日本酒「獺祭」の裏に隠された「杜氏」という職能のシステム化に成功したストーリーに共感

239 views

日本酒「獺祭」の裏に隠された「杜氏」という職能のシステム化に成功したストーリーに共感

 

こんにちは♪
美容室専門
スタッフ成長促進アドバイザーのウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。

ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてくださいね♪

 

 

◎ 福岡入り初日に行った「初心」

福岡入り初日に連れて行って頂いたお店
初心
ここお刺身半端無く美味しかった。
まずは、これ一度は食べてみたかった
呼子直送?イカの生造り。
一言でいうと「甘い!」
ゲソ部分はコリコリ♪
2014-08-28 18.46.32

そして、身の締まった地鯵刺し。
卵とといだタレで食べるのですが、これまた旨し!
2014-08-28 18.50.19
美味しいもの食べるっていいですね^^

 

◎ 初めての「獺祭」

そして、これ。
2014-08-28 19.06.39
瓶だけだと味気ないので、店員の方にご協力頂きました。

これ安倍総理が先日オバマさん来日のときに贈り物として用意された日本酒「獺祭」。
調べてみると、旭酒蔵さんのお酒。
top_lang_main_img
<画像をクリックするとHPにリンクするよ>
画像元:旭酒蔵さんHPより

トップページのコピーがいいですねー
「酔うため 売るための酒ではなく 味わう酒を求めて」

 

 

◎ 「獺祭」の裏に隠された「杜氏」という職能のシステム化に成功したストーリーに共感

更に歴史を調べてみると、実はここの旭酒蔵さん倒産寸前だった。
「獺祭」は日本酒の基となる米から雑味を取る「磨き」を23%まで行う「磨き二割三部」を実現。。。と書かれていましたが、ま、僕にはぶっちゃけ分からないです^^;
ですが、とにかく美味しい。
飲まないと分からないので、気になった方は飲んでみてね。
京橋に獺祭バーというのがあるみたいです。
http://www.dassaibar23.com

倒産寸前の状態からどうやって回復したのか?
経営が傾きかけたときに杜氏(とうじ)も離れていったのだが
(杜氏=日本酒造りの勘と経験を積んだプロ)
桜井社長は「自分たちでやる」決断をしました。
しかし社員たちは知識や経験がありません。
ここで行ったのがデータ分析だったそうです。
詳しくはこちらを見てね。
http://namingpress.com/?p=9776
ここ抜粋させて頂きました。
ーーーーーーーーーーーーーー
桜井社長いわく、データ分析は職人の勘を数値化したもの。
職人のような人間の能力は最後の最後に活かせばよく、
それ以前はむしろ機械に任せた方が、
商品の品質が安定するといいます。
つまり「杜氏」という職能のシステム化に成功したわけです。
ーーーーーーーーーーーーーー

勘を数値化。ここ凄く共感ですね。
開始はアナログ、そして、デジタル、最後にアナログ。
この間のデジタル部分を数値化することで、両サイドのアナログがうまく機能する。

美容師さんのケースだと、
・伝えるための発信(手作業・アナログ)
・発信されたものを読む、存在を知る、共感する人(数値化・見込客)
→機能の活用:ヘアカタ、ブログ、ネット予約
・来店(コミュニケーション・アナログ)

こんなイメージ。

どんなイメージなのーーーーーーーーーーーーーーー?(笑)

 

また逆に、デジタルが発達することで、杜氏はそれほどいらなくなるということ。
エキサイティングな時代ですね^^

 

では!

 

>———————————<

ランキング記事まだ読んでない方は見てみてね!
7月のブログ記事ランキング
6月のブログ記事ランキング
5月のブログ記事ランキング
4月のブログ記事ランキング

>———————————<
楽しいを仕事に♬

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。