なんでもかんでも費用対効果って言ってる人、大丈夫ですか?投資対効果と区別つけないとスタッフのモチベーションがさがる。

7,201 views

なんでもかんでも費用対効果って言ってる人、大丈夫ですか?投資対効果と区別つけないとスタッフのモチベーションがさがる。

 

こんにちは。
アナデジマーケティングで現場スタッフの人間力と売上をあげるサポートをしているウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。

ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてください。
Instagram  Instagram  良かったらフォローしてね。

ーーーーーーーーー
費用対効果と投資対効果の違い
ーーーーーーーーー

費用対効果と投資対効果は違うんですよ

結構過激なタイトル言っちゃいました(笑)
費用対効果と投資対効果の認識を間違えるとどうなるか?
一向に会社の資産が溜まりません!
スタッフは成長しません!相談される中で一番多いのがこれです。。。オーナーの気持ちとは逆にスタッフのモチベーションが下がる。。。。

なぜ?

それは経営者がこの「費用対効果」と「投資対効果」の意味を理解していないのが問題だからです。これも業界の悪しき習慣だな〜と思う。なんでもかんでも「それやるとナンボ儲かるの?」という口癖のようになっている習慣(笑)バカにしているのではなく、今そう言ってる人も先代の人が言ってたんですよ、きっと。だから、同じように言う。そう考えるとサロンオーナーと言うよりは周りの関わる会社の問題でもあるのかもしれない。だって、誰も反論しなかったと言うことですから。

だって、この言葉の違いが分からないサロンの現場スタッフのモチベーションめっちゃ下がってるんですよ!!!と言うことにオーナー自身が全く気づいていない。。。ですから、この記事はしっかりと区別を持って欲しいと思って書いています。

 

経費削減もいいのですが、売上をあげてくれるスタッフの根本スキルを高める「代償の先払い」が先!

経費削減の旗を掲げる方もいます。

それ自体は間違っていないのですが、色んな成功している経営者と話をしていると、その方たちは経費削減の前にもっとやるべきことがあると言っています。それは部下やスタッフの能力開発への投資です。これには、ぼくも納得です。多くの成功者が口にしている言葉があります。それは「代償の先払い、つまり能力開発が先!そのあとに利益!」と言うもの。つまりスキルがない人が売上をあげられるわけがありません。そのための能力開発に投資を先払いするのは、当たり前のことですよね。

これホームページでも同じことが言えます。管理費や数字を取っているスタッフがやりたい!と言うものも「じゃーこれの費用対効果はどうなんだ?」と少々会話にならない会話をしていたりするそうです。ぶっちゃけ管理費程度ならオーナーが1回飲みに行くのをやめれば払える額です。寧ろ「それは今より年間どれくらいかかるのか?そうか、それほどやってみたい!結果を出したい!と思っているんだね、よーし、責任持ってやってみろ!但し、1年でなんかしらの成果が見られなければ中止するけどいいかい?」と言うオーナーにぼくは接することが多いです。

ぼくはこう言うオーナーの元で働いているスタッフさんってやっぱ生き生きして、1〜2年で爆発的にエリアのサロンとの差を大きく広げています。ね、このケースは「投資対効果」の利益を得たわけです。もちろん、無駄な費用は払いたくありません。ですが、言葉の意味が分からないと全て無駄という判断をします。

 

どれだけ経費削減をしたところで限界はあると思います。しかし、スタッフの成長はどうでしょう?

 

無限大です。

 

目先のことを追うと経費削減がファーストになる。そうするとね、社員の身動きが封じられさらにモチベーションが下がる。「あれもこれもダメ!その費用対効果は?」と言われ続けて、その内、「どうせ無理だから言うの止めよ」となります。ぼくが広告代理店のときは社長は攻めてた。やるぞーー!ってなってた。あの時に「あれもやるな!経費の無駄だ!」「これもダメだ!経費の無駄だ!」なんて言われたら指揮は上がらなかったと思います。

 

費用対効果と投資対効果の違いをご存知ですか?

ここで一度、費用対効果と投資対効果の違いについて触れようと思います。こう書かれています。
ーーーーー
例えば、マーケティングの施策を行う場合、単にアポイントの獲得だけが目的なら、費用対効果ということになります。これに対し、 潜在的な見込顧客との関係構築や顧客情報の収集が目的なら、投資対効果となります。また、新製品の認知度向上を目的として新聞広告を出したなら、費用対効果になります。ブランドの信頼性や価値向上を目的として広告を出したなら、投資対効果になるでしょう。
ものづくり.com 引用)
ーーーーー

費用対効果:費用の投入を停めると、同時に成果もでなくなるもの
投資対効果:将来得られるリターン(便益)を期待して投資するもの

 

費用対効果だと主に人を集める媒体ですね、ホットペッパー、ビューティーナビ、楽天ビューティー、リクエストQJ、、等のポータルサイトへの出講や、地域誌等の紙媒体への出稿を指しますね。お金を払わなくなった瞬間、集客は止まります。投資対効果だと、お客さんの信頼、安心、関係性を築くホームページ、お客さんの利便性を考えたネット予約、お客さんのことをもっと知るための顧客管理システム等が該当すると思います。

 

