売る力・集客する力をひとつずつ力をつけていく。ということとは?

186 views

売る力・集客する力をひとつずつ力をつけていく。ということとは?

 

 

こんにちは♪
美容室専門
集客・販促で売上アップアドバイザー&POPアドバイザー
集客相談所のウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。

自己紹介はこちら ⇨⇨

売る力・集客する力をひとつずつ力をつけていく♪
どういうこと?
ということを今日は書きたいと思います。
一言で言うと
「売る力・集客する力はひとつずつしか身につけられない」
ということ。
うーん、人間なんてそんなものと思う反面
その蓄積を1年、2年、3年、、、5年やった人とやってない人
結果「差」がでるってことを意味します。
と言っても、こればっかりは、行動した、やった人しか味わえないものなんですけどね。
なぜかというと、
以前からお付き合い頂いている奈良のシャインスピリッツさん。
効果測定を行ってみたところ、
去年の3月と今年の3月の見込客数ですが、30%UPでした。
数字にするともっとやってきたー!っという感じがありました^^

 

少ないですかね?

 

ビジネスの基本は「見込客を集めること」ですよね。
そして、デジタル・アナログでの発信を一番楽しんでいるアシスタント中島さん(通称:なかじー)

2014-03-25 19.47.02
さすが看板娘!ノリがいい^^
中島さんはブログで大阪からわざわざ会いに新規のお客さまがいらっしゃったりしています。
中島さんが書いているのは自社ブログ。
ジワジワ効いてくるんですね^^

シャインスピリッツさんは、ヘアカタでもブログでも結果がでているサロンさん。

2014-03-25 22.04.33
一番左の宇田店長
左から2番目の樫平さん(通称:かっしー)
かっしーはヘアカタで新規のお客さまが一番来店されているスタイリストさんです。
彼には特殊系を求む人が来店される。
その謎は、彼のプロフィールにあります♪
持ってるヘアスタイル(商品)は、約160スタイル!
量が蓄積されるとお客さまの来店促進レベルが上がってきます。
・どんな人で
・何が得意で
・得意分野で作るヘアスタイル(商品)はどんなものがあって
・自分が慣れる像がそこにたくさんあるのか?
選ぶために何かのフィルター通していくのだと思います。

そのフィルターを次々通っていく人は誰か?
通った人のところへ来店するってことなんじゃないですかね?
(僕はそんな風に思えます)
かっしーはしかもあのSSA出身者です。
※詳しく知りたい方は、上のSSAをクリックするか、
僕のマーケティング師匠のまちゃ氏に直接聞いてくださいね^^
2014-03-25 22.04.44
左奥がいつもお世話になっている生多オーナー^^
右奥は去年から撮影ガシガシして発信しまくっている兼松さん
彼もまた100スタイルを超えています^^
特にここ数ヶ月の発信量がグングンあがっています!
いいですね〜〜^^
東京の一流サロンで働く美容師さんでも圧倒的な数が必要と言う
ぐらいヘアスタイルやブログの数って重要なんですよね。
数をこなすから変化していきます。
兼松さんの今と昔の写真を比較してみてください。

なんだかお客さまと一緒に成長しているような感じが捉えられませんか?
僕だけかな。。。(ま、いっか)

 

やっぱ美容師さんって凄い!
デジタルもアナログもひとつずつ蓄積&継続していく、すると結果がついてくる。
今回はそんなコツコツ美容師さんたちに次のステップを伝えさせて頂きました。

 

生多オーナーにはいつも感謝です^^

ありがとうございます!

 

ひとつずつ力をつけていく。ということとは?
自分の将来の確実な売上(自分の収入)を確保すること。
かな、と思います。

 


また行きま〜〜す^^

 

 

楽しいを仕事に♬

 

 

お申し込みはこちら

会社名、サロン名または店名 (必須)

お電話番号 (必須)

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス (確認用)

題名/お問合わせ内容 (必須)

内容 (必須)
※意気込みもぜひ書いてくださいね!

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。