滞在時間は消費金額に比例する

300 views

滞在時間は消費金額に比例する
おはようございます!
美容室専門
スタッフ成長促進アドバイザー&POPアドバイザー
ウスイッチこと碓井です。
今日も肌寒いですね。
でもまた明後日からは30℃超えるようです。
体調管理しっかりしていきましょう!
マーケティングを学んでいる方であれば、これは知ってますよね?
滞在時間は消費金額に比例する
実体験したお話を。
ちょっと前に行った本屋のリブロ青山店。
(外苑前駅出て信号渡ったところ)
その日はオーディオシステムのプロモーションらしくオーディオセットを入口に置いてあったんです。
それを使って店内にクラシックが流れていたんですねニコニコ
イメージね
それはとても心地よい音楽で、本を読んだり選ぶにはとてもマッチしたゆったりとした音楽でした。
僕はセッカチなので普通であれば目的の本が見つかったらすぐ購入して帰るのですが、その日はなぜか色々本を読んで選んでいたんです♬
結構な時間を本屋で過ごし、気が付いたら3冊も買っていたんです!
僕は基本1来店1冊購入と決めているんです!
どーでもいいよ、それ( ̄ー ̄)
伝えたいコトは、音楽がその場の雰囲気・空間作り、居心地の良さを演出しているのかなって、自然に滞在時間が延びる。
そして、購買につながっていく。
なんとなく実感しちゃいましたね。
ただ本を買いに行くこと+αの"体験"がそこにあることで滞在時間が延びる、そして本が売れる、つまり売上が上がるのかなって思いました。
ターゲットは、もう分かりますよね?
でも、ホームページにこのことが記載してなかった(; ̄O ̄)
勿体無い!!!
また、やって欲しいな~♬
楽しいを仕事に♬
最後まで読んでいただき、ありがとうございますm(__)m

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。