ソーシャルメディアがなかったら、ずっと顎関節症を我慢していたに違いない。

261 views

ソーシャルメディアがなかったら、ずっと顎関節症を我慢していたに違いない。

 

 

こんにちは♪
美容室専門
集客・販促で売上アップアドバイザー&POPアドバイザー
集客相談所のウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。

自己紹介はこちら ⇨⇨

 

 

僕、昔から顎関節症なんです。


だから、なんだよ!

まーまー聞いてくださいな^^

 

顎関節症になったのは、もぅかれこれ20年前ですかね。
若気の至りってやつですね。

 

毎回ガコガコと音が鳴ります。

 

年に数回、このガコが噛み合ず、すんげーーーー激痛が走るときがあります。
マウスピースとか色々やったんですよね。。。
でも、治らなかった。
歳取れば取るほどズレが大きくなってきてる気がして。。。
まー痛みはたまにだから我慢すっか!って思ってました。

 

ま、それはいいとして、1年に数回噛み合わせがうまくいかず、激痛になることがありました。
歯医者に行ったり、マウスピース作って(あ、いびき含めて)みたり。
でも、治らなかった。。。

そんなときにFacebookのウォールにこれが
スクリーンショット 2014-03-27 16.23.58
そして、ブログを見てみると、
顎関節症かも?どこに行けばいいのかしら?
エクスマ塾の先輩サイモンさんこと、山田敬一さん。
ぬぉこれは早速連絡せねば!!!

ってことで予約♪

 

記事内で
ーーーーーーーーー
僕はアゴの調整は得意な方なので、ほとんどの皆さんは良くなります。
その時に必ず言われることが「どこに行けばいいのか分からなかったんですよね~」。
歯医者?口腔外科?整形外科?どこに行けばいいの?
ーーーーーーーーー
そうそう、歯医者?整形外科?どこ?どこ?
完全に難民です(笑)

 

そして、この情報に辿り着きました^^

 

そして、実際行ってみて、カウンセリング時に全体を診てもらうと・・・。
あらあら、出るわ出るわ、体の悪いところ、、、汗
あれ、顎関節症で行ったのに。。あれ?
まず19歳の時に単車で吹っ飛んだときの後遺症。。。
左腕は真っすぐあがらなかったんです。
サーフィンの時のパドルがシンドイのも左腕。
山田先生に診てもらうと、、、
う〜ん、肩の骨が出っ張ってるね。
これじゃ腕あがらないよ。
ん?鎖骨も浮いてるし。
足首はっと、、、サッカーやってる時、よく捻挫してた?
「はい。。。」

腰と肩と頭が全部バラバラにヨジレテル。。。

稀に見るケースらしく、、、
よくこれで生活できてたね。って。
「・・・・・そんなにヤバかったの?・・・(・・;)」

ありゃ、膝も・・・

きゃ〜、もう言わないで(笑)

 

そのぐらい悪かったってことね(笑)
職人時代から2階から落ちたり、バイク事故したり、鼻折ったり、、、、
年とるとこうも悪いところがでるとはね。。。

 

そして山田先生の施術に。
顎がというか噛み合わせが、まず1発で治りました^^
カウンセリング時は左側全然噛めてなかったんですが、
施術して左が噛めるようになりました。
背中に常に重いおもりをしょってる感じもなくなり、
体が軽くなりました♪
ぬぉ腕もあがる。
首も軽い♪

2014-03-31 18.11.32
あ、この写真の右に貼ってあったのですが、
K-1選手のジェロムレバンナの肩の治療とかも
されているんですよ^^

今年新たなスポーツをやろうとしているので、
もう1回行って調整してもらったら、
始めようと思います^^

 

これってソーシャルメディアがきっかけ。
凄い時代ですよね?
ソーシャルメディアがなければ、ずっと痛みを我慢していたかもしれない。
そんな風に思うと、僕はソーシャルメディアに助けられたのかもしれませんね^^

 

 

そんなサイモンさんこと山田先生のブログ・HPは、こちらです。
ブログ:テーピング伝道師のブログ
HP:本駒込 やまだ整骨院
楽しいを仕事に♬

 

 

お申し込みはこちら

会社名、サロン名または店名 (必須)

お電話番号 (必須)

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス (確認用)

題名/お問合わせ内容 (必須)

内容 (必須)
※意気込みもぜひ書いてくださいね!

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。