#ハッシュタグの使い方、ビジネスしてる人だったら適当にしない方がいいワケとは?

240 views

#ハッシュタグの使い方、ビジネスしてる人だったら適当にしない方がいいワケとは?

 

これITリテラシーとかソーシャルリテラシーと言われるもの。
最近見ていて、#ハッシュタグの乱打、半端ないです^^;
そのハッシュタグの投稿を見ていて相手目線で思ったことを書こうと思います。
だってその発信お客さんも見ていると思うから。

 

 

おはようございます。
アナxデジマーケッター ウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。

ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーー
それをやった先に見るもの
ーーーーーーーーーーーーーーー

発信して想いを届けたかったら、学ぶことが大切だと思う

公式のTwitterのサポートページより
https://support.twitter.com/articles/20170159-
これ見てくださいね^^
ホントに。

 

こう書かれています。
「 イベントの際などにハッシュタグを決めてツイートすることで、同じイベントの参加者同士で情報を共有できます。同じ話題で盛り上がることもできます。」

 

これね、インスタでも同じだと思う。というか、Facebookの傘下に入ってるインスタなら、尚更、やらない方がいいというか、特定のビジュアルに関連するキーワード以外はほぼ無意味だと思います。
あ、僕はね。

 

だって、単純にそういう投稿見ててウザいと感じるからですね。

 

#ハッシュタグつけてそれをソートしてる人どのくらいいるんでしょうか???

#〜〜〜〜〜〜したのか
なんてハッシュタグ誰が検索するのだろう????と思うと分かりますかね。

 

なんでも、やればいいってもんじゃないですよね〜〜〜って(やるという行動は大事ですけどね)、だから、僕はお伝えするのは小手先ではなく「 本質 」を伝えたいと思います。

 

僕と意見が合わない方は、読まないでいいし、共感もしなくていいんです。

僕なりの市場、SEO、等々、突き詰めてきたアナデジマーケティング理論があるから、共感できるできないはあっていいんです^^

 

ソーシャルの設定だったり、使い方はググればいくらでも出てきますしね。分からないという前に、ググれる!という時代です。凄い時代です。以前なら得る方法がなかったからセミナーに行ったりしていたわけですからね。そこでしか得られらなかった情報が今は、手元で探すことができます♪(あ、もちろん、それをお金を払ってもいいから、一から教えて〜〜〜という方には、もちろん!最初からお教えしますよ^^)

 

 

それをどう自分のお仕事に役に立つ又は、お客さんと関係性が築けるのか?そういう視点の方々と僕はやりたいです♪

 
では。

 

 

 

僕の記事を読んで共感頂けたら、みなさんの参考になれば、それが一番嬉しいです^^

 

では。


ブログ書くの苦手って人には自分の商品を効率良く&分析できるヘアカタシステム「スタギャラ」を使うという手もありますよ^^
[集客できるヘアカタシステム] 発信して集客&売上をあげたいサロンさん必見!

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

楽しいを仕事に♬

 

>———————————<
一緒に学んでみようかなーと思った方は、こちらまで気軽にご相談くださいね^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
記事下_バナー_ブルー
※ホームページのある方は、ホームページのURLも一緒に貼ってくださいね^^
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
《 Twitter気軽にフォローしてね 》

 

《 Instagramもやってます 》
Instagram

 

>———————————<
2015年10月のブログ記事ランキングです
2015年9月のブログ記事ランキングです
2015年8月のブログ記事ランキングです
2015年7月のブログ記事ランキングです
2015年6月のブログ記事ランキングです
2015年5月のブログ記事ランキングです
2015年4月のブログ記事ランキングです
2015年3月のブログ記事ランキングです
2015年2月のブログ記事ランキングです
2015年1月のブログ記事ランキングです
>———————————<

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。