「いつも同じお題なのに、なぜ落語家の話は面白いのか」で思ったこと

242 views

「いつも同じお題なのに、なぜ落語家の話は面白いのか」で思ったこと

 

なんだか本屋で「 触れたことのない本読みたいな〜 」と思って選択した本です。
今日は4:30起床で西日本に向かっています。
雪大丈夫かな。

 

おはようございます。
アナxデジマーケッター ウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。
ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてください。
2016-1-25
ーーーーーーーーーーーーーーー
スクリーンショット 2016-01-25 7.36.59
ーーーーーーーーーーーーーーー

落語の本に初めて触れた

初めて落語の本を読みました。
落語の本じゃないですね、落語のビジネス書ですね。
51WXaJEsn6L._SX339_BO1,204,203,200_
立川談慶 (著)
(クリックするとamazonにリンクします)

 

僕がここでひとつ、ふむふむと思ったことがありました。
それは落語会では「 独演会 」というものがあることを知りました。
独=ひとり
で演じる会と書きますね。
真打ち(落語家)自分ひとりの名前でお客さんを呼べるかどうか?ってことです。
例えば、僕の大師匠の藤村正宏先生や短パンこと奥ノ谷圭祐パイセン。この方たちはひとりで、自分の名前でお客さんを呼ぶことができます。
昨今、コラボだったり組むという傾向が多く見られます。これも時代性?なんて思ったりします。
(あ、ちなみに僕はそういうレベルにはほど遠いなーと思いながら、いつかは!なんて思ったり。笑。)

 

本の最後にこういうことが書かれていました。

主体は噺り手である落語家ではなく、
聞き手であるお客さんにあるのです。
そして、そういう気持ちにさせて
くれるものこそ、落語の理想の形なのです。
無論、知らず知らずのうちに、
そんな関係性にさせてしまうというのが、
落語家の腕でではありますが。

「 主体は聞き手であるお客さんにある。」
これができるために「 量 」をこなさないと無理。
何度も何度も独演会を行う、その場にひとりでも、聞いてなくても、つまらなそうにしていても「 量 」が「 自信 」や「 伝える力 」が筋肉のように身についてくる。
また一歩間違えると「 花見酒の経済 」になってしまうことを危惧していると書かれていました。
「 花見酒の経済 」???

花見酒の経済とは、
「 身内で売買を繰り返すことで見かけは売上が伸びたように見えるが実質は変わらず、場合にはよっては借金だけが残るような取引が行われている経済 」
ということです。
これは自分だけを守ろうとするとこういう現象が起きるそうです。
難しいですよね。
利己的か利他的か。

うーん、難しい。。。^^;

なんだか最近、手に取る本に書かれているのが「 量 」。
量的トレーニングを行わなずして成功はないとか、、、、。以前だったら、「 30日でできる成功の法則 」とか(笑)なんだろ?すぐ身につく方法を知りたかったんですが、最近は全く手に取らない。

 

自分の思考というか視点が変わったのかな〜なんて感じることがあります。

 

量だ!と受け入れれば「 量 」をこなすだけですものね。このブログもそう。
受け入れないと小手先に走ってしまうのかもしれませんね。
大好きですけどね。小手先のノウハウ(笑)

 

 

 

僕の記事を読んで共感頂けたら、みなさんの参考になれば、それが一番嬉しいです^^

 


ブログ書くの苦手って人には自分の商品を効率良く&分析できるヘアカタシステム「スタギャラ」を使うという手もありますよ^^
[集客できるヘアカタシステム] 発信して集客&売上をあげたいサロンさん必見!

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

楽しいを仕事に♬

 

>———————————<
一緒に学んでみようかなーと思った方は、こちらまで気軽にご相談くださいね^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
記事下_バナー_ブルー
※ホームページのある方は、ホームページのURLも一緒に貼ってくださいね^^
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
《 Twitter気軽にフォローしてね 》

 

《 Instagramもやってます 》
Instagram

 

>———————————<
2015年12月のブログ記事ランキングです
2015年11月のブログ記事ランキングです
2015年10月のブログ記事ランキングです
2015年9月のブログ記事ランキングです
2015年8月のブログ記事ランキングです
2015年7月のブログ記事ランキングです
2015年6月のブログ記事ランキングです
2015年5月のブログ記事ランキングです
2015年4月のブログ記事ランキングです
2015年3月のブログ記事ランキングです
2015年2月のブログ記事ランキングです
2015年1月のブログ記事ランキングです
>———————————<

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。