プロフェッショナルの流儀〜プロサッカー選手 本田圭佑〜

495 views

プロフェッショナルの流儀〜プロサッカー選手 本田圭佑〜

 

こんにちは♪
美容室専門
集客・販促で売上アップアドバイザー&POPアドバイザー
集客相談所のウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。

ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてくださいね♪

 

プロフェッショナル仕事の流儀。
僕はこの番組が好きです。
ワールドカップが始まる前の4月に撮影されたもの。
あ、詳しくはこちらを見てね。
http://www.nhk.or.jp/professional/2014/0609/index.html

好き嫌いが分かれるタイプの人ですかね。本田って。
2話連続で本田の500日を追っていました。
結論からいうと、
もの凄いメンタルが強い人。
というか、自分を奮い立たせるのが上手い人だと思った。
日本人があのACミランでプレーする。
過去の技術、センスからは到底考えられないこと。
それを成し遂げた。しかも背番号10。

ACミランに移籍後の取材時のコメントが、
これってどの業種でもどの会社でも同じことが言えるんだろうな、
と思ってみていた。

 

それが、これ。

20140628-121224-43944425.jpg
20140628-121223-43943594.jpg
上司のやっていることを疑っていると
どうしても生産性が上がらない

確かに!
本田がとった行動は、チームメイト(会社だと従業員)と共有し合うこと。
相手の言うことを受入れながら自分の思ったことを言う。
これは監督と選手、選手と選手。
僕も去年まで会社員でしたが、これは共感できる部分でした。
社長と社員、上司と部下、、、。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
受入れるようで、全く聞いてない。
(聞く姿勢をとるが、心から聞いてないので、部下の信頼有効期限は1日程度)

受入れる前に、話を遮り自分の経験を押し付ける。
(俺らの時代はな。。。これ僕も言ってた気がする。。汗)

自分の能力が基準となっている上司。
(なんでそんなことできないんだ!と理由も聞かず言ったり)

自分の能力を誇示し部下に真っ向からぶつける。
(いやいや、あなたその歳の時、どれだけできたの?)

そのくせ自分は一生懸命やっているとアピールする。
(皆のために動いてんだ!・・・動くのがいけないって言ってるわけじゃないんだけど・・・何してるの?って言ってるだけ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
結局部下は上司が何をやっているのか分からない。
寄り添っているようで、全く近づこうとしない上司。
こんなこと多いんじゃないでしょうかね。
(僕もそうだったかもと思いながら反省の意味も込めて書いてみる 笑)

本田は海外はそういう意味では簡単だと。
結果を出せば変わる。
サラリーマンならノルマいかなくても すぐ首にはならない。
でも、アスリートはそうはいかない。
怪我や成績が残せなかったら容赦なく首になる世界。
追いつめられ度が半端ねーっす!

小学校から中学生に交じって練習したり、
自分に特別な才能がないから、とことん練習してたんですね。

20140628-121222-43942748.jpg
過去は変えられないけど、
未来は変えられる

頑張っている人だけが夢に近づける。
だから頑張ってない人、頑張ろうとしない人には夢には届かない。

20140628-121221-43941900.jpg
バロテッリやカカのような持って生まれた才能はないけど、
ライオンと戦うわけじゃない。
同じ人間なんだから、そこまで差があるわけじゃない。
天才なんて、いない。
だから愚直に練習し、試合に出、何がよくて何が悪かったのかを分析する。
少しずつ良くなっていく。

 

今回ワールドカップは予選敗退したけど、
それは結果として4年後のワールドカップ
に向けてどうするか?
ですよね。4年後、、、うぉ44。

 

ビジネスに置き換えてみると色々なことが発見できますね。
ふぁ〜僕も少しずつしかできないけど、がむがろうっと!

 

>———————————<

プロフェッショナル関連記事はこちら!
http://www.onemore-u.com/?s=プロフェッショナル

>———————————<

5月のランキング記事まだ読んでない方は見てみてね!
http://www.onemore-u.com/?p=14448

>———————————<
楽しいを仕事に♬

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。