知ってるのとできるのは違う。

199 views

知ってるのとできるのは違う。

 

こんばんは。
美容室専門
スタッフ成長促進アドバイザーのウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。

ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーー
先日斉藤恵一さんの出版記念セミナーに参加しました。
2014-10-31 18.54.02
そのセミナーのお話の中で、考えさせられることがありました。

 

 

◎ 知ってるのとできるのは違う。

知るってこと自体は簡単にできる。
例えばゴルフやったことがない人だとして、ゴルフは知ってるし、パー4って4打で入れればパーって知ってる。
今ならどうだろ?Youtubeとかで検索したら、ゴルフやったことがなくても知識を入れ込むことはできる。
またテクニック面でも知ることはできる。
けど、ゴルフやってといきなり言われても、できない。

知ってるのとできるのは違う。
そういうことですよね。

これ、こういう手を動かしたり、体を使うときには分かりやすいのですが、これが頭となったときどうですか?

 

 

 

◎ できるように行動すること

だから、頭の「できる」を実現するためには、行動が伴うのだと思う。
誰かの話を聞く、本を読む、自分でテストマーケティングする、反応を見る、、、、これすべて行動ですね。

しかもね、できるまで時間がかかる+頭を使うってかなり疲れるんですよね。これ。
「あ〜〜〜〜!もう!!!」ってことなんか毎回ですよね。
僕は毎回ですよ^^
でも、これやらなかったらどう生活していくのってなったらやるしかない。

周りの人見てて思うことは、結局はここで差が一気にでるんだなーと思う。
仕事の一部にしている人と、個を出すとか恥ずかしいし、向いてないしと言ってる人。
今の時代で言うと発信している人としていない人との差は、これからどんどん増していくんだなーと、斉藤さんの話を聞いていて思いました。

 

 

知ってるのと、できるのとは違う。
なんとなく分かってもらえたでしょうか?

 

 

斉藤さんのセミナーを聞いていて僕が思ったことは概ねこんなことでした。

 

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

 

>———————————<

一緒に学んでみようかなーと思った方は、こちら まで。

>———————————<

ランキング記事まだ読んでない方は見てみてね!
9月のブログ記事ランキング
8月のブログ記事ランキング

>———————————<
楽しいを仕事に♬

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。