あなたが発信していることをお客さんは意外に知らない。

221 views

あなたが発信していることをお客さんは意外に知らない。

.
これあるあるですね。
.
.
こんにちは。
アナxデジマーケッター ウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。
ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてください。
.
.
.
今日 2016年11月3日から2016年12月31日までの残り日数:59
ーーーーーーーーーーーーーーー

あなたが発信していることをお客さんは意外に知らない。

ーーーーーーーーーーーーーーー

知って欲しかったら、読んで欲しかったらお客さんに伝えないとね

今、トレーニングで 伝える ということを意識して行って頂いているのですが、意外にこれできないというか忘れてしまいがちなんですよね。
見てくれるでしょ
知ってくれてるでしょ
というのは、自分勝手な話しであって、僕はちゃんと伝えないと知ってもらえないし、見てもらえないと思ってます。
その証拠に先日もスタッフさんに伝えることをして頂いたんですね。
そうしたら、こんな答えが返ってきましたそうです。
.
.
ブログを書いているのを知らなかった
.
.
と^^;
.
.
例えば、○○○してくださいと依頼します。
その人が○○○して初めて伝わったということですよね。
つまり○○○してくれてない状態では、伝わってないということになります。
ほとんどの場合、知ってくれてるだろうという思い込みが多くを占めてるのではと思います。
僕は毎回現場を見ていて
なぜデジタルだけで頑張ろうとするのか?
と思う。
アナログで通知してデジタルに来て頂く方が見てもらう、知ってもらう確度は圧倒的に高くなります。
且つ、接客業の方であればそれは毎日毎日確実に知ってもらうルートができてることになります。
(いや、私はデジタルのみで結果を出したんです!って方は、スルーしてくださいませませ。笑)
.
.
わたしがこんなに発信しているんだから、当然知ってるでしょ。
なんて方は、自意識過剰です。
僕のブログもまだまだなので、毎回チャンスがあれば伝えています。
「 ウスイッチ 」で検索してくださいって。
じゃないと僕の存在なんて大〜〜〜〜れも知らないんです。
.
.
遠くの誰かに届けるんじゃなくて、まずは今一番近い人に伝えていく方が、知ってもらうためには一番の近道なんじゃないでしょうか?
.
.
そう思うと 伝える って、意識していないとなかなかできないことなのかもしれませんね。


.
.
.
.
.

ウスイッチ
.んじゃ!
.

.

.

.

.

 

《 初めての方へ。共感したらFacebookで気軽にフォローしてくださいね 》
フォローしていただくと、投稿をした際ウォールに表示されるようになります。
それがウザ〜と思う方はやめてくださいね(笑)

 

 

 

ブログ書くの苦手って人には自分の商品を効率良く&分析できるヘアカタシステム「スタギャラ」を使うという手もありますよ^^
[集客できるヘアカタシステム] 発信して集客&売上をあげたいサロンさん必見!

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

楽しいを仕事に♬


>———————————<
一緒に学んでみようかなーと思った方は、こちらまで気軽にご相談くださいね^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
記事下_バナー_ブルー
※ホームページのある方は、ホームページのURLも一緒に貼ってくださいね^^
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
《 Twitter気軽にフォローしてね 》

 

《 Instagramもやってます 》
Instagram

 

>———————————<
2016年8月のブログ記事ランキングです!
2016年7月のブログ記事ランキングです!
2016年6月のブログ記事ランキングです!
2016年5月のブログ記事ランキングです!
2016年4月のブログ記事ランキングです!
2016年3月のブログ記事ランキングです!
2016年2月のブログ記事ランキングです!
今年一発目!2016年1月のブログ記事ランキングです!

>———————————<

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。