2019年の美容業界に起きること。だから目指すところは「成果の〇〇」です。

1,917 views

2019年の美容業界に起きること。だからこそ目指すところは「成果の向上」です。

 

こんにちは!

アナxデジマーケッター ウスイッチこと碓井勝範です。

ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてください。

マーケティングに没頭すること約2,200日学び、自身でブログを2,700記事書き成果に結びついた事例をプログラム化したアナデジマーケティング技術を生み出しました。

1年間の研修受講人数 延べ 1,877名
研修回数 193回/年
の経験を通じて 、お客さんの解決したい悩みを自分の悩みとしてとらえ、日々その悩みが解決できる手法を開発し、お客さんにとって役立つ記事を書いています。
 
 
ここ最近、「ウスイッチってどう説明すればいいの?」という嬉しい声を頂いています。
現時点では
「 アナデジマーケティング技術の5つの力(人間力、マーケティング力、目標達成力、発信力、販売力)を体得することで、社員が自主的に仕事に取り組むようになり、達成感/充実感を感じ120%の売上に繋げる実を出す研修を提供しているマーケッター」
です。
 
まだ伝わらないかな(笑)心優しい方はぜひメッセージくださいw
最近、相談多いからな〜「経営者が相談できるマーケッター」の方がいいかもw

 

今日 2019年1月11日から2019年12月31日までの残り日数:355

発信や販促、スタッフモチベーション等の質問、相談等ありましたら、下記のソーシャルメディアからメッセージ送ってください。
logo_twitter_withbird_1000_allblue @kat1173

new-instagram-text-logo @kat_nori

ーーーーーーーーーーーーーーー

2019年は「成果への追及」から「成果の向上」へ


僕にとって2018年は大きな転機となる年でした。2014年に独立をしてから物凄く勉強しました。学ぶ理由は「どうしたらお客様の成果が上がるようになるのか?」。ロジックだったり、正論って誰でも言えます。

例えば、接客業などでブログを書かないより書いた方がいいというのは仕事をしていれば誰もが分かること。ランチェスター戦略を一度でも読んだことがある方ならなおさらじゃないでしょうか。でも、実際行動に移しているのはどうでしょう。。。1割程度じゃないでしょうか?これってDMでも、ニューズレターでも、週報でも、アナログデジタル共通して言えることではないでしょうか。

面倒臭いものはやらない

人間って面倒臭いという部類に入ったものは行動しません。
やった方がいいって分かってはいるけど、できない理由は至ってシンプルです。
① やり方を教わってない
② そもそもやる意味を知らない
③ ホットペッパーなどのポータルサイトへの依存症
④ すぐの結果が出ない
⑤ まじで面倒臭い
実は、理由とか意味とかの前に立ちはだかる最大の壁が、この「面倒臭い」なんですよね。

「発信は顧客の創造にも保持にも役に立つ手段である」

「創造と保持を形成している売上は「客数」「単価」「来店回数」の3つの要素から成り立っている」

これが正論。

でも、面倒臭い。。。からやらない。。。

でも、これからの時代(今までの時代でもとっても重要だったんですけどね)は、その面倒臭いことにいかに時間と手間をかけられるか?がビジネス勝敗の鍵を握っていると感じています。この「面倒臭い」を取り除き、前向きな姿勢で日々の仕事、仕事のモチベーション、ポジティブ思考になってもらうためにはどうしたら良いのか?を僕なりに追求してきました。そこで生まれたのが、One More Uの企業理念「成果への追求」です。現場スタッフさんの成果、それを束ねる経営者の成果、そして、ぼく自身の成果。すべての成果に貢献できれば、三方良しの図、つまりトリプルウィン経営ができると。ぼくはマーケッターでいたい、というかマーケティングと教育が大好きなんです。人財育成マーケッターです。

