写真が載っていないお店に初めていくのは不安。。。絶対行かない。

290 views

写真が載っていないお店に初めていくのは不安。。。絶対行かない。

 

 

 

こんにちは。
アナデジマーケティングで集客&販促を応援しているウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。

ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてください。

ーーーーーーーーー
スクリーンショット 2015-08-15 23.36.31
ーーーーーーーーー

写真が載っていないお店に初めていくのは不安。。。絶対行かない。

魅せる職業にはすべて当てはまるのかなって思う。
なんでかっていうと、これリアルな声だから。
僕はこの数年ずっと言い続けていること。
今こそヘアデザインという提案書に価値がでると。
だからただのヘアカタを作っているのではなく、お客さんに届くように作ったヘアカタシステムを僕は販売をしている。
価値を打ち出す、Googleさんからの評価が上がる、既存のお客さんが反応する、新規のお客さんが来店する。
こういう流れ。

でも、よく見るのは、こちら。(ヘアスタイルの場合、特にこうなっているケースが多い。)
一言でいうと、他の畑で野菜をたくさん作っている(下図127スタイルも)のに、自分の畑はほとんど野菜を作っていない(自社の認識されているスタイルは1個)って言えば分かりますかね。
オロ_ORO
そのお店の方針があるので、一概には言えないけど、ひとつ言えるのは僕はこれはよろしくないと思う。
図で示しますね^^
こんなイメージです。
伝わりますかね?^^;
スクリーンショット 2015-08-15 17.44.41
自分の商品を売れるところに置くのは間違いではないと思う。
僕は同時に自社のホームページも鍛えていかないといけないと思う。

ホットペッパーに127スタイル掲載
していて、
ホームページには1スタイル掲載
(実際は何十スタイルあるのですが、Googleさんが認識しない方法なので、Googleさんから見たら1スタイル扱い)

ここもの凄く大事な部分だから言っておきます!
時代が大きく変化しているのに、やり方が全く変わらないのはリスクになります。
なんでかっていうと、
1)媒体は常に市場に合わせて料金が変動する
2)知的財産・情報資産が会社に蓄積しない
=Googleに見つけてもらわないようにわざとしている行為
3)発信の質が、何年経っても良くならない。
だからです。

以前書いた凄く反応があった記事です。
「楽」=「失客」 を意味しているのご存知ですか?ホームページやブログを見にきていただくお客さんをなぜ逃がすのか?
(まぁ僕の記事が多くの人に届くことはないので、見てくれる人だけでも届いたらって思う。)

 

これネイルもヘアデザインも同じでお客さんが言っているんです
写真が載っていないお店に初めていくのは不安。。。だから、そのお店には絶対行かない。」と。
見て選べるモノが多くなった
だから、それが用意されていないと、、、、これから売上をアップさせようとしている人は絶対的に必要になってくるってこと。

 

 

 

今の市場(時代)を認識し、一般の声を聞いて、安心して来店されるお店ってどんなお店ですか?

 

 

 

 

 

僕の記事を読んで共感頂けたら、みなさんの参考になれば、それが一番嬉しいです^^

 

 

では。

 

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

楽しいを仕事に♬
>———————————<
一緒に学んでみようかなーと思った方は、こちらまで気軽にご相談くださいね^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
記事下_バナー_ブルー
※ホームページのある方は、ホームページのURLも一緒に貼ってくださいね^^

>———————————<
2015年7月のブログ記事ランキングです
2015年6月のブログ記事ランキングです
2015年5月のブログ記事ランキングです
2015年4月のブログ記事ランキングです
2015年3月のブログ記事ランキングです
2015年2月のブログ記事ランキングです
2015年1月のブログ記事ランキングです
>———————————<

&nbsp

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。