知識が増えるとお客様に対する提案が色んな角度からできるってご存知でした?

1,116 views

[リアルボイス!] 知識が増えるとお客様に対する安心感が倍増する!

 

これがプロフェッショナルマインド(思考)だと思う。

 

おはようございます。

アナxデジマーケッター ウスイッチこと碓井勝範です。

ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてください。

今日 2018年1月15日から2018年12月31日までの残り日数:351

発信や販促、スタッフモチベーション等の質問、相談等ありましたら、下記のソーシャルメディアからメッセージ送ってください。 content/uploads/2017/05/logo_twitter_withbird_1000_allblue.png”>
logo_twitter_withbird_1000_allblue @kat1173

new-instagram-text-logo @kat_nori

ーーーーーーーーーーーーーーー

お客様に届ける安心とは? あなたの思考が価値になる!

ーーーーーーーーーーーーーーー

与えてもらっているだけでは、思考は動かない

f843ed4a75f8f5f7672b802e582a1b8c_s
これは当然ですね。

常に与えてもらっていると思考が働かずアイデアもでない。

だから日々の仕事が作業ルーティン化している、、、という方もいるのでは。

でも、できれば日々充実した日々を送りたいし、お客様とも良好な関係、笑いあえる関係の方が人生楽しくないですかね?

では、どうすれば人生楽しく過ごせるのか?

アナデジ研修受講者さんが良い発表をしていたので、そちらを紹介しますね。

 

お客様にどう伝えたら伝わるのか?

933650b80b068921819d45962a7f24fb_s
これが原点だと思います。

まずは、自分が今していることの価値をお客様にどう伝えたら伝わるのか?を考えてみること。

考えることで行動プラン(指針)が出てきます。

例えば、ブログ書いて伝えよう!とか、インスタで商品写真載せてパッケージ可愛いから見てもらおう!とか、どう伝えたら?と考えただけで今、2つの行動が生まれました。

そして、その行動プランを実行できるか?要はこの2つです。

  1. 考えて行動プランを出す
  2. 実行する

この2つ。

とてもシンプルでしょ?

これだけでもお客様に伝わりますよ。(伝え方は別途勉強しないとですけどね)

ですが、今日はもう少し掘り下げてみたいと思います。

 

そもそもその商品が好きか?

5c6362163a7c1eb6bc9680a40f5835b7_s
基本中の基本。

そもそも取り扱う商品が好きか?ってことです。

この好きには2つあります。

1つは本当に好き。

もう1つは、好きになる好きの2つ。

よく「わたしはこの商品好きではない。わたしが好きな商品があれば売るんですけど、、、」という人ほど売れない(笑)

会社が検討して入れてる商品は、社員はコントロールできません。

コントロールできないことにいくら文句言ってもコントロールできない。

問題なのは好きになる努力をしていないということです。

その意見の違いは永遠に答えが出ません。

ですから、まずは今、扱ってる商品をもう一度見て特性を再確認して好きになる努力をしてみてはいかがでしょうか?

 

調べると伝えたいことが増える。自信を形成していく。

9add3b3d1c398206f84e73efcc93f60d_s
まず、伝えようとするならば、伝えるモノを徹底して調べてみてください。

色んな方向から見てみてはいかがでしょうか。

「無知はコスト」です。

その商品に対して知識がないということは、お客様に「価値のない人、商品」と判断されます。

最低限カタログに書かれている言葉、説明はできるようにしたいですね。

そうすると、先ほどの好きかどうかの部分ですが段々と好きになったりしませんか?

知識量が増えると自信に変化します。

アナデジマーケティングが目指しているのは、マーケティングスキルも重要ですがこの自信形成を目指しています。

調べ知識量が増えると、自分に価値があると感じます。

この商品については誰よりも知っている!

これ自信つきませんか?