僕は、マーケティングとは「あなたの価値、あなたが扱うものの価値を、お客様に届ける(伝える)技術」と定義しています。

この届ける手段のひとつにブログ、ひとつにSNS、ひとつにDM等が存在しているだけです。本当に、本当に伝えるのであれば、一番最強の手段は、「口頭」です。当たり前でしょと思うよね?でもね、この口頭を見失っていた。「灯台下暗し」とはこのことを言うんだなと、このアホな頭を「こらこら、しっかりしろよ」と叩きました。

本質追求が求められる時代

今の時代Google先生と言う素晴らしい先生がいます。ですから、ぼくはこの手段追求は絶対にしません。例えば、インスタグラムマーケティングとかってぼくは言わないってこと。なぜかと言うと、インスタグラムってブームもの。ブームって去るからブームなのであって、不変的なものではありません。Facebookは世界の時価総額(業績だけではなく将来の成長に対する期待も大きい)ランキングでFacebookは2018年は7位。インスタグラムはその傘下なので、まだまだ注目はしていた方がいいと思いますが、それをメインには扱いません。手段だけを扱うと目的を忘れます。そうすると、ツールに走る、つまり”楽”に向かうんです。人は苦か楽かどちらを選ぶのか?と言ったら、ぼくも真っ先に楽を選択すると思う。本質を忘れてしまうんですよね。ツールがどんどん進化すればするほど、人の能力はどんどん退化していく。

若い子が漢字を書けないのは、まさにその象徴ではないでしょうか。

小手先のテクニックばかりを覚えて成功している人はいません。綺麗事言うじゃねーよ!食っていくためには仕方がないだろ!と言われるかもしれない。ですが、それを選んだのは、あなたです。あなたの選択です。あなたがそうしてきたから、今、そうなってるだけです。今の自分は過去の自分が作り上げてきたものです。自分の人生は自分に責任があるわけです。ぼくはこれを言われて思考を180度切り替えて、今まで作ってきた蓄積してきたものをほぼすべて捨てて、本質にフォーカスした新たな育成プログラムを開発しました。その一番のスタートが2018年に掲げた「成果への追求」です。

 

驚くべき結果が!

それでね、どうなったか?と言うと、驚くべき結果が出たんです。まずは見て頂いてもらった方が分かりやすいと思います。

3年お付き合い頂いた結果です。「け!なんだよ!3年もやってりゃー結果出るだろ?」と思われる方もいる、、、かな?
怒られるかもしれませんが、よく「今年は200万売上達成します!」って言ってて3年後も同じこと言ってる人いませんか?ぼく嫌いなんですよね、このセリフ。厳しい言い方ですが、「売上が伸びない=価値が低い」ということですから。それはぼく自身にも課してることです。

今、3年トレーニングさせて頂いている美容室が驚異的な売上を上げています。上の図を見て頂いても分かる通り、3年目で一気に加速してませんか?それだけ、人が行動を変えるのって難しいことだと思うんです。ぼくは相手を変えることはできません。仕事としての責任は果たさないといけないので、皆でやる!と言ったものに関してやらないことに関しては厳しく指導します。

年末年始にかけて社員さんからこんなメッセージを頂きました。

個人的には店販目標〇〇万に対して、〇〇円でしたので、目標を大幅に越えることが出来ました。 それに去年が実績〇〇万だったので、そう考えるとやっぱりこの一年間の勉強のお陰でこんなに伸びたのではないかと思います。
目標を達成したことはもちろんですが、勉強の成果が見えたのが一番嬉しいです。
総売りも12月が〇〇円だったので、過去最高ギネスかも!知れないです(正社員の時でもなかった気がします)
時短勤務になってもお店に貢献出来て良かったです!!これも、碓井さんのお陰だと思います。ありがとうございます。
(主婦美容師)
本当に嬉しいです。
彼女はとても頑張り屋さんです。時短勤務の主婦ですが、100万をゆうに越える美容師さんです。次回予約率も90%以上のモンスター級の主婦です。面倒臭いことに一生懸命取り組んで頂きました。大量の知識のインプット、ロープレ、、、多くの人が避ける道です(笑)でもね、それを越えない限り成果って出ないんです。彼女や選抜チームスタッフさんは、みなさん、それをやってきました。ぼく自身も自分に同じことをしてきました。大量の知識のインプット、半年間に及ぶロープレ、自分自身でやってきて変化が見えたからこそ、プログラム化したわけです。ですから、やれば成果が出るのは当たり前なんですよね。人と同じことをやっていて差がつくわけありません。ましてやツールに頼れば同じツールを使っている人と競合するだけである。自分の価値は何なのか?今から追求してみてはいかがですか?

