お客様を教育していくことで生まれる美容師さんの価値とは?

1,168 views

お客様を教育していくことで生まれる価値

 

お客様を教育?なんだか偉そうだな、おい!と言われそうですね。

今日はシンプルに2点にまとめて書こうと思います。

 

こんにちは!今日の鹿児島は雨模様。一旦暑さを落ち着かせるという意味でもこの雨は良き雨と思えますね。

アナxデジマーケッター ウスイッチこと碓井勝範です。

ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてください。

マーケティングに没頭すること約2,200日学び、自身でブログを2,700記事書き成果に結びついた事例をプログラム化したアナデジマーケティング技術を生み出しました。

1年間の研修受講人数 延べ 1,877名
研修回数 193回/年
の経験を通じて 、お客さんの解決したい悩みを自分の悩みとしてとらえ、日々その悩みが解決できる手法を開発し、お客さんにとって役立つ記事を書いています。

今日 2018年5月23日から2018年12月31日までの残り日数:223

発信や販促、スタッフモチベーション等の質問、相談等ありましたら、下記のソーシャルメディアからメッセージ送ってください。
logo_twitter_withbird_1000_allblue @kat1173

new-instagram-text-logo @kat_nori

ーーーーーーーーーーーーーーー

お客様を教育していくことで生まれる職業の価値

ーーーーーーーーーーーーーーー

美容師さんはお客様の美の教育者だと思う

e5bc172073b34282719a7d3ee332ae7a_s
ここ最近、ぼくは「美容師さんってお客様の美の教育者」だと思っている。お客さんって基本髪の知識に関してはど素人ですよね?マニアは人はいると思いますが、大抵はね。先日も次回予約への取り組みサロンさんでこんな話が出ました。「近くの店舗は次回予約で50%オフしてました」って。教育者となってお客様の美をお守りするには、時間がかかります。なぜ?お客様はその行為自体が習慣になっていないので、少々苦痛を感じるのでその苦痛から逃げようと「あ、シフトで分からないんで」とか「気分で来たい」という意見を発します。ですが、徐々に価値がわかりだしてくると、髪のプロである美容師さんの言う通りにご来店いただけるようになる。ここの差、分かりますか?ただ次のこと、つまり目先のことを考えて自分の価値を下げてまで行うと確実に失客に繋がります。しっかり知識を入れトレーニングする方が確実に自分の価値をあげることができます。

ですからぼくはそのアシスタントの子に「放っておけばいいです」と伝えました。まぁ次回予約で50%オフならたくさん来るかもしれません。でも全くもって本質ではありません。この場合、次回予約の大切さを伝えるより50%オフの方がお客様も伝える美容師側も認識しますよね。やらなければならないのが、「なぜ次回予約を取るのか?」の意味を伝えて、それを理解されたお客様が来られる方がこの先、生涯顧客として関係性をしっかりと築けると思います。

あなたは目先の結果、客数、利益欲しさに50%オフされますか?

それとも、時間をかけて価値を伝え、施術の正当な対価をずっといただきますか?

 

美容師さんがお客様の美の教育をすることの価値とは?

57cda04947361a907d7b6879a71498a3_s
美容師さんがお客様の美の教育をすることの価値ってた〜くさんあります。

僕が考える価値を3つにまとめてみると、

  1. 美容師さんの個の価値、つまり売上が上がる
  2. 会える時間と会えない時間を埋めてくれるアナデジサイクルが回り出すので単価が劇的に上がる
  3. 生涯お付き合いできる関係性を築ける

となります。

価値って作ろうと思って意識して取り組まないと価値ってつかないんですよね。当たり前のことが当たり前にできない、それが人間だったりと思ったり、逆にそれをできる人間が物心共に豊かな人生を手に入れてるのだと思うと、自分が取るべき選択って決まってきますよね。

 

美容師さんの個の価値、つまり売上が上がる

まずは売上の公式から自分がどこのポイントを強めたいのか?そのために一ヶ月どんな行動をするのか?を明確にし、そこに自分の願望も明確にする。そうして日々行動管理を行うと早い人で半年ぐらいで売上に変化があります。この売上の変化って、お客様からの信頼度の変化でもあると思います。例えば次回予約をしっかりお客様にお伝えする(説明責任)ので、本当の大切さを気づかせてくれるわけですよね。お客様の願望や悩みのど真ん中に入る!というイメージでしょうか?

