選ぶのはGoogleだけど、見るのは人間なんだよね。それを理解しているかしていないかで行動が変わる。

344 views

選ぶのはGoogleだけど、見るのは人間なんだよね。

 

 

こんにちは!

アナxデジマーケッター ウスイッチこと碓井勝範です。

ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてください。

マーケティングに没頭すること約2,200日学び、自身でブログを2,700記事書き成果に結びついた事例をプログラム化したアナデジマーケティング技術を生み出しました。

1年間の研修受講人数 延べ 1,877名
研修回数 193回/年
の経験を通じて 、お客さんの解決したい悩みを自分の悩みとしてとらえ、日々その悩みが解決できる手法を開発し、お客さんにとって役立つ記事を書いています。

今日 2018年6月23日から2018年12月31日までの残り日数:192

発信や販促、スタッフモチベーション等の質問、相談等ありましたら、下記のソーシャルメディアからメッセージ送ってください。
logo_twitter_withbird_1000_allblue @kat1173

new-instagram-text-logo @kat_nori

ーーーーーーーーーーーーーーー

選ぶのはGoogleだけど、見るのは人間。それを理解しているかしていないかで行動が変わってくる

ある程度のググって調べられる範囲のSEO対策って誰にでもできる。ブログを書く目的によってだが、こと「集客」という目的があるならば、SEO対策はマストですよね。SEO対策ってすげーく簡単に言うと、「Googleさんに選ばれる方法その①」と言える。実際に調べてみるといい。「ブログ SEO対策」って。 スクリーンショット 2018-06-22 21.15.04
なんと!約 18,800,000 件 (0.39 秒) とでる。

もちろん、これらを行えば検索上位に表れるでしょう。押さえておきたいポイントでは、数年前は3大エリアと言われる
・タイトル
・meta Description
・1行目
と言うポイントを最低限抑える必要があった。今は、さらに強化する項目が増えていますよね。 で、ここを好む人は非常に多い。確かに重要ポイントです。見つけてもらわないことには、あなたの存在が知られませんから。ぼくが言いたいことは何かというと、物事は常に両天秤なんだということ。「機械から選ばれるのはGoogleだけど、その記事を読んで選ぶのは人間である」ということです。その認識だけで小手先に走らなくなる。小手先のテクニックって麻薬のようなもの。「これさえやれば結果がみるみるうちに出てくる」とか「ブログで集客する7つの方法」とかやっぱり「お!マジか!ちょっと見てみよう」と少なからずとも思ったことないですか?

 

ぼくもあったよーーーー笑

 

でもね、7年書いてきて分かったことがある。それは、小手先のテクニックだけでは永続的な結果は出ないということ。これはぼくだからかもしれないけどね。小手先のテクニックが成果出てたら、ぼくは儲かっちゃって今ごろブログをしてないと思う(笑)

そして、これからGoogleはもっともっと人間寄りの機能を身につけてくる。そうすると、この「機械から選ばれるのはGoogleだけど、その記事を読んで選ぶのは人間である」ということが大事になってくるのではないかと思う。そうすることで、小手先に走らずに済む。毎月Googleのニュースが届くので読んでいますが、本質追求、原理原則はGoogleも同じです。

それはこのGoogleの変化を見れば分かりますよね。これはブログを書く上で最低限必要な知識です。これを知らずしてブログを書くのは集客したいのであれば知らないと、、、です。
Googleパンダアップデートにご注意!結構やってる人が多いので、これは注意してね!
お客さんが本当に自分にあったお店を真剣に探すようになった

ね、時代が変化しているって分かりますよね。今まで成果がでていたことも時代の変化で一瞬にしてマイナスになってしまうことが起こっています。これを見ていると思うことは、最終的に「人を選ぶのは人」だということが分かる。だから、小手先に飛びつくのではなく、本当に何をすべきか?を考えることが必要です。

 

 

期待値の低下が完全失客を招くという事実!

5dde040ad82d27cb5ce5c17fa4d7f259_s
一番ぼくが気にしているのは、発信する先、最後はそこに人がいるということ。小手先のテクニックが欲しくて記事の内容を蔑ろにする人は、機械のGoogleが選ぶ、そして記事内容の人が選ぶという天秤にかけた時

「Google > 記事内容 = 読み手の不信(期待値の低下)」

という公式になる、逆に選ぶ天秤がGoogleと記事内容がイコールだと

「Google x 記事内容 = 絶大なる信頼∞(期待値を上回る) 」

に生まれ変わる。

これ前者は、ぼくなら二度と見に行かなくなるな。だって、タイトルで引っ掛けようとしただけで中身薄っ!って記事だもん。そんな小手先で、しかも、読み手を「引っ掛ける」という言葉みえみえのタイトルだけで中身がなかったら、、、そりゃ〜誰だってもう見に行こうと思わんでしょ?Facebookでも見かけるけど、「あ〜またやってる♪」としか思わないもん。これBtoBの職業ならなおさらじゃないかな、お店の信用、信頼を失うことにもなる。つまり、「完全失客」というやつです。発信が「共感見込客を集める」のではなく、「失客人数を増やす」行為になってるわけ。超〜〜勿体無い。どちらが良い悪いないんだけど、正しい選択はどちらと聞かれたら、あなたはどちらを選択しますか?ぼくは小手先のテクニックより「共感見込客を集める」ことに集中したい。

 

 

時代の変化はもっともっと加速していく

f8cfeaf3320d3892652b5f3f3b45c95d_s
この5年でも時代は大きく変わったと実感しています。でも5年前から変わってない不変なものもあります。それは、「読み手は人間である。そして、最終的に人を選ぶのも人」だということ。これだけは変わらないんです。どれだけA.Iが進化しても、どれだけシステムが進化しても、ここだけは変わらない。システムだけでなんとかしようと思うから失敗する。システムは人の利便性改善でしかないと思っています。本当の感情までは入れない。IBMの人口知能ワトソンとかはそれ以上になってるかもしれませんが、接客業や仕事をしている人間が、それをもコントロールされたら、、、、、あなた要らないって思う。自分自身で客観的に考えて、ぼくの思考ではなくA.Iの思考でお客様が納得して行動するんなら、マジでぼくは、、、、不要す。悲しいけど。だから、日々知識のインプット、行動変容のためのスキルアップをしているわけ。

 

なぜ?

