販促物にシナリオ(体験)を加えると高単価でも反応がでる。

241 views

販促物にシナリオ(体験)を加えると高単価でも反応がでる。

 

こんにちは。
美容室専門
スタッフ成長促進アドバイザーのウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。

ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてくださいね。

 
今日はこれからブログセミナーをします^^
頑張ります!

 

スクリーンショット 2014-10-21 14.21.04

◎ 思い描くシナリオを作る

先日U-REALMの森さんが新店舗オープンに向けてチラシ制作をお手伝いさせて頂きました^^
森さん、ありがとうございました!

許可僕が聞いてないので、まだ細かい部分はお見せできません。
もぅ配っていますけどね(笑)

今回オープン告知チラシということでシナリオを考えてみました。

 

・知ってもらう
当たり前ですが、オープンなので、まずお客さんに知ってもらうってことですよね。

・顔(個)を出す
店長の顔、スタッフの顔を出す。
そして、店長からのメッセージをつけました。
これも何度も森さんには書き直して頂きました。
森さんがお客さんに自信を持ってできること、得意なことをリアルに書いて頂きました。
僕はここが重要だと思っています。
オープンって色んなところで聞くし、似たような打ち出ししてる。
一番違うのは個性です。独自の価値はまずは個を出すところから始まるのだと思います。

・自分たちの得意な技術を魅力的なメニューで出す
ここでメニューばかり載せたりして、こんなに豊富なメニューが揃ってます。
と言いがち。

ですが、今回は絞った且つ、魅力的なメニューで打ち出しました。
しかも高単価です。

Lders1
表面には電話番号もそうですが、アナログ(このチラシ)からデジタルに誘導するために、あらゆる導線を引きました。
予想通り当たりました^^v

Lders2
これ裏面。
一緒に働くスタッフの顔だしを最後に入れています。

また、理由を書いて特典も設けました。
継続的に来店頂けるような特典です。
オープンキャンペーン ¥○○○○ → ¥○○○○ なんて、勿論しませんよ(笑)
これは頭を使わなくても、誰でもできることで最終手段ですからね。

得意なコトを知ってもらうことを重点に考えました。
そして、A4チラシでは伝えることに限界があるので、気になった方はその内容が書かれたブログに確実に来てもらうようにしています。
実際半月でのキーワードに ”それ” が含まれていました^^

 

 

 

◎ 作ったら反応を見ないとダメ

作って終わりじゃダメですよね。
作ってお客さんがどういう行動してくれるか?ここを見ないとマーケティングにはならないと思います。
という僕も以前は作ることが目的でした。。。
でもね、エクスマで視点が変わったら、それではダメだと気付いたんですよね。

結果としては、チラシ制作費用は余裕で回収です!

言いたいことだけ言っているチラシじゃないですから。
店長の森さんの気持ちがこもってるし、+マーケティング要素が加わってますものね。

 

 

◎ マーケティングを覚えると勝手に行動していく

マーケティングって面白いです。
オープン後、お店に遊びに行ったのですが、そこでビックリすることがありました。
森さん、出力した地図を持ってきたのですが。
「ん?なんだ?この印?」
青い点が地図にたくさんありました。
「これなんですか?」
と聞くと、森さん
「来てくれたお客さんの住んでいるエリアを点で示してるんです」と。
ふぇ〜〜〜!
すげ〜〜〜!

 

分かりますか、これ?

 

どのエリアの人たちにこのチラシが響いているかマーケティングしているってことですよ。
区分したエリアで配ってどのエリアが反応が高いのかを見てるってことです。
商売している以上、ずっと続くんですよね、マーケティングって^^

 

これですよ、これ!


販促物にシナリオ(体験)を加えること、反応をみていくこと、大事だと思いませんか?

 

 

 

 

最後まで読んで頂いて、ありがとうございます!

 

 

 

>———————————<

一緒に学んでみようかなーと思った方は、こちら まで。

>———————————<

ランキング記事まだ読んでない方は見てみてね!
9月のブログ記事ランキング
8月のブログ記事ランキング

>———————————<
楽しいを仕事に♬

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。