SEOをしたいのか?ビジネスをしたいのか?

120 views

SEOをしたいのか?ビジネスをしたいのか?

 

こんばんは♪
美容室専門
集客・販促で売上アップアドバイザー&POPアドバイザー
集客相談所のウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。

ウスイッチってどんな人間?と知りたい方は、こちら を見てみてくださいね♪

 

突き詰めてくると見えてくるものがあります。
それは何かというと、SEOをしたいのかビジネスをしたいのか?ということ。
本格的なSEOを美容室でするならば、、、
ホームページのタイトルが、例:「絶壁解消のヘアスタイル作り」
とした専門・特化したホームページ作りをしないといけない。

僕は美容室ってビジネスをする場だと思うので、特化する必要はないと思います。
技術に特化してるんだ!という美容・理容室さんは逆にSEO対策された方がいいと思います。

 

異業種で見てみると、やはり成約(来店)につながるシナリオは美容室でも同じだと思いました。
それを簡単にまとめると以下の3点に絞られると思います。
① タイトルをよく考える(ロングテールSEOと言われるもの)
② 充実したコンテンツ
③ 内部の誘導

ロングテールSEO、これが特化型ではなく、ビジネス(売上をあげる)になるわけですね。
ロングテールSEOで検索すると、たくさん出てきますよ。
http://agsupply.biz/modules/web/whats.html

例えば「くせ毛 まとまらない 解消」で検索したとき、ポータルサイトを除いた一番目はこちらのホームページが表示されました。
http://coqu.org/?p=998

これがロングテールワードの強みですね。インデックスも1,000超えてますしね。
スクリーンショット 2014-06-05 19.58.50
①のタイトルは重要なのがよく分かりますね^^

そして、②の充実したコンテンツ。
これが結構ムズいかもしれませんね。
安易に「とりあえず狙いたいキーワードをたくさん詰め込んで作っちまえば・・・」
これ上がっても一時的なので、止められた方がいいです。
というか安易にこういう上辺だけの知識でやらない方が安全です。
(以前は僕も上辺部分をやっていたので、言ってます)
以前も書きましたが、タイトルを言葉の羅列で書いている方は要注意ですね。

 

ここはホームページに訪れた人にとって役に立つ情報、この人だったらいままで悩まされたこの悩みから解消できるかも、この人だったら間違いがない!とか、そういう役立つ情報がないといけないというわけですよね。
日々お客さまの悩み解消だったり即答でされているのは美容師さんです。
それを多くの人に伝えるには、伝える力が必要ですし、その力が筋トレのように鍛えていくことで、充実したコンテンツになると思います。
現に、10年近く書かれている美容師さんのブログを読むと惹き込まれませんか?
だからお客さんが寄ってくる、つまりビジネスになるわけですよね。

 

あ、長くなりそうなので、また次回書きます!

 

では!

 

 

楽しいを仕事に♬

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。