈夫か?と思って注意するかもしれません(笑)そういう意味では自動配信システムの方が間違いない!笑。というメリットもありますね。ですが、個人の能力は伸びませんね。

自動で楽だからボタン一つで「はい、ポチ!」って人ではお客様にどのような伝わり方をするでしょうか?これはその人の解釈なので、「バカ言ってんじゃねーよ、毎日どんだけのお客がくると思ってんだ?んなもん書けるわけねーだろ!」そういう人もいると思う。でも、それはその人の価値観なのでね。ボクは強制してるつもりはありませんからね。

ただ、どちらが相手に届くか?だけ考えてみていただけたらいいかなって思います。もし、あなたが本当にお客様からの反応が欲しければこれオススメです。すぐの反応が返ってきますよ。

ぼくは今のこんなに便利な時代だからこそ、誰もがやらないことを誰よりも熱心にやることで価値がつくんじゃないかと思っています。

一年でお客様からの反応が出せる学びとは?


もっと反応や成果が欲しい!!!という方は、こちらの講座がオススメです。
「 悩みを一気に解決する永続的に売上があがっていく真の成功法を学ぶ講座

元々この講座は1〜3年アナデジを学んできた方に継続学習をする意味でやろうと思った企画だったのですが、ぼくの考え方が変わりました。それは、歯科業界や介護、医療業界を見て感じたことです。倒産や廃業はどの業界でも起きている。だとすると、このアナデジを学んでもらった美容師さんが自分のエリアに戻り、エリアの困ってる人たちにアナデジを教えてあげて町を活性化する人になってもらいたい!そんな願いを持ちました。そうすることで、美容の価値が上がり、選ばれるお店作りにもなり、将来美容師になりたいという人が増えるんじゃないか、そう思ったんです。ですから、今回一般募集をすることにしました。そんなに見れないので10枠とさせていただきます。今のところ7名の方が参加してくれています。

あと3名です(日程などはブログを見てみてね)

2年前も100万とか150万売上達成!と言いながらも、達成できなかったなんて経験のある方には、特にオススメですよ。

ウスイッチ

んじゃ!

 

【 ウスイッチが選ばれる理由 】
これから少しずつアップしていきたいと思います^^

 

 

【人間力と売上が上がるアナデジ研修概要はこちら
アナデジ補習改めプロフェッショナル研修

ぜひ読んで欲しい記事

>———————————<

1)結構やってる人が多いので、これは注意してね!

2)なんでもかんでも費用対効果って言ってる人、大丈夫ですか?

3)デビューした美容師さんは、その後、どうやってお客さんを増やしていくのか?

4)美容院のブログに載るお客さんってどんなお客さんなの?

5)今なら^^初めてご来店されるお客様に限り。。。

6)美容室数と人口の推移を比較したことありますか?

7)あなたはホットペッパービューティーより忘れられない努力をしていますか?

8)なぜあなたの売上が上がらないのか?あなたがお客様から支持されない理由。

9)ブログ等を発信しているのに反応や結果がでない人へ

10)あなたが送るDMで一番やってはいけない3つのこと。来たら嬉しいDMってどんなDMだろう?

>———————————<

初めての方へ。共感したらFacebookで気軽にフォローしてくださいね

フォローしていただくと、投稿をした際ウォールに表示されるようになります。

それがウザ〜と思う方はやめてくださいね(笑)

 

ブログ等の発信が苦手な方へのご提案 

ブログ書くの、発信するのが苦手って人には自分の商品を効率良く&分析できるヘアカタシステム「スタギャラ」を使うという手もありますよ^^

[集客できるヘアカタシステム] 発信して集客&売上をあげたいサロンさん必見!

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

楽しいを仕事に♬

気軽にご相談、問い合わせしてくださいね^^

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。