クリスティアーノ・ロナウドが広告塔。だからSIXPADの値段が上がるわけだね。

349 views

クリスティアーノ・ロナウドが広告塔。だからSIXPADの値段が上がるわけだね。

 

こんにちは。
アナデジマーケティングで集客&販促を応援しているウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。

ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーー
明日の飛行機が飛ばない可能性がでて凹んでるウスイッチです。。。。
マジか〜〜〜。。。
飛んでくれないかなぁ〜。
って、自然には勝てないのか。。。なんてブツブツ独り言を言っています(笑)
ということで、今日はSIXPADの話題を。(意味不明だし。笑)
スクリーンショット 2015-07-15 17.09.04

————————–

SIX PADちょっと前から興味津々だった。

実は気になっていた一品。「SIX PAD」(ホームページにリンクするよ)
最近本当に40になってお腹のお肉が落ちない。。。
以前はちょっと腹筋やれば落ちていたお肉。
今は、微動だりしません(笑)
ジムも仕事柄定期的に行けるわけではないので、中々難しく。。。
だからね、このしながら運動に興味を持っていました。


って動かないから余計デブになるんだよ!

その通り!笑

スクリーンショット 2015-07-15 17.21.38

クリックすると購入画面にリンクするよ

さて、話を元に戻して。
広告塔はあのクリスティアーノ・ロナウド。
ミーハーな僕はついつい

この「ご購入はこちら」をクリックしそうになってました。。。。
買う理由があったから、余計ですね。

でも、お腹用と腕用(2個)3点揃えると、59,400円!
うん、高い。。。。
お金持ってる人は簡単に買うんでしょうけどね。。。僕はちょっと(汗)

で、たまたま、SIX PADと機能は同等でお値段がリーズナブルな一品を教えてもらいました^^
しかも、ソーシャルメディアで連絡を取り合ってたわけです。

ロナウドをキャスティングしている時点で相当のギャラが発生している。
ロナウド自身きっとSIX PADを使ってない。
だってサッカープレイヤーだから、専属のトレーナーやトレーニングメニューがあるから。
まだまだこういう昔からの広告スタイルがありますね。
って、僕はそういうのを買ってきてた一人なので、よく理解できます(笑)

 

 

なんとなく伝わってますかね?

 

広告費をかける     > 商品の値段が上がる
広告費をかけない > 商品の値段が下がる

当たり前ですね^^;

 

 

だから僕は結局その同等の機能の方を買いました♫
だって同じモノなら安い方がいいじゃないですか?買いましたがとってもリーズナブル♫同じ機能ならこっちで僕は十分でした。
営業マンも知らないし、モノだけが一人歩きしているモノです。

 

昨日からやってますが、今日既に筋肉痛バキバキです^^;

 

時代が変わってもキャスティングによっては、昔と変わらずにモノが売れ続けるんですよね。
でも、金額の桁が違いそうですが。。。^^;

 

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

僕の記事を読んで共感頂けたら、みなさんの参考になれば、それが一番嬉しいです^^

 

 

では。

 

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

楽しいを仕事に♬
>———————————<
一緒に学んでみようかなーと思った方は、こちらまで気軽にご相談くださいね^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
記事下_バナー_ブルー
※ホームページのある方は、ホームページのURLも一緒に貼ってくださいね^^

>———————————<
2015年6月のブログ記事ランキングです
2015年5月のブログ記事ランキングです
2015年4月のブログ記事ランキングです
2015年3月のブログ記事ランキングです
2015年2月のブログ記事ランキングです
2015年1月のブログ記事ランキングです
>———————————<

 

 

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。