ブログ書くの苦手だったけど書けるようになった。

270 views

ブログ書くの苦手だったけど書けるようになった。

 

嬉しいコメントです。
なんで書けるようになったのか?
を書いてみますね。
.
.
おはようござます。
アナxデジマーケッター ウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。
ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてください。

 

 

今日 2016年7月26日から2016年12月31日までの残り日数:159
ーーーーーーーーーーーーーーー

発信ができるようになった理由とは?

ーーーーーーーーーーーーーーー

苦手を克服するときってどんな時?

「ブログ書くの苦手だったけど書けるようになった。」
この言葉、とっても嬉しいし、この言葉でぼくのやる気度はさらにアップします^^
4回目のアナデジ発信強化トレーニング後のアンケートにて。

「 ブログ苦手だったけど書けるようになった。」
(Brace アシスタント久我さん)
毎回思いますが、ここがスタート地点なんですよね。
.
.
そして、1回や2回の学びでいきなりこうなる人はいません。
(時として飲んだ勢いで1,000記事書きます!と宣言したり、いきなり毎日書きます!といきなり宣言する人はごくごく稀です。笑)

 

書いてない人が書くようになる。
しかもそれが習慣として身につくまでには数年かかります。
苦手だったのがなぜ書けるようになったのか?
.
.

それはアナデジ発信強化トレーニング受けたからっすよ!笑
と声を大に言いたいところですが^^;、ぼくはね”きっかけ”を与えているだけです。最近感じます。トレーニングって”きっかけ作り”なんだと。
.
.

苦手を克服した原因は何か?
はっきりとは分かりません(笑)
でも、何のために発信するのか?発信するということはどういう意味を持つのか?という意味はお伝えできていると思います。
そのための手段のひとつがブログ、そのひとつがヘアカタ、そのひとつがDMとかなんですよね。
すべては共感見込客を集めること、そして、そこからつながった人とアナデジ発信を通じて関係性を築くことが目的です。これがぼくの考え方です。
なんで書けるようになったのか?
その考え方をお伝えしてこういう反応がある。
これが答えですね。
だから嬉しい。

さらに、

参加目的に”自分を発信する”って書いてあるの分かりますか?

これが苦手だったけど書けるようになった(苦手を克服した)ヒントだと思います。

これは1回〜4回を通じて気持ちの変化があるのをぼくは知っています^^

次のステップは継続ですね!

 

 

 

 

ウスイッチ
.んじゃ!
.

 

 

 

《 初めての方へ。共感したらFacebookで気軽にフォローしてくださいね 》
フォローしていただくと、投稿をした際ウォールに表示されるようになります。
それがウザ〜と思う方はやめてくださいね(笑)

 

 

 

ブログ書くの苦手って人には自分の商品を効率良く&分析できるヘアカタシステム「スタギャラ」を使うという手もありますよ^^
[集客できるヘアカタシステム] 発信して集客&売上をあげたいサロンさん必見!

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

楽しいを仕事に♬


>———————————<
一緒に学んでみようかなーと思った方は、こちらまで気軽にご相談くださいね^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
記事下_バナー_ブルー
※ホームページのある方は、ホームページのURLも一緒に貼ってくださいね^^
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
《 Twitter気軽にフォローしてね 》

 

《 Instagramもやってます 》
Instagram

 

>———————————<
2016年6月のブログ記事ランキングです!
2016年5月のブログ記事ランキングです!
2016年4月のブログ記事ランキングです!
2016年3月のブログ記事ランキングです!
2016年2月のブログ記事ランキングです!
今年一発目!2016年1月のブログ記事ランキングです!

>———————————<

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。