LINEで反応がでる人とでない人のたった1つの差とは?

203 views

LINEで反応がでる人とでない人のたった1つの差とは?

 

 

 

こんにちは。
アナxデジマーケッター ウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。
ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてください。

 

今日 2016年3月25日から2016年12月31日までの残り日数:282
ーーーーーーーーーーーーーーー

スクリーンショット 2016-03-25 11.31.49

ーーーーーーーーーーーーーーー

LINEで反応がでる人とでない人のたった1つの差とは?

先日いただいた美容師さんじゃない方からのご質問。
「 LINEは使えるのか?LINE使って成功するのか? 」

 

結果から言いますと、そんなの使う側の問題なんだから、、、、、知らんわ(笑)です。

 

本質が見れずその流行りに乗ってしまうのは仕方がないんだと感じる。。。
わーあれすごーい。
わーあの人天才〜♪
わー皆んな使ってる〜〜♪
とか、、、、
うんうん、凄いよね^^;

 

でもね、あなたがそれを使ってもきっと結果がでないと思うんです。

 

理由はシンプルです。
小手先だから。

 

環境が悪くても、自社サイトが整備されてなくてもお客さんは来るんです。(もちろん環境は整ってた方がいいですが^^;)
しかも何回も通ってくれるお客さんです。

 

都合の良い時だけ発信したってダメじゃないですか?
皆んな見てるわけです。
都合の良い時だけイベント誘ってきたり、自分のページにいいねしてとか、急にメッセージでご無沙汰してますといって、質問攻めしたり、、、。ご無沙汰感ないわ〜〜〜マジないわ〜〜〜〜ってなる(笑)

もっと自分の足元見てよって。
LINE@の使用状況を有名コンサルタントが僕なんかに質問する時代です。

 

「 関係性 」築けてなかったら何やっても同じでしょ?
「いいね」もしない。
ブログすら見てない。
LINEもソーシャルなのにソーシャルほとんどやってない。。。

 

 

なんでLINE@使うんですか?
なんのためにLINE@使うんですか?
LINE@使ってお客さんと何をしたいんですか?
LINE@を使ってお客さんがどんな良いコトが待ってるんですか?
あなたがLINE@で伝えたいメッセージはなんですか?

 

使ってる人もこれから使う人も、一度考えて見てはいかがでしょうか?

 

LINEで反応がでる人とでない人のたった1つの差とは?上記の5つのコトを考えて「 関係性構築発信 」をしてるかしてないかですね^^

 


ブログ書くの苦手って人には自分の商品を効率良く&分析できるヘアカタシステム「スタギャラ」を使うという手もありますよ^^
[集客できるヘアカタシステム] 発信して集客&売上をあげたいサロンさん必見!

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

楽しいを仕事に♬

 

>———————————<
一緒に学んでみようかなーと思った方は、こちらまで気軽にご相談くださいね^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
記事下_バナー_ブルー
※ホームページのある方は、ホームページのURLも一緒に貼ってくださいね^^
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
《 Twitter気軽にフォローしてね 》

 

《 Instagramもやってます 》
Instagram

 

>———————————<
2016年2月のブログ記事ランキングです!
今年一発目!2016年1月のブログ記事ランキングです!
2015年12月のブログ記事ランキングです
2015年11月のブログ記事ランキングです
2015年10月のブログ記事ランキングです
2015年9月のブログ記事ランキングです
2015年8月のブログ記事ランキングです
2015年7月のブログ記事ランキングです
2015年6月のブログ記事ランキングです
2015年5月のブログ記事ランキングです
2015年4月のブログ記事ランキングです
2015年3月のブログ記事ランキングです
2015年2月のブログ記事ランキングです
2015年1月のブログ記事ランキングです
>———————————<

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。