今の時代、様々な予約ツールもたくさんある中で、街で声をかけられて美容室行くの?

248 views

主観視せず客観視することが重要だと思った

 

今日の言いたいことは、自分の視点なんてめっちゃ狭いから客観視した方がいいと思うよ。です。

 

こんばんは!

アナxデジマーケッター ウスイッチこと碓井勝範です。

ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてください。

マーケティングに没頭すること約2,200日学び、自身でブログを2,700記事書き成果に結びついた事例をプログラム化したアナデジマーケティング技術を生み出しました。

1年間の研修受講人数 延べ 1,877名
研修回数 193回/年
の経験を通じて 、お客さんの解決したい悩みを自分の悩みとしてとらえ、日々その悩みが解決できる手法を開発し、お客さんにとって役立つ記事を書いています。

今日 2018年6月30日から2018年12月31日までの残り日数:185

発信や販促、スタッフモチベーション等の質問、相談等ありましたら、下記のソーシャルメディアからメッセージ送ってください。
logo_twitter_withbird_1000_allblue @kat1173

new-instagram-text-logo @kat_nori

ーーーーーーーーーーーーーーー
どれだけ人を綺麗に したいと思っているか? その姿勢が支持される 人間力につながる!

街で声をかけられて美容室行くの?

この質問をされて「行かない」と選択したら、行かないでしょう(笑)でもね、これめっちゃ自分視点なんですよね。「自分の思考=皆の思考」ではない。この数年でモデハン等のやり方も大きく変わりました。昭和世代のおじさんたちは、モデハンと言ったら街に出てハントする。これ時間を無駄にしていると思いますかどうですか?経営者の費用対効果で考えれば無駄になるかもしれません。実はこれこそが僕は「未来投資費」だなと思う。実はこのアナログで時間効率の悪そうなリアルモデハンが実は未来の力をつけられるトレーニングだということをご存知でしたか?

 

便利=能力の退化を意味する。モデハンは未来投資費である!

今は、、、代表的なものはminimoやカトモやrequpo、HAIR PIC、hairmo、カッツ、モデハン、カッタロカetc….キリがないですね。。。でね、これだけ様々なアプリ提供があれば「お〜〜モデル集めなんて楽勝楽勝っす」となるかもしれないですね。でも、モデルの状態からリピートさせているサロンってどのくらいあるんだろう???関係性を築き未来の顧客作りをしているサロンはどのくらいあるのか?少々疑問を持ちます。時代の変化で楽するものが増えました。そのおかげで人間としての機能低下が多く見られます。例えで友人の話を。彼は元々アナログな車を乗っていた。その頃の彼は駐車も普通に一発でできていた。それがアラウンドビューモニターの車に乗った途端、めちゃくちゃバックが下手くそになった。アラウンドビューモニターに翻弄されて自分の力を出せなくなった。。。ね、楽が先にくると結局、失客しているアシスタントが増殖していると思う。

便利=能力の退化と書きました。つまり、ある意味での「不便=能力開発」に繋がるわけです。だから、未来投資費なんです。現に、これを知っているアシスタントさんは、自分の伝えるスキルが養われるので時間があったらモデハンに行きますと言う。アプリで楽に集めてるあなたは、美容師の本質に生きてますか?モデハンに毎回行くアシスタントさんは日々人間力がつきます。その証拠に15,000円のセット売りをアシスタントさんが月3セット売ります。それが無駄な行為と思うことの逆をしただけです。15,000円のセット売りを売るアシスタントさんがデビューしたら経営者にとってどれほど良い人財でしょう。

次回予約も店販も当たり前と言う前提で行うわけです。これはデジタル上だけでは絶対にできません。今まで色々見てきました。デジタルだけでどうにかしようとしている人は、短命です。アナログを重視しその伝える範囲を広げてくれるのがSNSと言う認識の人は長生き君です。

 

少なからずとも、僕のマーケティング研究では、ほとんどモデルリストを持っていない。一度きりのモデルが大半。その後のアフターフォローもしていない。。。とても失礼なことを言いますが、この行動をしている人は、プロかアマかどちらかでいうと「アマチュア」に入ります。今、プロフェッショナルなアシスタントは何をしているか?プロフェッショナルなアシスタントが行っていることを、下記の要点でまとめてみました。(あくまでマーケティング視点からでのぼくのプログラムです。他にもたくさんあればそれは美容の未来に繋がる手法ですので、一つの案として読み進めて頂ければと思います)

①駅前でモデハンを時間を区切って行う

②モデルリストを300以上作る

③モデルリストを確認し、誰がリピしていないかを把握(継続的な関係性構築アナログツール活用)

④自分のレベル向上に伴い常に提案をし、伝えるスキルをトレーニングする(次回予約の徹底)

⑤お客様に対する心構え、姿勢を整える

 

どうですか?①〜⑤を行ってるアシスタントさんいますか?いたらぜひお会いしたい!です。

 

①駅前でモデハンを時間を区切って行う

モデハンって僕はものすごいスキルだと思っている。だってまったく聞く気もない状態から話を聞き、さらにはサロンに来てもらうという本気で取り組まないとできないスキルだと思うから。ぼくも20代バイトでなんちゃってバーテンしてた時お客さんが来なかったらキャッチしてました。「本気で来てくだい!お願いします!」と伝えないとまったくお店のカードをもらってくれなかったことを思い出します。これはデジタルの文字で伝えるスキルではなく、本当の気持ちを入れた伝えるスキルが身につきます。そして、さらにここに目標設定技術を取り入れます。2時間で◯人の方に来てもらうんだ!と目標設定して行います。こうすることで真剣ながらもゲーム的要素も入ってくるので、楽しめる。ただ、できてもできなくてもしっかりとフィードバック(振り返り)を自身で行うことで、さらにスキルが磨かれていきます。

一番いけないのは目標立てずにダラダラやることですね。

 

②モデルリストを300以上作る

これはサロンの教育カリキュラムによって全然異なるので一概に言えませんが、ぼくはモデルリストはデビューしてから必要だと思う派の一人です。

なぜ?

