2020年のオリンピックまでではなく、その後の展開を見据えて動くのか?

254 views

2020年のオリンピックまでではなく、その後の展開を見据えて動くのか?

 

あ〜昨日アップできなかった記事を。

 

こんばんは。
アナxデジマーケッター ウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。

ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーー
スクリーンショット 2015-11-26 18.50.37
ーーーーーーーーーーーーーーー

2020年のオリンピックまで一生懸命やってもあまり意味がない

先日コンプラットの菊池さんが講師を務めた「 一生働ける美容院を作るセミナー 」に参加してきました。
ここで菊池さんから日本の5年先の市場の説明がありました。
それは何かというと、2020年のオリンピック以降は景気が一気に悪くなる傾向があるということです。
過去のオリンピック開催国(6回分?)のオリンピック前と後での経済状況を比較してみると、アトランタオリンピックの1回を除いてすべて景気が悪くなっていました。まぁ、言われなくても分かることかもしれませんが。もちろんオリンピック前は景気がめちゃ良くなります。新しい建物立てたり、期限を守らないといけないので人員を増やす、近くにお店が立ち並ぶ、外国人観光客の増加、等々ですね。

 

そんなオリンピックに向けての取り組むべきものと、オリンピック後に取り組むべきもの、そういう視点で考えると、色々やるべきことが明確になってくるのではないでしょうか?

 

例えば、人口減少、高齢者の増加等の問題を抱える現状と、先にある結果(売上、給料)の間をどうつないでいくか?
行動して結果が最も早いのはホットペッパービューティーです。お金を出して頼る「 行動 」ということです。
もう一つ結果を出す方法は、現場のスタッフひとりひとりのアナログ、デジタルで発信という「 行動 」だと僕は思います。圧倒的な集客にはならないけれど、確実性の高い結果をもたらすことができます。

 

両方とも同じ「 行動 」です。
違うのは結果までのスピードです。でもなんとなく予測できるのは、集客ができなくなってきたときは、皆、同じ行動をすると思います。
欲しいのは「 今すぐの結果 」ですしね。

 

5年かけてでも結果ばかりを追う風土をやめていく「 行動 」をしていったほうがいいと感じました。そのためにそこで働くスタッフの育成はこれからもっと強化していかないといけないと感じています。
給料が高いから入社する。でもすぐに慣れるのでもっと!もっと!となり、やがて去っていくのを聞いたりします(リーマン時代、部下に酒おごっても効力はせいぜい1週間だったり。笑)同じお店で働く中でチームワークって僕は凄く大事だと思っています。確かに個の時代なんですけど、チームで個を出す方が今の多様化する社会では良いと僕は思っています。

 

でも今回このセミナーに参加して思ったことは、給料ではなくて動機(モチベーション)を上げる方法が、ダントツ塾なんだな〜と感じました^^
興味がある方は、ぜひ一度見てみてください♪
http://complat.jp/ikusei.html

 

 

では。

 

 

 

 

 

 

僕の記事を読んで共感頂けたら、みなさんの参考になれば、それが一番嬉しいです^^

 

では。


ブログ書くの苦手って人には自分の商品を効率良く&分析できるヘアカタシステム「スタギャラ」を使うという手もありますよ^^
[集客できるヘアカタシステム] 発信して集客&売上をあげたいサロンさん必見!

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

楽しいを仕事に♬

 

>———————————<
一緒に学んでみようかなーと思った方は、こちらまで気軽にご相談くださいね^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
記事下_バナー_ブルー
※ホームページのある方は、ホームページのURLも一緒に貼ってくださいね^^
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
《 Twitter気軽にフォローしてね 》

 

《 Instagramもやってます 》
Instagram

 

>———————————<
2015年10月のブログ記事ランキングです
2015年9月のブログ記事ランキングです
2015年8月のブログ記事ランキングです
2015年7月のブログ記事ランキングです
2015年6月のブログ記事ランキングです
2015年5月のブログ記事ランキングです
2015年4月のブログ記事ランキングです
2015年3月のブログ記事ランキングです
2015年2月のブログ記事ランキングです
2015年1月のブログ記事ランキングです
>———————————<

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。