情報量も膨大、やることも膨大な時代?

217 views

情報量も膨大、やることも膨大な時代?

 

こんばんは。
美容室専門
スタッフ成長促進アドバイザーのウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。

ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてくださいね。

 

この記事を雲の上で書いていました。
スーパー台風が接近してるせいなのか、先程までめちゃくちゃハゲシク揺れていました(笑)

 

◎ それをやる必要性があるか?ないか?

先日サロンさんとお話してたときのことです。
昔は最初に技術を学ぶ、そのときはそれだけで良かったんです、と。
ところがお客さんのニーズに変化が出てきた、それはトータルビューティーという概念だったり接客だったり。
時代の変化に対応するため、メイクを覚えたりフォトを覚えたり、、、カウンセリングが大事だと言われてカウンセリングにかなりの時間をとられることになったり、、、。

今と違ってその都度その都度必要性があったから、真剣に取り組んでこられた、と。
ひとつひとつに、それをやる意味(必要性)があり、時代の流れと共にそう感じてきたからやられてきたわけですね。

 

 

◎ 必要性があるか?それはアナログでもデジタルでも同じなはず

でも今はこれらが既にある状態です。
入社したら全てのことをカリキュラムに沿って覚えていけるわけですよね。
そう思うとこれに更にデジタルもとなると確実に負荷がかかり。
一見大変そうに聞こえます。

が、

本当に大変だったのは先輩方だと思うんです。
何も分からない状況から取り組む、これってめちゃ時間かかるし大変ですよね。
でも今は仕組みができている。
つまり最短で覚えられるようになっているわけです。

 

そういう美容師さんの話を聞けば聞くほどデジタルでも本当は同じなはずなんではないかと僕は思ったり。。。。
今、デジタルがあることで、アシスタントさんでも生産性があげられる時代です。
店販したりヘッドスパ予約入れたり、カラーモデル集めて未来の見込客作りしたり^^

凄い時代じゃないですか?って僕は思う。

カット・カラーモデル100人集めることだって以前は足を使って行っていた。けど今はブログはヘアカタを見てもらって向こうから問合せしてくる。
カットモデルFreeなんてアプリもある。
デジタルを有効活用することで未来の見込客を集めることができるわけです。
更に1記事発信しているだけで向こうから問合せしてもらえる。
その余った時間を使って技術を磨けます。

デジタルを使う必要性がありませんかね?

先日書きましたが
ヘアスタイルの蓄積が確実に予約 現金化 に繋がっていることが分かっちゃったよ
ソーシャルメディアや自社コンテンツを使う意味があるわけですよね。

僕は共感して頂いている美容師さんと、もっとここを突き詰めていきたいなと思っています^^
お客さんが本当に知りたいコトは何だろう?
辿り着いて知れた先にどんな良いコトがあるのだろう?
リアルに来店された時とその先のリピート率=「関係性度」はどうなるんだろう?

 

情報量も膨大、やることも膨大な時代だからこそ、質のある発信をアナログでもデジタルでもしていく仕組みを作っていった方がいいのでは、と思います。

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

 

>———————————<

一緒に学んでみようかなーと思った方は、こちら まで。

>———————————<

ランキング記事まだ読んでない方は見てみてね!
9月のブログ記事ランキング
8月のブログ記事ランキング

>———————————<
楽しいを仕事に♬

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。