続いて

今日で年内最後だったんですけど、5点セット20個のキャンペーン完売しました。 最後の4個が苦しかったですけど〜。笑 今月は8年で全体売上も1番良かったです! 店販は、3月まで目標立ててるので来年も頑張ります。
(美容室経営者)
売上上げることが悪いことだと思っている人いませんか?「売上=お客様からの価値」です。ですから、売上はたくさんあげた方がいいんです。売上が上がれば、社員のお給料が上がる、仕事へのモチベーションも上がる、売上が上がればご来店頂いているお客様に対して新たなサービス、設備を整えることができる、売上を上げることは、すべての人にとって嬉しいことです。売上が上がらないと、社員のお給料が減る(実際は減らさないですよ。笑)、それにより仕事のモチベーションが下がる、いつもご来店頂いているお客様に対して、新たなサービス、設備を整えることが全く出来ない、、、なんだか書いてるだけでも具合悪くなりますね(汗)

つまり「売上を上げることは正しい」ということです。笑


今年はホントにお世話になりました。 おかげさまで〇〇2018年無事に営業終了しました! 12月3店舗15人で初の〇〇万超えました! 碓井さんのお陰です。 また来年もよろしくお願い致します。 良い年越しと新年をお迎えください。
(美容室経営者)
この経営者の方とは今年2019年〜2020年のオリンピック以降の大不況対策を今から行っています。チームビルディング、社員の価値アップ、その先に社員の物心共に豊かな人生が待っていますからね。


昨年は大変お世話になりました。 今日から〇〇は営業開始になります! スタートから突っ走っていきますので、今年もよろしくお願い致します(^^) それと報告が遅くなってしまいましたが、12月次回予約のおかげでお客様に負担をかけず、阿佐ヶ谷店の目標は大幅に越えることが出来ました。
僕個人の目標数字は達成できませんでしたが、僕以外の阿佐ヶ谷スタッフは全員達成です。
今年は去年の自分にも負けず、荻窪店、吉祥寺店と連携を取りながら、下の子達全員サポートしていけるように頑張っていきます。
(経営幹部)
幹部、店長が取るべき行動のひとつとしてチーム(お店のメンバー)を勝たせるというのがあります。(ない方はスルーお願いします)売上の上がらない店長からは売上の上がらない部下が育ちます。売上の上げる店長からは売上を上げる部下が育ちます。これって当たり前の話ですよね。ですから店長のポジションってとても大切なんですよね。まずは自分が売上を上げる!そして、チームを勝たせることで自分も勝たせる。これが最高のチームビルディングだと思っています。と言うか、そうやるとお店全体、スタッフ個々の売上が上がる事実を見てきているので、間違ってないと思います。

例えば、ロープレも店長がやらずにあぐらかいてるような店長は、指揮が上がりません。寧ろ店長自ら率先して行うお店は繁盛しています。店長はお店の長(おさ)ですから。売上に対してもシビアな目を持たないといけません。顧問先では幹部・店長たちとZOOMでmtgしています。やはり部下の扱い方、部下の育成に頭を抱えている人は多いです。僕ができることは僕自身がサラリーマン時代に経験してきた部下育成+目標達成技術+選択理論心理学を交えた人財育成をさせて頂いています。特に、この選択理論心理学を学ぶことで僕の場合まず夫婦仲が非常に良くなりました。やはり家庭が良い環境でないと社員育成って難しいと思います。それはインサイドアウトと言う考え方を学び実践したからです。