例えば、技術セミナーや他セミナーも投資対効果ですよね。技術セミナーを受けて将来得られる売上を期待して投資するわけです。そのスタッフに翌日から「費用対効果を示せ!」って言わないですよね(笑)

 

あ、話を戻しますね。

 

一向に会社の資産が溜まりません!
スタッフは成長しません!
これなんでかって言うとね、ホームページ、ネット予約、顧客管理システムがただあっても使えなかったら、使おうとしなかったら威力は発揮しません。例えば分かりやすい例でいうと、ホームページ。以前はな〜〜〜んもしなくても、SEO業者とかが不正なリンクをた〜〜っくさん貼って順位を上げたりしていた。だから、ブログを書かなくても順位は上げられていた。お金を払えばね。その他人依存の体質が「費用対効果」になってしまったと思います。ホームページは確実に「投資対効果」に決まってるでしょ。

 

 

でも、Googleさんの厳しい規制が貼られた今の時代は、今まで通用していた不正リンクを排除。ブログというか情報発信しなければいけないし、ソーシャルメディアを使って情報発信して常に新しい情報を発信しないと価値がでなくなっています。つまり置いてあるホームページでは集客すらできない時代になってしまったってことです。ホームページを作れば集客できるという今までの理論が脆くも崩れ去ったということです。

 
はっきりいうとね、時代が大きく変わった!

 

時代が大きく変わった。今までのやり方では通用しない時代がどんどん近づいている

だから何でもかんでも費用対効果という人は現実を受け入れてない口癖のようなものになってしまっている。結果、発信スキルは上がらない、そこで働くスタッフの影響力もない、情報資産も貯まらない、つまりGoogleさんからもサイトを探してくる人にも接触できない、つまり価値を提供できていないということになるわけです。

 

更に危険だと思うのが、ポータルサイトで予約だったり、顧客管理を導入しているお店。費用対効果側(ポータルサイト)の媒体に、顧客情報を渡していると将来得られるリターンを期待できるのは、ポータルサイト側であるということ。なぜそれが危険なのか?分かりますか?

 

「聞きた〜〜い!」「全然わからないからおせーてー!」って声があれば、今度書きますね(笑)偉そうに言ってるわけでもなく、上から言ってるわけでもなく、あなたの大切な情報資産を守って欲しいから言ってます^^飲食は仕方がないかもしれませんが、美容はまだ防げると思います。

 

 

一番に投資すべきは能力開発‼︎

物事の優先順位が組織を決めると思う。

経費削減を優先事項に入れることではなく、まず稼げる人財を育てることが重要だと思います。

1986年イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが提唱した80:20の法則がこれに当たります。

「 2割の優先順位で8割の利益を生む 」というもの。

この2割にぼくは能力開発が入ると思う。

「 企業は人なり 」と言われますが、まさにそう。

” 利益が欲しかったらまず能力開発をすること ” 

これはぼく自身もサラリーマン時代や今の個人事業でもすごく体験していることです。

ぼくの場合は、この能力開発を優先順位に入れたことで、利益は大きく増えてきました。

 

ぼくが今あるのは、この優先順位の一番に ” 能力開発 ” を入れたこと。

それぐらい重要だし、これが組織となったら何倍にも返ってくると思います。

 

環境が人を育てる。

この言葉は本当に奥が深いです。

 

投資対効果と費用対効果。

 

使い分けを間違える、使う選択を間違えると恐ろしいですね。

 

 

その投資が投資なのか費用対なのか。

 

選択を間違えないようにしたいですね。

 

何かひとつでもお役に立つ情報があったら嬉しいです。

ウスイッチ

んじゃ!

 

 

【人間力と売上が上がるアナデジ研修概要はこちら 】
アナデジ補習改めプロフェッショナル研修

 

 

【 ぜひ読んで欲しい記事 】

>———————————<

1)結構やってる人が多いので、これは注意してね!

2)なんでもかんでも費用対効果って言ってる人、大丈夫ですか?

3)デビューした美容師さんは、その後、どうやってお客さんを増やしていくのか?

4)美容院のブログに載るお客さんってどんなお客さんなの?

5)今なら^^初めてご来店されるお客様に限り。。。

6)美容室数と人口の推移を比較したことありますか?

7)あなたはホットペッパービューティーより忘れられない努力をしていますか?

8)なぜあなたの売上が上がらないのか?あなたがお客様から支持されない理由。

9)ブログ等を発信しているのに反応や結果がでない人へ

10)あなたが送るDMで一番やってはいけない3つのこと。来たら嬉しいDMってどんなDMだろう?

>———————————<

 

《 初めての方へ。共感したらFacebookで気軽にフォローしてくださいね 》

フォローしていただくと、投稿をした際ウォールに表示されるようになります。

それがウザ〜と思う方はやめてくださいね(笑)

 

 

【 ブログ等の発信が苦手な方へのご提案 】

ブログ書くの、発信するのが苦手って人には自分の商品を効率良く&分析できるヘアカタシステム「スタギャラ」を使うという手もありますよ^^

[集客できるヘアカタシステム] 発信して集客&売上をあげたいサロンさん必見!

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

楽しいを仕事に♬

【 気軽にご相談、問い合わせしてくださいね^^ 】

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。