今年から1記事1000文字以上書いていた訳。

182 views

今年から1記事1000文字以上書いていた訳。

 

こんばんは♪
美容室専門
集客・販促で売上アップアドバイザー&POPアドバイザー
集客相談所のウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。

ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてくださいね♪

 

今年入ってから、すべて1記事1000文字以上書いている。(多分)
6月今年も半分過ぎた。
というワケではないのだが、今年から1記事1000文字以上書いていた訳を書いてみる。

 

あ、ですので、特に興味のない方は、見ないでね。

まず、2つの理由があって始めました^^

ひとつは、SEO対策の強化のため。(これはセミナーやレクチャーで話しているコト)
ひとつは、自分の文章力(伝える力)のなさを改善するため。

 

ひとつめのSEO対策強化ですが、オリジナルテキストの量と質をGoogleさんは見ているワケですね。
去年辺りから本格的に。
それで去年末にこんなことを考えたワケ。
量:SEO + 質:エクスマ = エクスマSEO というのが僕の価値になると。
会社を辞めたこともあり、色々考えて自分の価値って何だろう?って考えてみたんすね。
そうしたら自分しかできないコト、エクスマSEOだったんです^^

b28611d15e89528ade9d1a118c346c8f_m
続けてると光が見えてくる♪

 

 

 

SEOに強い人ってたくさんいる、エクスマ的思考の方もたくさんいる。
けど、組み合わせてる人は、今のところいない気がする。
どっかにはいるのかもしれないですけどね(笑)
そのためにちょいと文章量が必要だった。
そう思って今年から始めた。

 

そして、もうひとつ、自分の文章スキルアップのためというため。
丁度SEOをやろうと思って文量というのとリンクした。

 

短い文でブログを書いてると気持ち的に楽だった♪

例えば
やっべ今日書いてねー!
う、ちとネタに困った。。。
という時でも、1,000記事以上書いてると、少し考えれば書ける。
慣れもあるしね。

 

不思議だけどね。

毎日200〜300文字以下しか書いてない人は500文字書くの大変だと思う。
あ、数記事ならできるけど半年とか1年という単位になるとね。

更に、1記事1000文字以上となると、かなりハードルがあがる。
しかも、毎日。
(よく見たら何日か記事抜けてた 汗)

 

支離滅裂になる。
特に文章力ないの知ってるから余計。
今だから言うけど、始めの3ヶ月はきつかった。しんどかった。やりたくなかった。(スッキリ♪)
でも、続けた。
だって、ブログセミナーとかやらせてもらってるし、ちゃんと更新しているサイトがgoogleさんは評価するとか言ってるし。(笑)

 

自分でやってなかったら、
「じゃー皆さんがんがん発信してくださいねー!」
なんて言ったもんなら、
「お前書いてねーじゃん!」

って言われるよね。きっと。
言われなくても心の中で思うよ。
僕だったら思うもんね。

 

一応自分の中でまず半年ぐらい頑張ってみようかなって決めて行動した。
だから6月になって、パラパラ1000文字に足りない記事がある。約半年経ったからね。

 

ま、見てる方にはまーーったく関係のないことで
自分で勝手に決めて勝手にやってるだけのこと。

 

でもね面白いんだけど、長く書いてる方が反応があったりする。

というか、下手な文章の僕の記事を長くても読んで頂いてる方に、本当に感謝の気持ちでいっぱいです^^

と書いてる間に、1300文字を超えるわけです(笑)

 

 

何が言いたいかというと、継続してつけた力は、必ず何かの役に立ったりするってことかな。

 

>———————————<

5月のランキング記事まだ読んでない方は見てみてね!
http://www.onemore-u.com/?p=14448

>———————————<

 

楽しいを仕事に♬

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。