ヘアスタイルにストーリーを持たせる意味とは?

210 views

ヘアスタイルにストーリーを持たせる意味とは?

 

こんばんは♪
美容室専門
集客・販促で売上アップアドバイザー&POPアドバイザー
集客相談所のウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。

ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてくださいね♪

 
今日は名古屋のアフェクトさんでヘアスタイル作りから集客、既存のお客さんが寄ってくるヘアスタイル撮影セミナーに参加させて頂いています^^
2014-07-07 11.37.00
<仕込み風景>

 

講師はこの方!
シークレットの田代 周さん。
今日は3回コースの2回目!
前半の話で凄く共感したことがありました。
それは、
「ヘアスタイルに気持ちや想いを込め、それをどう表現できるか?どう伝わるか?を考えてヘアスタイルを作り、撮影する」
という部分。

 

確かに今の世の中、カワイイスタイルは腐る程ある。
ただ単に「ヘアスタイル」で検索したら460万件以上もでてくる。
でも、ポータルサイトや自社ヘアカタログのヘアスタイルを
見てくる人がいる。

 

それはどういう悩みを持った方で、その打ち出しているヘアスタイルが
その方の悩みをどう解消したか?のストーリーが書かれていると
共感・信頼が生まれやすいのではないかと思います。
そこにいくまでのプロセス、過程。
カットやブロー、スタイリングの細部までこだわる技や
想いがある。
実は、美容師さんが一番ストーリー作りには長けている方達なんだと感じます。

 

結果がでている人って、個・ヘアスタイル・想いや気持ち・メニューが
複合的にバランス良くストーリーが立てられている気がします。
その人の考えや想い、安心・信頼が、文章から見えるってことですね。

 

田代さんはこうも言っていました。
「目の前のお客さんを綺麗にして帰したい」と。
こういう想いがヘアスタイル写真に乗移るわけですね^^

田代さんがブローされたモデルさん、
その後ずっと髪を触っていました。
触りたくなる髪ってこういうことを言うんですね。
みるみるうちにモデルさんの表情が変わっていくのも印象的でした。
技術って素敵ですね♪

 

ブログやヘアスタイルのコメントというのは、
そのストーリーを出しやすいモノであり
価値を生み出しやすいモノだと思います。
そこに施術メニューやネット予約がぶら下がる
そんなストーリーを僕は持っています^^ 

 

ヘアスタイルにストーリーを持たせる意味。
それは自分たちの高い技術や想い、考え方を
伝えるモノであり、それが見る側にとっても
価値になるモノ(来店)だと僕は思いました。

 

>———————————<

ランキング記事まだ読んでない方は見てみてね!
5月のブログ記事ランキング
4月のブログ記事ランキング

>———————————<
楽しいを仕事に♬

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。