ソーシャルメディアで最低限守っておいた方がいいと思う3つの項目。

212 views

ソーシャルメディアで最低限守っておいた方がいいと思う3つの項目。

 

こんばんは。
アナデジマーケティングで集客&販促を応援しているウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。

ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてください。
Instagram  Instagram  良かったらフォローしてね。

ーーーーーーーーー
ソーシャルメディアで守るべき3つのこと
ーーーーーーーーー

 

 

ソーシャルメディアで最低限守っておいた方がいいと思う3つの項目。

僕はビジネスで使っている人は最低限やった方がいいと思う。
なんでかっていうとね、友達リクエストだけポチって押してくる方いるでしょ?そういうときね、僕は僕なりに関係性を大事にしているので、下記の3ポイントを見ます。知らない人、興味のない人と繋がる気がないからですよね。自分と関わりのある人を見たいわけです。もちろんその中でも分類分けしています。

これって人間関係と同じです。
友達リクエストぽーんと送って、、、
自分の情報を全く書いてなくて、、、
自分の顔写真もなくて、、、、、、、
そんな人と

 

 

なんで友達になれるのーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!笑

 

 

だから、ちゃんと書きましょうね(笑)

 

はい、その3点はこちらを見てみてください。

 

1)概要と顔写真
スクリーンショット 2015-09-17 18.37.17
あなたは何者なのか?
ホームページはあるのか?
いくつぐらいの人なのか?
顔写真は絶対に必要ですよね。
恥ずかしいという方、大丈夫ですよ!
そんなに見られてませんから!

実際に会ったときにソーシャル上の顔とリアルで会った顔が同じだったら、、、、、安心しませんか?
そういうことです。

 

2)職歴と学歴
スクリーンショット 2015-09-17 18.37.56
直近の職歴は書いた方がいいと思います。
職歴の中にエクスマが入っているのは、書く箇所が間違ってるので触れないでください(笑)
3)自己紹介
_2__碓井_勝範
自己紹介は書きましょう!
なんでかっていうと、ホームページ同様お客さんに見られてますよ^^
たかが基本情報ですが、信頼とか安心とかに結びつきませんかね?そういうちょっとしたことって。
Facebookをソーシャルメディアをやっているなら、最低限のリテラシー持ってないと、学んでた方がいいと思います^^

 

 

分からなかったら相談してくれれば、分かるようになるわけですから。聞けばいいですよね。
僕じゃなくても周りにコンサルタントの方に依頼すれば、セミナー受ければいいですよね。

ソーシャルメディアの情報を読んで、問い合わせしていただいて成約したら、セミナー代なんて安いもんですよね。その後もずっと使えるわけですから^^

 

 

 

 

では。

 

 

あ、最近スタギャラって?という問い合わせがあるので、こちらを見てみてください。
[集客できるヘアカタシステム] 発信して集客&売上をあげたいサロンさん必見!

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

楽しいを仕事に♬
>———————————<
一緒に学んでみようかなーと思った方は、こちらまで気軽にご相談くださいね^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
記事下_バナー_ブルー
※ホームページのある方は、ホームページのURLも一緒に貼ってくださいね^^

>———————————<
2015年8月のブログ記事ランキングです
2015年7月のブログ記事ランキングです
2015年6月のブログ記事ランキングです
2015年5月のブログ記事ランキングです
2015年4月のブログ記事ランキングです
2015年3月のブログ記事ランキングです
2015年2月のブログ記事ランキングです
2015年1月のブログ記事ランキングです
>———————————<

 

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。