「リピーター率120% 経営の秘密」セミナーを受講して。

181 views

「リピーター率120% 経営の秘密」セミナーを受講して。

10年3社&50店まで成長させたノウハウを大公開して頂きました。

ーーーーーーーーーーーーー

こんばんは。
美容室専門
スタッフ成長促進アドバイザーのウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。

ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてくださいね。

 

今日の記事をまとめると。

✔️ ビジネスに於いて大事なこと、それは原理原則+夢を語り夢を追いかけること。

 

 

◎ 10年3社&50店まで成長させたコツ

橋本さんのお話、初めて聞きました。
40歳で独立し経営コンサルタントとして、島忠ホームズやカインズホームを手がけてこられたビジネスマン。
その後、1,000カットサロン「カットルーム」を立ち上げ。

50店舗まで増やせたのは、ビジネスマンというかチェーン展開のノウハウがそうさせていると感じました。美容室オーナーには殆どない感覚かもしれません。
橋本さんは独立する美容師さんに問いました。
「独立が目的になってませんか?」と。(1年で数万件の美容室がオープンするが廃業もかなりの数だったことに衝撃を受けました)
店舗展開においては、その先のビジョンが明確になってないといけないと。
なぜお店を独立をしたのですか?それは何のためですか?
この答えがビジョンだと思いました。
それに関する時代背景もあり、僕は凄く勉強になりました。
1974年 僕が生まれた年にはコンビニはなかった。
それがいまや15,000店舗 35,000億円の企業になっている。
この間、たった40年で。
なぜ美容室はそうならないのか?感覚的にそう感じました。

 

 

◎ 企業の血液が儲け(利益)

チェーン展開において客数を増やすことが経営。
売上=客数x客単価
本質は同じだと思ったことは、客数を増やすためにはという部分で、橋本さんがお話されていたこと、それは。
① 来店頻度をあげる
② リピーターをファンにする
①も②もマーケティングが絶対的に大事ですね^^

固定客にするための4大要素、チェーン展開においては必要だと言われた点。
①信頼
②気軽
③豊富
④安さ
仕組みを作り、ただの安売りと全く異なるビジネスモデルを作りだしていました。
ただの安売りとの差は歴然でした。
だから50店舗も増やせたのだと思いました。

 

真理だなと思ったことは、
既存客を死ぬほど愛する
ということ。
これエクスマでも同じこと言っています。

 

技術が先行するとこういうマインドにはならないのかも?って思いました。
また一朝一夕にできる人はいないと感じました。

 

失敗がプロセスなのか?落ち込むのか?
ここの違い、僕は凄く印象的でした。
僕も失敗=成長へのプロセスだと思っているので^^

だっていきなりできることってないですしね。

やりながら、「あれ?こうの方がいいかな?」とか「一回これでやってみようっと」って思って行動しています。

どのビジネスでもそうですが、利益が会社の血液。ここがなかったら存続しないですよね。

 

新規客割引キャンペーンが一番売上に貢献しないということが、橋本さんの話を聞いて実感しました。
僕の方向性も間違ってない!と感じたときでしたね^^

 

 

原理原則+夢を語ることで人がついてくる。そして、商売の基本である利益をもたらし(会社の血液)拡大していくことが成長となっていくんですね^^

 

いやー凄く新鮮なお話が聞けて良かったぁ〜〜^^

 

 

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

 

>———————————<

一緒に学んでみようかなーと思った方は、こちら まで。

>———————————<

ランキング記事まだ読んでない方は見てみてね!
10月のブログ記事ランキング
9月のブログ記事ランキング
8月のブログ記事ランキング
>———————————<
楽しいを仕事に♬

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。