人間関係を破壊するアウトサイドインという考え方


円の中心に一番大切な「家族」を置き、「社員」、美容業界で言うと「ディーラー/メーカー」一般的には業者に当たります、そして「お客様」と広がっていきます。今まで高度成長期イケイケバブリーうぇ〜〜い♪の時代は、アウトサイドインだったそうです。まず社会的地位、お客様にどう見られるか?が家族より社員よりも重要でした。結果ばかりを求めるので結果を出さない人間に「俺の言うとおりにしろ!」「何やってんだ、バカ!」「なんでできねーんだよ!このクソが」「誰が働いて金稼いでると思ってんだ!」という人間破壊行動をします。それは、ピンクの部分、一番近しい人ほどその行動をします。つまり、家族、社員、業者に対して、自分の思い通りにしようと刺激を与えます。その結果、今の団塊世代から上の人たちに多いのが熟年離婚だったり、No.2、3が辞めていく組織に多い経営者はアウトサイドインの方が多いです。ぼくもその上司から学んできた人間なので、同じように行ってきました(汗)どんなことをしてきたかというと、
・ガミガミ言ったり
・部下の話を一切受け入れずすぐ批判したり
・何につけても文句を言ったり
・脅したり
・うまく行かない部下を罰を与えたり
・何か失敗があるととことん責めたり
・褒美で釣ったり
・手や足がでたり
これがアウトサイドインの思考の人が行う行動です。刺激を与えて人を変えようとするために起きる行動です。

昔はよくいましたよね。なんでもすぐ怒鳴る経営者。特に業者にキツく当たる経営者も多かった。でもこれ仕方がない。”そのやり方” しか学んでいないから。ぼくも同じことをしていました。が、学ぶことでやり方を知ることで家族が会社が良くなりました。「無知はコスト」です。経営者ほど常に学ばないといけないと思います。

「成果の追求」から「成果の向上」へ

ぼくが目指す美容師像というのがあります。それは、美容師という手に職を持つ医者、弁護士、会計士と同じ専門職業人。売上をあげ自分の時間を自分のコントロール下に置き、自分の人生を豊かなものにするというもの。アナデジ研修を学ぶ人に多いのが、休みを多く取ること。勘違いしてはいけないのが、休みを多くとっても売上を下げることはしません。売上を下げずに休みを多く取るんです。これが自分で自分の時間をコントロール下に置くということです。そして、これは技術であるということ。ぼくは技術提供をしています。センスがある人ができるわけではなく、誰でもやればできる技術です。安倍さんの「働き方改革」は日本をダメにすると思っています。いつまでもデビューできない技術不足者がもっと出てくるのではと懸念しています。と言ったところで何かが変わる訳ではありませんので、どんどん「働き方改革」は進んでいくでしょう。だからこそ、社員に明確な目的、目標を持たせて自ら自主的に売上に対し、技術に対して取り組む人財育成がとても重要になってくると思っています。ぼくは自ら「経営者の伴走者」だと思っています。そう思った時から手段を売る行為をやめました。人間力をアップさせるための手段としてツールを活用するだけ。そのツールが人間力をアップさせることはありません。ツールに翻弄されるからいいねの数が気になるんです。ツールに翻弄されるから数を集めることに必死になり、お金を払って自動ツールとか使うんです。だったら正々堂々と広告を出してる方がまだましだと思う。

だからチャンス!なんです!アナログで次回予約を90%取れたり、専門職業人としてお客様に店販のプロフェッショナルさを与えたり、80:20の法則を意識して顧客分析をしているそういう人間力が高い人財だからSNSを使うとさらに人間力が高まるのだと最近、先ほどのようなメッセージをいただくことで実感しています。

成果の追求は一通りプログラム化ができてきました。ので、2019年はその更なる向上を目指します。今からでも遅くないです。今からでも実行すれば必ず道は拓けます!何かを高めるには「代償の先払い」と言って、能力開発が先で結果が後なんです。これは原理原則です。与えるから得れる。これは本当に学ばせてもらいました。ぼくも学んで変わりました。だから、まだこの情報を知らない経営者の方にぜひ伝えていきたいと思っています。そして、共に成長し合い、良好なチームビルディングが行えたら嬉しいです。

 

2019年の美容業界はどうなるんだろう?


