《お客さんの声》言葉で文字で伝える。これから伝えるスキルの差が売上の差になるかもしれない。

266 views

《お客さんの声》言葉で文字で伝える。これから伝えるスキルの差が売上の差になるかもしれない。

 

口で「 伝える 」
文字で「 伝える 」
これから伝えるスキルの差が売上の差になるかもしれない。
僕はそんな気がする。

 
こんばんは。
アナxデジマーケッター ウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。
ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてください。
2016-2-4
ーーーーーーーーーーーーーーー
スクリーンショット 2016-02-04 17.52.42
ーーーーーーーーーーーーーーー

これから伝えるスキルの差が売上の差になる

僕個人的な意見ですけどね。
でもそう思う。
「 伝える 」スキルってビジネスで売上をあげるためには必要な要素だと思う。
言葉で伝える > 店頭販売等、お客さんと直接話をするときに必要
文字で伝える > ヘアスタイルの説明やブログ記事、伝わらないと読まれない。

 

そんなことを思ったセミナーを受けていただいた方の嬉しい声です。

ブログのお話では、タブーな事項にあてはまる部分が多々あったので、スタッフに話したりしてお店全体で取り組んでいきたいと思いました。ありがとうございました!
(Hair esthe HAAAT アシスタントリーダー 赤川未来様)

お店全体で取り組んでいきたい。
アシスタントさんで素晴らしいですよね。
このタブー、意外に知らない人が多いと感じています。
デジタルで発信する以上はGoogleさんのルールは、少なからずとも守った方が、Googleさんがあなたを見つけやすくなるわけですからね^^
こういう若い人たちがどんどん出てくると業界も盛り上がりますよね^^

 

今まで行われていた小手先のテクニックで引っ掛けようとか、、、、、そういうのはもう時代遅れですよね。
だってそういう中身の無いものを生み出してもGoogleさんはゴミ記事と認識しているので、検索には引っかからないようにしているからですね。そもそも読んでる人に何かを届けたい!と思っている人は、そういう小手先のテクニックなんか使ってないんですけどね。これは、そうすると簡単に引っかかりますよというシステム業者がいたのが原因ですね。そういう小手先のワザ、本質でないことを伝えている。。。まぁお店も当時はそれで来ていて売上につながっていて取り入れていたと思うので、どっちもどっちなのかもしれませんが^^;

 

しかし、Googleさんの進化と共にこの「 伝える 」というスキルはとても大事になってくる。
今までのような誰でもできるような小手先のスキルから、トレーニングを積んだ人が価値を伝えられるスキルを身につけることがこれから先重要な要素のひとつになると感じています。
だから当然ですが、その伝えるスキルの差が売上の差に比例していく。

 

アンケートを見てそんなことを思いました。

 

 

 

僕の記事を読んで共感頂けたら、みなさんの参考になれば、それが一番嬉しいです^^

 


ブログ書くの苦手って人には自分の商品を効率良く&分析できるヘアカタシステム「スタギャラ」を使うという手もありますよ^^
[集客できるヘアカタシステム] 発信して集客&売上をあげたいサロンさん必見!

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

楽しいを仕事に♬

 

>———————————<
一緒に学んでみようかなーと思った方は、こちらまで気軽にご相談くださいね^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
記事下_バナー_ブルー
※ホームページのある方は、ホームページのURLも一緒に貼ってくださいね^^
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
《 Twitter気軽にフォローしてね 》

 

《 Instagramもやってます 》
Instagram

 

>———————————<
2015年12月のブログ記事ランキングです
2015年11月のブログ記事ランキングです
2015年10月のブログ記事ランキングです
2015年9月のブログ記事ランキングです
2015年8月のブログ記事ランキングです
2015年7月のブログ記事ランキングです
2015年6月のブログ記事ランキングです
2015年5月のブログ記事ランキングです
2015年4月のブログ記事ランキングです
2015年3月のブログ記事ランキングです
2015年2月のブログ記事ランキングです
2015年1月のブログ記事ランキングです
>———————————<

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。