 

ぼくがお伝えさせて頂いているのは、人間だから。それ以上でもそれ以下でもない。ぼくを支えてくれてるのも、「人」。そして、応援してくれてるのも「人」です。ぼくは「人」によって支えられて生きています。40歳すぎてからさらに強く感じています。だから、常に伝えるスキルを磨いています。

 

ぼくは今後、ぼくの思考をご自身の業種に役立てたいと思っている人に(いればね。いや、きっといる。笑)、教えていきたいんです。そして、自分の時間と仕事を自分のコントロール下に置き、家族との時間、彼氏彼女との時間、満たされる時間を取り、仕事に対しても充実した物心共に豊かな人生を送れる人をたくさん作りたい。今、学ぶ選択理論心理学でいじめや差別、ストレスを軽減できる人生を歩める価値ある若者を育てたいと思っています。だからね〜若い子を見ると可能性が無限大にあると思うので、話をしていて楽しいんですよね〜。成果を上げ自信がつき職業に誇りを持つ。ぼくはずっ〜〜とサラリーマンだと思っていたし、若い頃から職を転々としてきたけど、遠回りしたけど、すげ〜遠回りしたけど、今の自分の仕事に誇りを持てるようになった。

 

つまり、人生はいつからでもやり直せるってこと。だから若い子にはもっと早いうちに自分の価値に気づいてもらい人生を充実したものにして欲しいと思っています。

 

A.Iに依存すると右へならへ!のステレオタイプの日本人はもっと鬱や引きこもりが出ると思う。日本人の若者の死亡の原因No.1は自殺です。これって僕らおっさんの責任だと感じてるんです。ホントに。若者はあんな腐ったおっさんになるぐらいなら死んだ方がマシって思ってるかもしれない。将来の設計ができずに期待を持てずに死ぬ方を選択をする。大人たちが小手先ばかり、つまり目先の利益追求をした結果、外的コントロールと言われる人間破壊をしてきた結果だと思う(ぼくも激務の当時の上司を見ても、あ〜なりたくない!って強く心に思ってたしね。笑。金!女!高級車!ブランドスーツ!寧ろ、格好悪いから周りで飾らねーと何もできねんだろ!って思ってた。)。きっとね「綺麗事抜かしてんじゃねーぞ、ボケ!」って言われる。笑。でもね、今、自分が思っていることをぼくは大事にしたい。ぼくは自分が好きです。

 

あなたは自分のことが好きですか?

 

と言ってても来年は、「利益だろ!あったりめーだろ!」と言ってるかもしれない(笑)それは誰にも分からない。その時の思いや感情を知ってもらうのがこのブログの良い点だとも思っているから。時代の変化に変化すべきものと不変であるべきものとが共存する。その使い方を間違っちゃいけないなと思う。

 

今、お客さんにもお伝えし、自分自身でも言い続けていることがある。

「結局、あなたは何がしたいのか?」って。

「あなたはどうなりたいのか?」って。

「お客様にどうしたいのか?」って。

 

何が言いたかったかというと、結局最後は「人」でしょってことです。これがA.Iと比較されない、あなたの最大の価値なんじゃないかと思う。そのためにGoogleに好かれ、人からも好かれる両面のスキルを磨く必要があるということですね。

 

って、今日の記事、なんだこりゃ。笑

 

ウスイッチ

んじゃ!

【人間力と売上が上がるアナデジ研修概要はこちら
アナデジ補習改めプロフェッショナル研修

ぜひ読んで欲しい記事

>———————————<

1)結構やってる人が多いので、これは注意してね!

2)なんでもかんでも費用対効果って言ってる人、大丈夫ですか?

3)デビューした美容師さんは、その後、どうやってお客さんを増やしていくのか?

4)美容院のブログに載るお客さんってどんなお客さんなの?

5)今なら^^初めてご来店されるお客様に限り。。。

6)美容室数と人口の推移を比較したことありますか?

7)あなたはホットペッパービューティーより忘れられない努力をしていますか?

8)なぜあなたの売上が上がらないのか?あなたがお客様から支持されない理由。

9)ブログ等を発信しているのに反応や結果がでない人へ

10)あなたが送るDMで一番やってはいけない3つのこと。来たら嬉しいDMってどんなDMだろう?

>———————————<

初めての方へ。共感したらFacebookで気軽にフォローしてくださいね

フォローしていただくと、投稿をした際ウォールに表示されるようになります。

それがウザ〜と思う方はやめてくださいね(笑)

 

ブログ等の発信が苦手な方へのご提案 

ブログ書くの、発信するのが苦手って人には自分の商品を効率良く&分析できるヘアカタシステム「スタギャラ」を使うという手もありますよ^^

[集客できるヘアカタシステム] 発信して集客&売上をあげたいサロンさん必見!

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

楽しいを仕事に♬


気軽にご相談、問い合わせしてくださいね^^

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。