お客さんに ” 響く文章の書き方 ” とは???

215 views

お客さんに ” 響く文章の書き方 ” とは???

 

うん、そんなもん、書いてない人には書けません!

 

 

こんばんは。
アナxデジマーケッター ウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。

ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてください。
2015-12-13

ーーーーーーーーーーーーーーー
響く文章の書き方って?
ーーーーーーーーーーーーーーー

あなたにとっての ” 響く言葉・文章 ” って何なのか?

これ、実は物凄く多い質問なんですね^^;
僕の数百枚のアンケートの中でもかなり多いです(確実な数として集計はしていませんが)
ということはね、みんな書きたいんですよね。
「 響く言葉・文章 」
例えば、IT的にブログとか書いてない人が言うセミナーとかだと、タイトルが命です!という(笑)うん、そうなんだけど、引っ掛けるようなタイトル、人気キーワードをつけたタイトルで、見てもらう(あ、見てもらうというここは重要だと思う)、そして、文章を読む、、、、

 

その文章がぶっちゃけ、伝わらない言葉・文章だったら???「 あ、この人の記事薄っ! 」とか「 全然中身がない 」って思ったら、どうでしょうか。
きっと、もう二度と見にこないのではないでしょうか?探した結果を表示させるのは機械ですが、読むのは「 人間 」なんですよね。

 

 

何回か書いていますが、そうなると非常に勿体ない、

デジタル上で失客
が起こります。

 

 

まぁ綺麗事並べるよりアクセスが多いとか、そういう方が重宝されますからね。単発セミナーでは特に。
でもそれでうまくいってる人どれぐらいいるのでしょうか。。。。
僕が知る限り聞いたことがありません。
それで売上じゃんじゃん上がってるお店って。
逆にアナログでもしっかりお客さんを見てお手紙書いたりしているお店の方が売上があがってると僕の場合は耳にします。そういうお店はアナデジ活用されていますしね^^(あ、僕っていうわけじゃなくてね。)

響く言葉がかけるようになるには、僕はこう思います。

たくさん本を読み(小説等も含めて)
たくさん書き、発信し
たくさん色んな方からのアドバイスを受け
素直に受け入れまた発信する。
トレーニングを積んでようやく、ある特定の人に ” 響く文章 ” が書けるのだと思います。

 

 

あなたはどう思いますか?

 

 

 

僕の記事を読んで共感頂けたら、あなたの参考になれば、それが一番嬉しいです^^

 

では。


ブログ書くの苦手って人には自分の商品を効率良く&分析できるヘアカタシステム「スタギャラ」を使うという手もありますよ^^
[集客できるヘアカタシステム] 発信して集客&売上をあげたいサロンさん必見!

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

楽しいを仕事に♬

 

>———————————<
一緒に学んでみようかなーと思った方は、こちらまで気軽にご相談くださいね^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
記事下_バナー_ブルー
※ホームページのある方は、ホームページのURLも一緒に貼ってくださいね^^
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
《 Twitter気軽にフォローしてね 》

 

《 Instagramもやってます 》
Instagram

 

>———————————<
2015年11月のブログ記事ランキングです
2015年10月のブログ記事ランキングです
2015年9月のブログ記事ランキングです
2015年8月のブログ記事ランキングです
2015年7月のブログ記事ランキングです
2015年6月のブログ記事ランキングです
2015年5月のブログ記事ランキングです
2015年4月のブログ記事ランキングです
2015年3月のブログ記事ランキングです
2015年2月のブログ記事ランキングです
2015年1月のブログ記事ランキングです
>———————————<

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。