どんなに古いヘアスタイルだって見る人にとっては価値になる。だから蓄積が大事!

265 views

過去の古いヘアスタイルだって価値になっている。

 

サッカー日本代表、国際親善試合でザンビアに勝利しましたね ^^
やりました!!!
うまく調整してワールドカップに挑んで欲しいと思います。
観るとサッカーやりたくなるな〜。

 

 

こんにちは。
アナxデジマーケッター ウスイッチこと碓井勝範です。
ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてください。
.

ソーシャルメディアはこちら。
logo_twitter_withbird_1000_allblue
 @kat1173

new-instagram-text-logo @kat_nori

 

 

どんなに古いヘアスタイルだって見る人にとっては価値になる。だから蓄積が大事!

さて、今日の記事です。
「過去のヘアスタイルだって価値になっている」

 

まずはこの図をみてください。
ヘアスタイル 行動フロー
これGoogleアナリティクスで見れる行動フローです。
(リアルな結果なので実数ぼかしてます)

 

ヘアスタイルって色々見てると、めちゃ面白いです!
以前からお伝えしていますが、
お客さんの行動パターンってコンテンツを蓄積している美容室の場合、大体同じ感じになっています。
① スタッフさん一覧
② スタッフさん詳細
③ そのスタッフさんの作った商品(ヘアスタイル)
④ 店舗情報(地図)
④ 料金

という流れが一般的。

 

更に深く見てみると、実は③と④の間にかなりの幅というか、辿り着くまで多くのステップがあったことが分かりました。

④に行くまで、①〜③をグルグル見て回っていたんですね。

 

イメージでいうと、こんな感じ?(伝わりますかね?笑)
① スタッフさん一覧

② スタッフさん詳細


③ そのスタッフさんの作った商品(ヘアスタイル)







④ 店舗情報(地図)
④ 料金
もちろん、ある程度分かっていたことですが、実際のデータを見て確信に変わりました。
しかも、そのスタッフさんに落ちると、かなーり前のヘアスタイルでも見に行くんですよね。
普通に2年前のヘアスタイルとか見に行ってました♪

 

僕にとってこれはとっても嬉しい結果!
だって、この2年ヘアスタイルを蓄積することが、美容室にとって価値になると思っていたからです。

 

 

蓄積の威力は後からついてくる!

ヘアスタイルシステムにヘアスタイルを蓄積するメリットを再度お伝えすると!
① インデックス数が蓄積される。1スタイル1インデックス
(Googleさんはインデックス数が高いところ、つまり更新しているところを上位表示させている)

② サロンさん側はどのヘアスタイル、どのスタッフがお客さんに見られているか把握できる
(打ち出したいスタイル、お客さんが興味のあるスタイルを分析し打ち出し、反応を見る、つまりマーケティングができる)

③ 予約に結びつく導線が引きやすくなる

④ タグベースで管理ができる(NEWヘアカタのみ)

⑤ 発信やコンテンツ作りのノウハウが学べる(有料)


僕は集客のためのマーケティングツールとして、これを扱っています。
ひとつのヘアスタイルに色々な角度から様々な価値をつけ、集客し
ていきたい!というのが僕のこのヘアカタに対する想いです^^

詳細はこちら
http://www.onemore-u.com/?page_id=18273

 

 

 

ウスイッチ
.んじゃ!
.

.

.

.

.

 

《 初めての方へ。共感したらFacebookで気軽にフォローしてくださいね 》
フォローしていただくと、投稿をした際ウォールに表示されるようになります。
それがウザ〜と思う方はやめてくださいね(笑)

 

 

 

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

楽しいを仕事に♬


>———————————<
一緒に学んでみようかなーと思った方は、こちらまで気軽にご相談くださいね^^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
記事下_バナー_ブルー
※ホームページのある方は、ホームページのURLも一緒に貼ってくださいね^^
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

《 Twitter気軽にフォローしてね 》

 

《 Instagramもやってます 》
Instagram

 

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。