お客さんに見てもらうための行動をしている人としていない人の差

209 views

お客さんに見てもらうための行動をしている人としていない人の差

 

.
.
こんばんは。
アナxデジマーケッター ウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。
ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてください。

 

 

今日 2016年7月28日から2016年12月31日までの残り日数:157
ーーーーーーーーーーーーーーー

今こそお客さんに見てもらうために行動しませんか?

ーーーーーーーーーーーーーーー

お客さんに見てもらうための行動をしている人としていない人の差

先日のアンケートにて。

ブログを書くことで自分目線で書くのではなく
お客様目線で考えることが大切という事を知って
今まで自分目線でしか書いていなかったという発見があった。
.
(しょうへいの店 小島さん)

この目線の違いって予想以上に結果や反応に出る差が大きいんですよね。
僕も日々気をつけています。
これ毎日毎日気にしていないとできないんですよね(^^;;
(僕は特に)
どうしても気がつくと「はっ」とするときがあります。
これって自分目線だったわーって( ̄O ̄;)あちゃちゃ〜って。笑
.
.
更に”見てもらう”という行動をして頂きたいので、毎回毎回参加の目的を書いて頂いているんですが、見てると本当に面白いんです。
回を増すごとに具体的になっていく。
自分が今日何を学ぶのかが明確になってくるんですよね。
そうすることで、より集中して聞くことができる。
だから実行に移りやすい。
目的が明確なので販促、アナデジマーケティングのストーリーや組み合わせ、お客さんをお連れする道順を説明すると頭に入りやすいのだと思います。
だから反応や結果が出るのが早くなる。
これも僕もサロンさんでトレーニングをさせて頂いた経験で得た力だと思っています。
僕も日々成長しているんですよ^^(ちょっとずつ、、、ね)

.
.
何のためにそれをやっているのか?
.
.
そこが分かり始めただけで3ヶ月間でスタギャラから60名のお客様が入客されていました^ ^(これ嬉しいっす)
そして、もっと自分のヘアスタイルから予約をしてもらうためには、どうしたら良いか?もっと多くのお客さんにみてもらうためには、どうしたら良いか?って真剣に考えています。
その一つの手段として
・ブログ
・ヘアカタログ
・DM
・名札
・名刺
・ニューズレター
・ソーシャルメディア
と色々があり、それぞれの役割を ” 会える時間 ” と ” 会えない時間 ” に分けてそれぞれ考えてツールの発信方法を学んでいきます^^
これが楽しい♪
本当に楽しい♪
きっと受けてる側も楽しい、、、、、、はず。笑
.
.
“お客様に見てもらうための行動”
.
.
その行動をしている人としていない人の差は、どんどん広がっていきそうですね(-_^)

.

ウスイッチ
.んじゃ!
.

 

 

 

《 初めての方へ。共感したらFacebookで気軽にフォローしてくださいね 》
フォローしていただくと、投稿をした際ウォールに表示されるようになります。
それがウザ〜と思う方はやめてくださいね(笑)

 

 

 

ブログ書くの苦手って人には自分の商品を効率良く&分析できるヘアカタシステム「スタギャラ」を使うという手もありますよ^^
[集客できるヘアカタシステム] 発信して集客&売上をあげたいサロンさん必見!

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

楽しいを仕事に♬


>———————————<
一緒に学んでみようかなーと思った方は、こちらまで気軽にご相談くださいね^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
記事下_バナー_ブルー
※ホームページのある方は、ホームページのURLも一緒に貼ってくださいね^^
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
《 Twitter気軽にフォローしてね 》

 

《 Instagramもやってます 》
Instagram

 

>———————————<
2016年6月のブログ記事ランキングです!
2016年5月のブログ記事ランキングです!
2016年4月のブログ記事ランキングです!
2016年3月のブログ記事ランキングです!
2016年2月のブログ記事ランキングです!
今年一発目!2016年1月のブログ記事ランキングです!

>———————————<

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。