 

会える時間と会えない時間を埋めてくれるアナデジサイクルが回り出すので単価が劇的に上がる

信頼度が上がると、ここのアナデジサイクルがくるくると回転するのでプラスのスパイラルが発生します。会えない時間を埋めるのは「店販」です。わざわざ説明するまでもありませんが、これは、美容師さんの手が届かない部分をお客様自身が自己メンテナンスを行うわけですよね。次のご来店まで綺麗を持続していただくためには、サロン内のたった数時間だけでは到底完結しません。だから、店販が必要になって来る。ですから、店販はお客様にとって”善”だという心構えがないと売れません。反対に心構えがバシ!と決まるとどんどん売上が上がっていきます。売上が高い人は、価値が高い人です。これを売りつけてると思う人は、美容師としての自分の在り方をもう一度考え直された方がいいと思う。

 

生涯お付き合いできる関係性を築ける

昨日ももう2年アナデジ研修をさせて頂いているサロンさんで雑誌プレゼンというのをしています。意外なのですが、美容師さんって雑誌見てる人少ないですよね。僕からすると不思議です。美容師さんってやはり職業柄常に最新のファッションを追ってヘアの傾向と提案を考えている存在だと僕は認識しています。昨日もあるスタイリストさんからのフィードバックで「ちょうど調べていた雑誌の内容についてお客様から問われたのですが、準備していたのでスラスラお話することができました」と。その後、オーナーと話から聞いたのは「お客様は、はぁ〜(納得)と頷かれてました。笑」と。こういう傾向でトレンドを取り入れるなら◯◯様でしたら、わたしは”これ”は間違いなくお似合いになると思います!な〜んて言われたら、普段したことがないスタイルでもチャレンジしてみよっかな〜って思わせることができると思う。大量な情報をインプットすることで、その中から目の前にいるお客様に一番合うデザインを見つけてあげる。それができるのは知識を入れてる人しかできないと思います。

わたしのファッションメンター、わたしの髪の悩みを解決してくれる人は、◯◯さん!となったら、生涯お付き合いできる可能性はグッと高くなると思う。実際、僕の周りの美容師さんたちはそういう関係性作りを意識して日々取り組まれています。そう考えると美容師さんがお客様の美の教育者と言っても過言ではなく、その先の価値は何倍にも膨れ上がるのだと思う。

 

最近思うことは、その基礎部分、心構え、姿勢を持ち、それが行動できて初めて発信(ブログ、SNS等)を活用した方が結果、成果に結びつきやすいと思う今日この頃。

 

ウスイッチ

んじゃ!

【人間力と売上が上がるアナデジ研修概要はこちら
アナデジ補習改めプロフェッショナル研修

ぜひ読んで欲しい記事

>———————————<

1)結構やってる人が多いので、これは注意してね!

2)なんでもかんでも費用対効果って言ってる人、大丈夫ですか?

3)デビューした美容師さんは、その後、どうやってお客さんを増やしていくのか?

4)美容院のブログに載るお客さんってどんなお客さんなの?

5)今なら^^初めてご来店されるお客様に限り。。。

6)美容室数と人口の推移を比較したことありますか?

7)あなたはホットペッパービューティーより忘れられない努力をしていますか?

8)なぜあなたの売上が上がらないのか?あなたがお客様から支持されない理由。

9)ブログ等を発信しているのに反応や結果がでない人へ

10)あなたが送るDMで一番やってはいけない3つのこと。来たら嬉しいDMってどんなDMだろう?

>———————————<

初めての方へ。共感したらFacebookで気軽にフォローしてくださいね

フォローしていただくと、投稿をした際ウォールに表示されるようになります。

それがウザ〜と思う方はやめてくださいね(笑)

 

ブログ等の発信が苦手な方へのご提案 

ブログ書くの、発信するのが苦手って人には自分の商品を効率良く&分析できるヘアカタシステム「スタギャラ」を使うという手もありますよ^^

[集客できるヘアカタシステム] 発信して集客&売上をあげたいサロンさん必見!

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

楽しいを仕事に♬

気軽にご相談、問い合わせしてくださいね^^

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。