ぼくはこういう体験ができて幸せ者だ^^。PartⅡ

246 views

ぼくはこういう体験ができて幸せ者だ。PartⅡ

.

倖せ記事PartⅡです!

.
.
こんばんは。
アナxデジマーケッター ウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。
ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてください。
.
.
今日 2016年12月31日から2016年12月31日までの残り日数:1
ーーーーーーーーーーーーーーー
大晦日今年一年もありがとうございました!
ーーーーーーーーーーーーーーー

一年の最後は幸せネタでもいいでしょ♪

一昨日ぼく宛に手紙が届いていました。

 

何かな?

 

と思って開けてみると・・・・・・(ってここまで使い回し。笑)
2016-12-29_08_11_34_jpg

半年間、月に1度の楽しくためになる研修をして頂きありがとうございました。

うすいっちに出会うまで、ついついわかっていながらも続けられなかったブログも内容は未だに困って書けない日もありますが、発信することが苦と思わなくなったこと。

私にとって大きな進歩でした!

いつもイイネを押して下さって嬉しく励みになりました。

はがきDMも良いきっかけで始めることができて継続的に楽しんでできている事も嬉しく思います。

「アナxデジマーケティング」を初めて聞いた時は全く想像もできなくて知識もなく不安でしたが、うすいっちの研修をきっかけに学べて良かったです!

何度もコツコツ継続する、お客様との関係性を作ることがどれだけ大切か改めて教えて下さってありがとうございます。

今後はうすいっちから教えて頂いた事を継続的に楽しんでいきつつ、世界中の人へ倖せと美を発信・提供できるお店でありたいし、私もそうおりたいです!

これからもご活躍応援しています!

本当に嬉しいコメントありがとうございます!!!

取り組みが社長含めとても早く通常の倍以上のスピードで進みました^^

 

ぼくはこういう方たちに支えられて生きてる。

感謝ですね^^

 

 

今年最後の記事ですが、来年からもまた継続していきたいと思います!

 

 

みなさま今年一年大変お世話になりました!!!

 

 

良いお正月をお迎えください。

 

 

 

 

 

.
.

ウスイッチ
.んじゃ!
.

.

.

.

.

 

《 初めての方へ。共感したらFacebookで気軽にフォローしてくださいね 》
フォローしていただくと、投稿をした際ウォールに表示されるようになります。
それがウザ〜と思う方はやめてくださいね(笑)

 

 

 

ブログ書くの苦手って人には自分の商品を効率良く&分析できるヘアカタシステム「スタギャラ」を使うという手もありますよ^^
[集客できるヘアカタシステム] 発信して集客&売上をあげたいサロンさん必見!

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

楽しいを仕事に♬


>———————————<
一緒に学んでみようかなーと思った方は、こちらまで気軽にご相談くださいね^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
記事下_バナー_ブルー
※ホームページのある方は、ホームページのURLも一緒に貼ってくださいね^^
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
《 Twitter気軽にフォローしてね 》

 

《 Instagramもやってます 》
Instagram

 

>———————————<
2016年11月のブログ記事ランキングです!
2016年9-10月のブログ記事ランキングです!
2016年8月のブログ記事ランキングです!
2016年7月のブログ記事ランキングです!
2016年6月のブログ記事ランキングです!
2016年5月のブログ記事ランキングです!
2016年4月のブログ記事ランキングです!
2016年3月のブログ記事ランキングです!
2016年2月のブログ記事ランキングです!
今年一発目!2016年1月のブログ記事ランキングです!

>———————————<

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範(ウスイッチ)の自己紹介 売上を自ら組み立てられる人財を育成、輩出したい!!! ◆ ミッション(使命) 「みんなで笑顔をつなぐ」 【売る力】をトレーニングによって身につけ売上が上がり笑顔が増える その笑顔をお客様が次のお客様に伝えていく、そんな素敵な社会を作っていきたい! ◆ パーパス(存在意義) 「すべての人の物心両面の豊かさの追求」 独自開発したプログラム、私自身の経験という資源を使い、お客様の仕事の質の向上を目指し、お客様の人生の豊かさの向上にも寄り添っていきたいと思います。 ◆ ヴィジョン(指針) 「目先の短期的な成果ではなく、見えない未来を予測し長期的な成果の仕組みを作る」 目先の成果を追っていても、小手先のテクニックを覚えても、ほんの一瞬の成果しか出ません。会社は長期的な反映が必要です。私たちの資源を使い、見えない未来を予測し、長期的な成果を出す仕組み作り、勝ちパターンを手に入れて頂きたいと思っています。