休日にブログを書くと仕事モードに戻るのでON/OFFの切り替えが難しい

133 views

休日にブログを書くと仕事モードに戻るのでON/OFFの切り替えが難しい

 

こんばんは。
アナデジマーケティングで集客&販促を応援しているウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。

ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーー
今日は継続発信のシンドさについて書いてみました。
スクリーンショット 2015-07-06 0.10.14

ON/OFFの切り替えが難しい

平日は忙しいからお休みの日にブログを書こう!って思ってる方いますか?
でも折角の休日。
何も考えずソーシャルとか一切やらない環境でいたい。
そう思ってる人もいると思う。
実際にあったスタッフさんの意見。
「休日にブログを書くと仕事モードに戻るのでON/OFFの切り替えが難しいんす」

OnとOFF。
これって発信しようという意識が高いからでる悩みだと思う。
発信していない人にそもそもこの悩みはでないしね。
ONとOFFが分かれてない人に今は分けないのが普通、とか言ってもその人にとってはONとOFFの切り替えが大事だったら、どんな人に言われても受け入れられないわけで。^^;
(僕の場合のONとOFF、、、、うーん、歳を重ねれば重ねるほど分ける意味が分からなくなってきている状態。笑)
自分のペースがある。
受け入れる受け入れられない、人だから仕方がないですよね。
無理難題を出して気合でこなせーーーー!ってのは僕ら世代までじゃないでしょうか?笑

だからね、難しい方向に考えないで、こう考えたらどうでしょうか?

 

 

OFFの時間にやらない方法を見つけ、少しのキツイをやってみる

休日にやると仕事が頭から離れない。。。
仕事が好きじゃないからでしょ?といえばそれまで。
でもね、仕事が好きでもそう単純にいかない時もある人にはある。
だからね、OFFの時にやりたくなかったら、やらないようにするためにはどうしたらいいのか?を考えてみる。
1日1記事、1ヶ月5スタイル。
としたとき、大げさに言うと
1日に10記事、3日で30記事書いて保存して、あとの27日は公開するだけ。
1日に5スタイル撮影して、1週間に1スタイル更新していく。
やらない方法を見つけようとすると見つかりませんか?

 

やらなければならない発信。
これはマストだとしたら、何をどうするか?じゃないでしょうか。
「いや〜それは私に向いてないので、やりたくありません。」
言ってしまうのは、非常に簡単であり、逃げでもあります。
それに向かったら次から次へ壁がでてくるものです。正直キツイこともありますよ、そりゃ。
それを乗り越えるから成長するんですよね^^

 

これでできないと理由、少しは消せたんじゃないでしょうか^^

 

 

俺は、私は、発信するためにこの職業になったわけじゃねーーー!って人もいるでしょう。
でもそれをやってる人が多いということは、それで効果がでている人がいるってことでしょう?
だから、まずはやってみるって凄く大事。
徹底的にやって合わなかったらやめればいいんですから。
ただやらずに、それをやっても無駄とかは言ってはいけないと思う。
それはやってる人に対して失礼だから。

 

 

まずは行動、やってみましょう。
そこで必ずと言っていいほど、壁がでてきます。
試行錯誤して、チャレンジしてみて、もしそれでもできなければ、僕に気軽に相談してみてくださいね^^

 
ここを越えると、読んでくれる人の顔が見えてきて、継続することが苦にならなくなってくる段階にいくと思います^^

 

 

僕の記事を読んで共感頂けたら、みなさんの参考になれば、それが一番嬉しいです^^

 

 

では。

 

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

楽しいを仕事に♬
>———————————<
記事下_バナー_ブルー
一緒に学んでみようかなーと思った方は、こちら まで。
※ホームページのある方は、ホームページのURLも一緒に貼ってくださいね^^

>———————————<
2015年5月のブログ記事ランキングです
2015年4月のブログ記事ランキングです
2015年3月のブログ記事ランキングです
2015年2月のブログ記事ランキングです
2015年1月のブログ記事ランキングです
>———————————<

 

 

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。