だから、調べて知識量を増やすって大事なことなんですよね。

 

知識が増えることで、お客様に必要なところから話ができる(ヒアリング能力の向上)

df7b3752b2496e27f39fbce78ffbd08b_s
その知識量を次は活用するわけです。

知識量が増えると切り口が分かってきます。

ちょっとゲーム感覚ですよね。

このお客様はどこにわたしの知っている情報を与えたら安心してくれるのか?というゲーム。

そういう考えがあるので、ヒアリングが自動的に必要不可欠になります。

「お客様のどこに問題点があるのか?」

にフォーカスするからね。

そういう行動が取れるとアナデジマーケティングに威力が増します。

どこが悩みのポイントか?それがどのくらいあるのか?そのための準備は何をすべきか?知識量と実践量が蓄積されるとアナデジマーケティングのシナリオを描くことができます。

アナログ接客からデジタル接客が行える土台が出来上がります^^

 

自分の想いを徹底して伝える

f09fbd3b5990d818050f705e644903e8_s
そして最後は徹底して伝えるということが、あなたの価値を高めてくれます。

わかりやすくいうと、「ブログみてください」とアナウンスを徹底すること!

何度も記事で書いていますが、本当にここができない方が多いんです。

先ほどの過程を踏んでいけば、下記のようなよく出る言い訳の言葉はでなくなります。

「忙しい」

「忘れてた」

「他にやるべきことがあった」

「意識してなかった」

これは、自分で扱うその商品の優先順位を低くしたということになります。

しかし、調べて知識量を増やしお客様のことを考えられ、ゲーム感覚で得た知識を生かす方法を知ったあなたはきっとこの商品の優先順位が高いはずじゃないですか?

現に行なったスタッフさんの体験した声でこういう声がありました。

一つのものを販売してみて、知識量を増やすことがお客様の安心感に繋がることが分かった。

さらに知識量があるとお客様に必要なところから話ができた。

調べると伝えたいことが増え、お客様への入り方が変えられた。
(美容室ラウレア 禧久さん)

その優先順位が高いということは、伝えたくて仕方がないと思うんです。

そうした結果は誰の目からみても分かるほどシンプルなんじゃないかな〜って。

つまり、お客様に伝えるという行動にフォーカスが当たり、自然と結果(売上)がついてくる。

結果に結びつかなったら、その精度をもっと増していけばいい。

はじめからすぐ結果に結びつくことはありません。

これもトレーニングを積めば必ず効果は上がっていきますよ。

 

知識が増えるとお客様に対する提案が色んな角度からできること、理解頂けたでしょうか?

 

ウスイッチ

んじゃ!

【人間力と売上が上がるアナデジ研修概要はこちら
アナデジ補習改めプロフェッショナル研修

ぜひ読んで欲しい記事

>———————————<

1)結構やってる人が多いので、これは注意してね!

2)なんでもかんでも費用対効果って言ってる人、大丈夫ですか?

3)デビューした美容師さんは、その後、どうやってお客さんを増やしていくのか?

4)美容院のブログに載るお客さんってどんなお客さんなの?

5)今なら^^初めてご来店されるお客様に限り。。。

6)美容室数と人口の推移を比較したことありますか?

7)あなたはホットペッパービューティーより忘れられない努力をしていますか?

8)なぜあなたの売上が上がらないのか?あなたがお客様から支持されない理由。

9)ブログ等を発信しているのに反応や結果がでない人へ

10)あなたが送るDMで一番やってはいけない3つのこと。来たら嬉しいDMってどんなDMだろう?

>———————————<

初めての方へ。共感したらFacebookで気軽にフォローしてくださいね

フォローしていただくと、投稿をした際ウォールに表示されるようになります。

それがウザ〜と思う方はやめてくださいね(笑)

ブログ等の発信が苦手な方へのご提案 

ブログ書くの、発信するのが苦手って人には自分の商品を効率良く&分析できるヘアカタシステム「スタギャラ」を使うという手もありますよ^^

[集客できるヘアカタシステム] 発信して集客&売上をあげたいサロンさん必見!

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

楽しいを仕事に♬

気軽にご相談、問い合わせしてくださいね^^

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。