美容室のスタッフさんは、青島刑事?

181 views

こんにちは!
美容室専門
集客・販促で売上アップアドバイザー&POPアドバイザー
集客相談所のウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。

自己紹介はこちら ⇨⇨

 

とある本を読んでいた時に思ったことです。
色々本を読んでいるのですが、何冊か共通しているところがあったんです。
「オープン・リーダシップ」という言葉
ピックアップしたのは、「ソーシャルシフト」 斉藤 徹さんです。
内容が面白く僕なりに少し余計なモノを追加してみました(怒られちゃうな、これ 笑)
例にあがっていたのは、「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の青島刑事。
2003年7月公開映画。もうそんな前になるんですね。。。
この作品、僕が大好きないかりや長介の遺作でもありますね。
「な~~んてな」って。素晴らしい俳優さんですね。

 
この犯人たちにはボスがいない。自分たちがそれぞれ自分の考えて行動しているため警察が翻弄される。
今の日本の警察の姿を見ている映画でした。マニュアル化した社会では解決できないモノ。
それに立ち向かう青島刑事。すみれさんが撃たれたあと、室井さんが指揮することに。指揮後、室井さんが言った言葉
「あとはおまえの判断に任せる」
的な(確か)セリフが印象的でした。
そして、自分の信念で行動した青島刑事、そして最後のシーンで逮捕前に犯人との会話の中で言った台詞。
「リーダーが優秀なら、組織だって悪くない」
これについて、自らの信念を曲げることのない典型的な現場のHERO像、それを支え現場を信頼し自立的判断を尊重するオープン・リーダー室井警視正。互いに深い信頼の「絆」で結ばれているこの形は企業、会社という組織が見習うべきコトだと思いますね。と書かれていました。
$サロンとスタイリストのファンを作ろう! 大作戦!
う~ん、なるほど!
現場のスタッフさんが成長するのは、様々ありますがこういうことなのではないのかなって思いました。
話は戻って、そのオープン・リーダーのゴールデンルールというのがあり、そこにはこう書かれていました。
①顧客や社員の持つパワーを尊重する
②絶えず情報を共有して信頼関係を築く
③好奇心を持ち、謙虚になる
④オープンであることに責任を持たせる
⑤失敗を許す
の5項目がオープン・リーダーにおけるゴールデンルールだそうです。
これ今のスタギャラを使って頂いている美容師さんに置き換えてみると
「①顧客や社員の持つパワーを尊重する」がすごく響きました。
社員の持つパワー >>> 美容師さんの持つパワー → その美容師さんの「個性」と「ヘアスタイル」
っと言っているそばから、その美容師さんの「個性」と「ヘアスタイル」が持つパワーが結果として出ているんです!
毎月のスタギャラレポートででた結果ですが、目的を持って頑張ったスタッフさんがスタッフランキングなんと1位になったんです!
これ、どういう意味か分かりますか?

 

社長やマネージャーが社員のパワーを引き上げたんだと思います。同時に本人のモチベーションがものすごく上がったことが証明された訳です!!!この結果、僕自身もビックリです!!
スタッフ成長促進アドバイザーとして、またひとつ結果が結びついたんだと自分で勝手に思っています(勝手にね 笑)
このお客さまから「選ばれた」スタイリストさん、僕がレクチャー会に行かせていただいたその日にfacebookで申請頂いたスタッフさんです。
その他のスタッフさんも申請頂きました。そのスタッフさんたちがお客さまから「選ばれて」いたんです!
嬉しいです!!!本当に!!!
スタッフさんのモチベーションってお金で買えないですよね?
例えば、僕の部下に20万払って、提案しろ!とか死ぬほど頑張れ!と言ったとしても1週間ぐらいは「やりますオーラ全開」ですが、せいぜい2~3週間で忘れてしまうと思います。
提案って誰かに言われてやるもんじゃないと何回も言っていることですが、本当にその通りだと思いませんか?これを教えていただいたガナーズ 勝村さんには「気づき」を色々いただいて、本当に感謝していますm(__)m

 
僕という触媒をかえしてオーナーやマネージャー(店長)と現場のスタッフさんのもともとある信頼関係や「絆」がそうさせたんだと僕は思います。
僕はスタギャラを使って、「きっかけ」作りができればいいんです!
スタッフさんがやる気出るんだったら、その方がお店にとってすんごくメリット大きいですから(^-^)v
今までホームページでスタッフのモチベーションを上げようと思ったことのあるサロンさんって少ないと思います。
僕が考えることは、折角ホームページ持つのならば、現場のスタッフさんがワイワイ♬楽しめるモノの方がいいと思っているだけです。発信することがいかに大切か?は僕もブログなどを通じて自分自分で分かりました。だからこれを現場のスタッフさんに落としていきたいと思っています!
だって、スタッフさん皆「売れるスタイリスト」になりたい・・・・はずですから!
サロンオーナー(店長):室井さん
現場スタッフ:青島刑事

そんな図が描けるんじゃないでしょうか。

 
な~んてな。

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。