ヘアスタイルを選ぶ側の視点

225 views

ヘアスタイルを選ぶ側の視点

 

こんにちは♪
美容室専門
スタッフ成長促進アドバイザー&POPアドバイザー
ウスイッチこと碓井勝範です。

 

先日美容業界に関係ない人から聞いたお話。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ウスイッチ:「美容室って何を基準に決めて行ってんの?」

その人:「ホームページ見て美容師さんを見て気になった人がいたら、その人が作ったヘアスタイルを見るかな」

ウスイッチ:「掲載している数って重要?」

その人:「ヘアスタイルがたくさんあると、それがうまくてもへたでも見る。色々あるから自分に合うかどうか?の判断材料になる。」

ウスイッチ:「へぇ~そーなんだ」

その人:「スタイルの数がない人は選ばない。逆にキレイなスタイルだけ載せてても数が少なかったら選ばないかも。自分に合うかどうか?が重要だから」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕らは、B to B to C の C を見ていかないといけないな~と感じました。

” 声 ” ってとても大切ですね!

スタギャラを作るときもそうでしたが、いかに C に喜んでもらえるか?
そんな想いがありました。
素敵な勉強熱心な美容師さんが作る素敵なヘアスタイル。
表現者でもある美容師さん。
だから、写真を通じて伝えるお手伝いができたら嬉しいですね。

 

 

 

楽しいを仕事に♬

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。