2019年美容業界はどうなるんでしょうね。去年はこの10年で過去最高となる美容室の廃業、倒産のニュースが流れました。さらに買収問題。
繰り広げられる美容室の買収合戦。2025年問題に直面する前に美容室がするべきこととは?
詳しくは上のリンクから内容を把握してね。

色々オーナーさんと話をさせてもらったり、経営者同士での話をしていると、こと美容に関しては2019年は吸収が多くなるのではないかと思っています。体力がなくなったお店は資金力のある会社に吸収されるのは仕方がありません。冷たい言い方かもしれませんが、そうしてきたのも自分です。ぼくは廃業、倒産は毎年更新していくのではないかと予想しています。(ぜひ外れて欲しいのですが)そう感じる3つの要因を書き出してみたいと思います。あくまでぼくの主観ですので、「はぁ?何言ってんの?」という方は、決して読み進めないでくださいね。

人財不足

既に採用に向けて動いている会社はいいとして、「人が欲しい」と言っているだけで何もしていない経営者さんは、この問題にどう向き合っていくのか?お客様同様、その人財から”選ばれる理由”を持っていますでしょうか。美容の規制緩和が起こればこの不足の解消は多少できると思うのですが、、、日本は遅いですからね。韓国はいち早く動き出していますよね。
無資格者のシャンプーなど補助業務を認可
こういうところでどんどんグローバル化が進み、日本が遅れていっています。私利私欲に走ると動きが遅くなるのは当然です。今まで慣れ親しんだ環境を壊すのってどんな人間でも怖いですから。ですが、海外はどんどん先にやってきています。このスピード感が未来の勝敗を分けるんだろうな〜と感じています。
【今や韓国に先を越されている日本の美容制度】などのタイトルがつけられた記事もありました。全くその通りだと思います。根本から変えていかなければならない時代に突入してますね。

知識不足

これは本当に今すぐでもやるべきだと思います。ぼくが作る店販テストがあります。社員の方々にテストしてもらうのですが、殆ど答えられません。扱っている商品です。圧倒的な知識不足だったのです。
「なぜ、店販が売れない人が多いのか?」
「なぜ、店販を勧めないのか?」
「なぜ、店販を自分で使わないのか?」
あるとき、この辺りの答えが見えたんです。その答えが「知識不足」でした。

だから、この知識不足を解消するプログラムを作りました。そうしたら、、、皆さん、売るんですよね^^ 

ね!

ぼくは実践を通じて。この「知識不足」が起こす問題がとても大きいことを理解しました。「知識不足」は、次のことも引き起こします。

自尊心の欠如から起こるネガティブ思考

若手社員によく聞くことがあります。それは「自分のことが好きな人」という質問です(そんな手の上げない光景を観たら、親は泣きますよね。涙。せっかくお腹痛めて産んだ、将来幸せになって欲しいと願った子が、自分のことが好きじゃないっていうのですから)多くの若手社員は手が上がりません。自分のことが好きではない人がお客様を好きになることはできますが、肝心のところで踏み込めません。ですから、何かをした時、しようとした時に断れることに恐れを抱きます。だから、何も起こさない行動を取り、ネガティブな思考を持ちます。逆に自分のことが好きな人は、お客様のことも本当に好きです。だから、一生懸命このお客様の問題解決するには、どんな技術、どんな商品が良いのだろうか?とポジティブな思考をします。

では、自分のことを好きになるにはどうしたら良いのでしょうか。

それは小さな成功体験を積むことです。小さな「自分はやれる!」という自信を積み重ねていくことです。これが自分に自信をつける一番の方法です。

 

2019年どんなスキルを学ぶべきか?

