デジタルデトックスって知っていましたか?

183 views

デジタルデトックスって知っていましたか?

デトックスって解毒だよね?笑

 

こんばんは。
美容室専門
スタッフ成長促進アドバイザーのウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。

ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてくださいね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎ デジタルデトックスって知っていましたか?

ニュースでたまたま聞こえてきたワード「デジタルデトックス」。
2015-03-04 23.14.16
今、インターネット依存傾向の成人が2008年に比べて1.5倍になったというニュース。
簡単にいうと「依存症」。
番組では結婚した夫婦がインターネット依存にハマった生活を取り上げていました。
会話はスマフォやインターネットをやりながら話す。特に何もなければ互いにスマフォやパソコンに向き合う。。。
なんじゃこりゃ?って思ったのでググってみた。

 

デジタルデトックスとは?
日本人は平均して週に49時間インターネットを利用しており、5人に1人(19%)が「インターネットがなかったら3時間以内に禁断症状を覚えるだろう」と回答したことからITへの過度の依存が問題となっている。その対策の一つとして、スマートフォンやパソコン、ゲームなどすべてのデジタル機器に1日~数日まったく触れないことで、現実のコミュニケーションや自然の姿を認識し依存度を低めようという動きが個人・企業などで出てきている。「デジタルをデトックス(解毒)する」との意味から、米国でこの名称がつくられた。
コトバンク参照)

 

週に49時間。平均1日7時間。
ん?

 

ちょっとまて。。。。

 

僕は???

 

いやいや、1日7時間はしてないですね^^;

 

ライフスタイルで考えてみると、、、
睡眠6〜7時間
会社8時間(休憩1時間)
となると、この残りがプライベートということになります。

プライベートの時間は、24時間ー7時間(睡眠)ー8時間(会社)=9時間。
2時間以外すべてデジタルに触れているというわけです。
こう考えると、、、ヤバいよね!

デトックスするための会なんかもあるようです。デジタルの進化は他でビジネスが生まれていくことにもなるわけですね。

 

 

◎ 疎外感、寂しさ、乗り遅れ感がキー?

なんだか見ていて思うことがあります。
それは「疎外感」や「寂しさ」、「時代に乗り遅れ」というワード。

例えば、今ソーシャルメディアがなくなっても、あなたはあなたの仕事が今まで通りいきますか?ってことかな?違うかな?

なくなればデジタルデトックスは崩壊すると予想されます。
だってどう考えてもスマフォとソーシャルメディアがそうさせたと思わざる得ないわけです。

でもね、今までのようにはいかないのも現実です。
発信してなかったら、、、取り残されます。少なくともビジネスをやられていると思っている方々は。
理想で会社はできないと思いますし、技術だけに頼っても今は淘汰されてくるのだと思います。

 

ニュースでデジタルデトックスと言ってる時点で僕はどうかと思いますね。
だって自分のさじ加減の問題ですよね?
テレビだったら、デジタルデトックスにならないための方法をキャスターがやったらいいと思います。わざわざ専門家の話を聞いたりしてても、あまり意味がないと思いますしね。
だって専門家はその夫婦のことを、そもそも知らないですしね。
どんなライフスタイルをしているかは表面上のことですから。

 

マイナス面に引きずり込むのが日本のメディアなのかな〜。。。。そうだとしたら残念だな。。。。

っと、ニュースで聞いたことを話題にしている僕も、、、残念なんだろうな、きっと(笑)

 

 

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

楽しいを仕事に♬

 

>———————————<

一緒に学んでみようかなーと思った方は、こちら まで。
※ホームページのある方は、ホームページのURLも一緒に貼ってくださいね^^

>———————————<

ランキング記事まだ読んでない方は見てみてね!
2015年1月のブログ記事ランキングです
12月のブログ記事ランキング
11月のブログ記事ランキング
10月のブログ記事ランキング
>———————————<

 

 

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。