モデルリストってモデハンやらデジタル媒体を駆使して自分の力で集めたリストです。物凄い価値があるものです。ということは、ビジネスのベース「顧客の創造と保持」の創造部分、つまり自力集客力が形となって理解できるものだからです。ですから、このリストを作ってない方は本当に勿体ない。。。リストを作る意味をしっかり理解していないとリストを大事だと思わないですものね。

 

③モデルリストを確認し、誰がリピートしていないかを把握(継続的な関係性構築アナログツール活用)

このリストを日々つけることで、アシスタントのうちからデビューした先を見据えてトレーニングしています。モデルリストを見て誰がリピートしていないのか?をアナログでしっかり管理する。これ面倒だからPOSを使うという方いるんですが、アシスタントのうちに「楽」を先に入れ込むと、常に「楽」を求めます。ぼくは、アシスタントのトレーニングの一貫としてアナログでやって頂いています。そうすることで、デジタル版になった時にすぐ活用できる人間になるからです。スタイリストになってもPOSデータ見てない方以外に多いですからね〜。

なんで紙ベースでやるのか?

それは、これだけの人に自分は支えられているという感謝を感じるためです。デジタルでそれを感じるのは、難しいかなと現場を見て思います。そう感じたら日々の接客も身が入るのではないでしょうか。

 

④自分のレベル向上に伴い常に提案をし、伝えるスキルをトレーニングする(次回予約の徹底)

これやってるところかなり少ないと思います。ぼくはアシスタントの時から次回予約を取って頂いています。

なぜ?

「美容師の本質」に沿った行動が今後の若手に必要だと思うからです。取れるまでに時間がかかります。断られたりもします。いいんです!スタイリストになってからこれやらない人多いからチャンスなんです。断られる恐怖を抱えた美容師さんとっても多いです。恐れに支配されてる美容師さんめっちゃ多いです。だから、アシスタントのうちにトレーニングをします。約半年のトレーニングで先月の次回予約率が80%のアシスタントもいます。これが自信形成になります。アシスタントのうちにしっかりとした自信をつけさせ、デビュー後の本現場でその力を発揮し、売上をしっかりあげる人財を育てる。1年経っても20〜30万の売上じゃ会社に何も貢献できていません。ですが、それも教育の一貫だと思っています。次回予約は「顧客の創造と保持」の保持部分。だからこれは絶対に外せないスキルなんですよね。

⑤お客様に対する心構え、姿勢を整える

姿勢。「お客様の立場になって考える」ことですね。本気でこれに取り組むと「恐れ」から解放されます。多くの美容師さんは優しい方が多い。でもね、お仕事でやっているので優しいだけではダメなんですよね。しっかりと会社が繁栄することをしないと。だって、しっかりとあなたが提供した技術価値の対価がお金で、そのお金がたくさんあるから会社が繁栄できる。繁栄できるからまたお客様によりよい環境だったり、薬剤、技術をご提供できるわけです。売上はお客様からの価値です。優しくて売上が高ければいいと思いますが、優しくて売上が低いのは、結果から見るとお客様からの価値が低い人となります。この姿勢を持ち、しっかりと提供した技術の正当な対価をいただく、すごく大事なことだと思います。

 

いやいやアシスタントはまずは技術だけやってればいいと思うか、そうだよな〜アシスタントのうちに戦士にした方が会社にとってもその子の未来にとっても良いよな〜と思うか、どちらも間違っていません。

ただ、どちらの選択があなたの将来、アシスタントの子の将来にとって良いのか?を冷静に判断してみてくださいね!

 

 

ウスイッチ

んじゃ!

【人間力と売上が上がるアナデジ研修概要はこちら
アナデジ補習改めプロフェッショナル研修

ぜひ読んで欲しい記事

>———————————<

1)結構やってる人が多いので、これは注意してね!

2)なんでもかんでも費用対効果って言ってる人、大丈夫ですか?

3)デビューした美容師さんは、その後、どうやってお客さんを増やしていくのか?

4)美容院のブログに載るお客さんってどんなお客さんなの?

5)今なら^^初めてご来店されるお客様に限り。。。

6)美容室数と人口の推移を比較したことありますか?

7)あなたはホットペッパービューティーより忘れられない努力をしていますか?

8)なぜあなたの売上が上がらないのか?あなたがお客様から支持されない理由。

9)ブログ等を発信しているのに反応や結果がでない人へ

10)あなたが送るDMで一番やってはいけない3つのこと。来たら嬉しいDMってどんなDMだろう?

>———————————<

初めての方へ。共感したらFacebookで気軽にフォローしてくださいね

フォローしていただくと、投稿をした際ウォールに表示されるようになります。

それがウザ〜と思う方はやめてくださいね(笑)

 

ブログ等の発信が苦手な方へのご提案 

ブログ書くの、発信するのが苦手って人には自分の商品を効率良く&分析できるヘアカタシステム「スタギャラ」を使うという手もありますよ^^

[集客できるヘアカタシステム] 発信して集客&売上をあげたいサロンさん必見!

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

楽しいを仕事に♬


気軽にご相談、問い合わせしてくださいね^^

ウスイッチGoogle+

2018-06-30 | Posted in ブログComments Closed 

関連記事