「 デザインを創ることは得意でも文章に拘ってる人はとても少ない 」そう感じたワケとは?

269 views

「 デザインを創ることは得意でも文章に拘ってる人はとても少ない 」そう感じたワケとは?

 

1年間トレーニングをされたスタッフさんの声です。

 

 

おはようございます。
アナxデジマーケッター ウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。
ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてください。
2016-1-17
ーーーーーーーーーーーーーーー
 デザインを創ることは得意でも文章に拘ってる人はとても少ない
ーーーーーーーーーーーーーーー

デザイン価値を伝えられるのは文章スキル

タイトルの
「 作品(デザイン)を創ることは得意でも文章に拘ってる人はとても少ない 」
は、1年間トレーニングを受けていただいた美容師さんの声です。
アンケート

ブログやヘアスタイルのタイトル付の重要性をとても学べました。
僕達美容師は作品を創ることは得意でもタイトルや文章に拘っている人はとても少ないと思います。
だからこそ拘る必要があり、WEB上で評価されるためには今後もっと真剣に取り組んでいかないといけないなと思いました。

 

嬉しいです^^
なんでもそうですがデザインってクリエイティブ要素が入るので、「 自分目線 」になりがちだと思います。
その証拠に、美容のクリエイティブ力を競うコンテストとお客さんに価値提供=売上をあげることと同じ表現をされていないでしょうか?
有名だったりずっとブログを続けている方の発信を見ていると、これがしっかり区別されてたりします。
特にインスタは無法地帯です^^;
例えば、

xxxx new hair!!!
ハイライトで
ピンク
パープル
イエロー
をIN
.
.
.
かわいいっしょ♪

 

これを読んだ僕のリアクションを文字ではなく顔文字で表現したいと思います。
こんな感じです。

 

 

 

Σ(゚□゚ノ)ノ

 

伝わってますでしょうか?笑
バカにしているわけではありません。(少々ふざけましたが)

 

 

「 自分視点 」から「 相手視点 」

これ「 自分目線 」なだけなんです。
ただそれだけなんです。

アンケートに書いていただいた美容師さんに僕が毎回毎回しつこく言っていたのは「 相手目線 」にってことだけです。
文章に拘るこだわることがWEB上で評価される、だから今後もっと真剣に取り組んでいきたいとなってるわけです。

 

デザインを創ることと文章に拘る。
これでようやくデザイン価値が生まれるスタートが切れたのだと思います。
スタートを切ったら、後は走り出せばいいんですから、後は結果がついてくると思います^^
ってこのスタッフさんは、もう結果出ちゃってますがへ ^^v

 

 

 

 

 

 

 

僕の記事を読んで共感頂けたら、みなさんの参考になれば、それが一番嬉しいです^^

 


ブログ書くの苦手って人には自分の商品を効率良く&分析できるヘアカタシステム「スタギャラ」を使うという手もありますよ^^
[集客できるヘアカタシステム] 発信して集客&売上をあげたいサロンさん必見!

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

楽しいを仕事に♬

 

>———————————<
一緒に学んでみようかなーと思った方は、こちらまで気軽にご相談くださいね^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
記事下_バナー_ブルー
※ホームページのある方は、ホームページのURLも一緒に貼ってくださいね^^
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
《 Twitter気軽にフォローしてね 》

 

《 Instagramもやってます 》
Instagram

 

>———————————<
2015年12月のブログ記事ランキングです
2015年11月のブログ記事ランキングです
2015年10月のブログ記事ランキングです
2015年9月のブログ記事ランキングです
2015年8月のブログ記事ランキングです
2015年7月のブログ記事ランキングです
2015年6月のブログ記事ランキングです
2015年5月のブログ記事ランキングです
2015年4月のブログ記事ランキングです
2015年3月のブログ記事ランキングです
2015年2月のブログ記事ランキングです
2015年1月のブログ記事ランキングです
>———————————<

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。