ヘアスタイルの見せ方の追求。

253 views

ヘアスタイルの見せ方の追求。

 

ヘアスタイルは商品という考え方。あ、そう思わない方は絶対に読まないでね。

こんにちは。
美容室専門
スタッフ成長促進アドバイザーのウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。

ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてくださいね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

◎ ヘアスタイルは商品という考え方

僕は3年前から言い続けていることです。「ヘアスタイルは商品である」と。「見て選べるモノ」があるとお客さんが寄ってきて、その中から「選んで」いきます。商品(画像)はスマフォの登場によって誰でも気軽に撮れるようになりました(クオリティ除く)そして、今、僕のお客さんには第二ステップでもある商品説明をお客様に届くようトレーニングをしていただいています。1年かけて行うことで「伝える力」が養われますよね^^ 本当にスタッフさん見てて凄いな〜と思います。伝える力が養われるということは、商品に価値(技術や店販)をつけるということになります。ヘアスタイルも店販もモノです。モノに価値をつけるのは人間ですよね。

 

 

◎ ヘアスタイルの見せ方の追求〜ヘアスタイル詳細ページは提案書〜

ヘアスタイルの見せ方って、ある程度出尽くした感がありますか?
僕はまだまだあると思っています。ヘアスタイル詳細ページは僕はお客様に対する提案書だと思っています。つまりお客様へアプローチをする際、より多くの提案書を持っている人の方がお客様の”安心”につながると思うからです。僕は美容師でもないのになんでここまで追求するかというと、美容師さんって時間かけてヘアデザインを作ってるわけです。もちろん好きだからというのはあるのですが、これが売上に結びつかないと意味がないと思っています。そのヘアデザインをお客様にどう伝えたらいいか?そのヘアデザインを通じて予約してもらって初めて売上になります。だから、時間をかけて作ったヘアデザインを商品価値をあげて売って欲しいんですよね。作るだけでは自己満足ですから。

ヘアスタイルって基本スチールです。これからはスチール+動画+ソーシャルメディア(=関係性の構築)をつなげて行こうと思っています^^ これワクワクする〜〜♪。

 

 

今日は東京でも結構雪が積もるみたいですので、足元きをつけてくださいね^^

 

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

楽しいを仕事に♬

 

>———————————<

一緒に学んでみようかなーと思った方は、こちら まで。
※ホームページのある方は、ホームページのURLも一緒に貼ってくださいね^^

>———————————<

ランキング記事まだ読んでない方は見てみてね!
12月のブログ記事ランキング
11月のブログ記事ランキング
10月のブログ記事ランキング
>———————————<

 

 

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。