まずは、これを観てみてください。
このYoutube観たことありますか? 


ぼくはもう何十回観てるんだろう。。。
経営の神様 松下幸之助の言葉が刺さります。
戦後30年というものは、高度成長、経済発展してきました。
復興と言いますか。
それはやはり、外国の援助だったわけです。
日本国民の自力で戦後復興したんではない
.
3年も4年も戦争して負けたと
普通であれば、昔であれば
その民族は奴隷になったり
苦しみを味わうことになって
いたでしょう
.
しかし戦争に負けたその日から
技術もあげ、
食べ物も援助し
政治も教えましょうと
.
そういう結構な負け方はないでしょう
.
そこにそもそも甘えがあったわけですな
その甘えがつもり積もって
そのツケを払う時がきたんですな
.
今、物資は豊かだけども
精神的には貧困であると
戦後30年にしてようやく
日本は精神的な敗北をしたんですな
.
こうすればいいと
ああすればいいと
聞いて参考にするのはよろしいけれど
本当に身につけるのは
自分で体験して悟るしかないですわな
.
あなたはあなたの生き方
私は私の生き方
というものが
おのずとあっていいわけですな
.
同化するっていうのは
あんま良くないですわな
自分というものをしっかり
握ってないと
自分はこうだと
しかし、こういうことも
参考に頭に入れておこうと
そうすると
なんか自分の物になるわけですな
そして、自分のものにして出すと、、、
これ戦後30年の時、今から40年前に話をしている内容です。預言者かのように、まさに今 そうなっていませんか?

常に誰かの力を頼って生きてきた。これからも何かが大きく変わるわけないという精神的な敗北にまだ気づいていない人もいます。ぼくも42歳の時に気づきました。

2019年どんなスキルを学ぶべきか?年間延べ約2,000弱の社員さんと接してきて感じたことを書いてみます。

人間力の向上

これは絶対です。これからの時代、ここがないと埋もれます。今の時代コモディティ化ばかりが起きています。個の時代と言われてますが、よりコモディティ化が進んでいると思います。人間力の向上のためにはアナログは絶対必要です。SNSの登場でデジタルに頼る人が増えています。ですが、接客業に従事しているならばアナログは絶対に必要です。デジタルでうまくいっている美容師さんがいますが、それは、あなたの1万倍ぐらいやってるからうまくいってるんです。勘違いしてはいけません。インスタのセミナーに参加して、2ヶ月でフォロワー1,000人や10,000人達成した人って何%いるのでしょうか。それが答えです。

デジタルで結果が出ている人は、比べ物にならないぐらいあなたより行動しているんです。だから人間力が高い。ただそれだけです。人間力を高めたい場合は、目の前のお客様が何を求めているのか?を真剣に考えてみてください。デジタルはそれからでも遅くありませんよ。

心構えをリセットする

この心構えとは何でしょうか?

それは、「お客様の立場になって考える」というとてもシンプルなことです。売れない人はこれができません。今日お伝えしたこと家に帰って忘れないかな、、、あ、そうだ!ブログで書いておこう。読んでくれれば分かるように写真や絵を入れておこう、と行動します。売れない人は口では言っているが、「あ〜ブログ面倒臭っ」といって何もしない人です。とてもシンプルなことなんですが、殆どの人ができないんです。

この思考になるだけで見え方が180℃変わります。もし、変わらなかったら、あなたはまだ本気でその考えになっていないということです。

職業価値の追求

美容師と弁護士、どちらの職業が地位が高いと思いますか?
ぼくは美容師と答えます。なぜなら、ぼくは美容業界にいるからです。自分がいる業界、職業を愛せなかったら、その職業から愛されませんよね。これもとても簡単です。思考を変えるだけですから。

時間コントロール技術の体得

このスキルは人生を豊かにする確実な技術です。これはサラリーマンでは中々できません。技術職だからこそできる技術です。ぼくも日々実践中ですが、この時間管理術は人生においてとても重要です。

ぼくは今年の海外旅行を去年スケジュールしています。インサイドアウトの思考で優先すべきことは何か?その最優先事項を一番最初にスケジューリングし、それ以外に仕事を入れる。それを行ってから仕事が増えました。美容師さんも休みが増えてるにも関わらず、売上が伸びてる事例がとても多いんです。先ほどのメッセージを見ていただければお分かりだと思います。

2019年は何をすべきか?


