「伝える手段」としてのテキストに価値がでる理由って?

292 views

「伝える手段」としてのテキストに価値がでる理由って?

 

 

おはようございます。
アナデジマーケティングで集客&販促を応援しているウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。

ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてください。
Instagram  Instagram  良かったらフォローしてね。

ーーーーーーーーー
テキストに価値がでる時代
ーーーーーーーーー

今だからこそテキストに価値を持たせることが重要?

結局、今も昔もここのスキルの価値って変わらないんだと思います。

そう思ったのは、LINE株式会社・上級執行役員 田端信太郎氏の記事を見たときのこと。
http://diamond.jp/articles/-/79216
これ結構シェアされてた記事です。興味のある方は上のリンクから読んでみてくださいね。

僕が気になった部分は、ここ。
電子工学的には、情報量は
「動画>静止画>音声>テキスト」

人間が実際に感じる情報量は、これとは逆に、
「テキスト>音声>静止画>動画」

図で示すとこんな感じ?
テキストの重要性
人間は左脳と右脳があるように、人は機械的なことだけでは説明できないってことなのかなって思います。
小説等って完全に人が感じる情報量側かなって思うんです。
テキストを読んで情景を頭でイメージする。記事にも書かれていますが、そこが大きく電子工学的なものと異なる部分。つまり” 人 ”であるということですよね。
僕は殆ど小説は読みません。東野圭吾有川浩は読みます。なぜと言われても難しいのですが、単純に好きなんですよね。東野圭吾は元々物理系出身の方(確か)僕も学生時代、物理大好きだった、そのせいかな?それとも考え方が数学、物理寄り?まぁそんな感じ。有川浩はなんでだっけ???笑。あ、視点が面白いと思ったんです。特に「レインツリーの国」あ、今映画で公開している「図書館戦争」も有川さんの作品ですね。
といいつつ、つい先日久々本屋に行って手にしたのが東野圭吾さんのこの本でした。「虚像の道化師」。

また、話が逸れた(笑)

この記事を僕なりに思ったことなんですが、
人間工学的な流れって、これは例えばGoogleさん対応だったりとか、SEO対策と呼ばれるもの。反対に人が感じる情報量は、デジタル上のお店を見にきて色々見て回る。そのときの商品(美容室でいうとヘアデザイン、ネイルサロンならネイルデザイン、エステなら施術写真やビフォーアフター、雑貨屋さんなら、1商品)の説明を見る。”ただ”の商品説明のテキストか、頭でイメージできるテキストか、ここが大きく差がでてくるポイントと仮定するならば、このテキストが重要視されるのは納得がいきます。ましてや、数年前では考えられないほどの情報量が毎日一瞬一瞬生み出されてる現代だからこそ、この” テキストの価値 ” って重要だと思います。

良いこと書いてあるけど、文章が浅かったり、人の言葉を借りた投稿だったり、あるものに対して意見するとか、反発してるだけの記事、、、^^;と 色々あります。

でもそれぞれそのテキストに共感したりするから、人がバラけていくのは当然のことだと思います。

例えばヘアデザインのデザインコメントのテキストが浅かったら、上図を見るとそのパワーバランスで静止画の魅力が低減することになるかなと思います。
写真が素敵でもその威力は半減してしまう可能性があると思います。
逆にテキストだけでイメージが湧いたらどうでしょうか?そこに静止画であるヘアデザインが乗ってくるイメージできますでしょうか?それが素敵なヘアデザインとして認知されたら、間違いなく僕はそのお店のブランド価値が高まると思います^^
なんでかっていうとね、そういう文章書くためには、かなりのトレーニングが必要となるからですね。
そのトレーニングって一番逃げ出しやすいトレーニングだからです。

今からやればまだまだ大丈夫です^^

ぜひ一緒に楽しんでトレーニングしましょう♪

 

 

 

もし記事に共感したらシェアしてお友達に伝えてあげてくださいね(-_^)

 

 

あ、最近スタギャラって?という問い合わせがあるので、こちらを見てみてください。
[集客できるヘアカタシステム] 発信して集客&売上をあげたいサロンさん必見!

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

楽しいを仕事に♬

 

>———————————<
一緒に学んでみようかなーと思った方は、こちらまで気軽にご相談くださいね^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
記事下_バナー_ブルー
※ホームページのある方は、ホームページのURLも一緒に貼ってくださいね^^

 

 

>———————————<
2015年9月のブログ記事ランキングです
2015年8月のブログ記事ランキングです
2015年7月のブログ記事ランキングです
2015年6月のブログ記事ランキングです
2015年5月のブログ記事ランキングです
2015年4月のブログ記事ランキングです
2015年3月のブログ記事ランキングです
2015年2月のブログ記事ランキングです
2015年1月のブログ記事ランキングです
>———————————<

 

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。