小手先のノウハウではなく、本質的な学びを時間をかけて行うべきだと思います。と、まぁぼくが言ったところで響く人は、0.002%ぐらいだと思います。でも、この思考にお付き合い頂いてるお客さんは確実に成果が出ています。ぼくはそれでいいんです。関わる人の幸せがぼくの幸せですから。そもそも万人に好かれようとも思っていませんしね。所詮全員というのは無理な話ですから。

本田宗一郎
「いっぺん達成した夢でも
  また逃げていく
    いつでも夢を追い続けるんだ」

この言葉好きです。一番何をすべき?と聞かれたら、これかもしれないです。

「夢」を持つこと

明確な目的、目標を持ち、強い願望に向かって突き進むことじゃないでしょうか。それが結果的に成果の向上に向かうと思っています。

 

色々書きましたが、ぼく自身もまだまだ未熟者です。ですから、一緒に成長していけたら嬉しいですね^^

 

何か一つでも参考になったらぜひコメントいただけたら嬉しいです。

 

ウスイッチ

んじゃ!

 

【 ウスイッチが選ばれる理由 】
これから少しずつアップしていきたいと思います^^

美容室BLESS 武田敦オーナー


<インタビューの要素>
知人の繋がり
でも実際はそんなに知らない(笑)
美容室対象に行ってる方
色んな人の発信を見た中でピンとくることがあった
リアリティが感じられた
自分のお店に合ってると思った
営業的なことがなくて、自分はこういうことをやっていると自信を持って話していたから
遅れの法則で成果が遅れてやってくることを信じて依頼を頂けている
武田オーナーありがとうございました!

今後も動画を少しづつですがアップしていこうと思います^^

アナデジの開発コンセプト&選ばれる理由少しご理解いただけましたでしょうか?

ご相談、ご依頼、お問い合わせは下記からよろしくお願い致します!

 

【人間力と売上が上がるアナデジ研修概要はこちら
アナデジ補習改めプロフェッショナル研修

ぜひ読んで欲しい記事

>———————————<

1)結構やってる人が多いので、これは注意してね!

2)なんでもかんでも費用対効果って言ってる人、大丈夫ですか?

3)デビューした美容師さんは、その後、どうやってお客さんを増やしていくのか?

4)美容院のブログに載るお客さんってどんなお客さんなの?

5)今なら^^初めてご来店されるお客様に限り。。。

6)美容室数と人口の推移を比較したことありますか?

7)あなたはホットペッパービューティーより忘れられない努力をしていますか?

8)なぜあなたの売上が上がらないのか?あなたがお客様から支持されない理由。

9)ブログ等を発信しているのに反応や結果がでない人へ

10)あなたが送るDMで一番やってはいけない3つのこと。来たら嬉しいDMってどんなDMだろう?

>———————————<

初めての方へ。共感したらFacebookで気軽にフォローしてくださいね

フォローしていただくと、投稿をした際ウォールに表示されるようになります。

それがウザ〜と思う方はやめてくださいね(笑)

 

ブログ等の発信が苦手な方へのご提案 

ブログ書くの、発信するのが苦手って人には自分の商品を効率良く&分析できるヘアカタシステム「スタギャラ」を使うという手もありますよ^^

[集客できるヘアカタシステム] 発信して集客&売上をあげたいサロンさん必見!

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

楽しいを仕事に♬

気軽にご相談、問い合わせしてくださいね^^

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。