検索エンジン対策は「対策」であって集客ではないのかなって。

185 views

検索エンジン対策は「対策」であって集客ではないのかなって。

 

 

こんにちは♪
美容室専門
集客・販促で売上アップアドバイザー&POPアドバイザー
集客相談所のウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。

自己紹介はこちら ⇨⇨

 

ホームページの1ページ毎の商品=ヘアスタイルを売るためには?
ヘアスタイルタイトル、スタイルコメント、メニュー、スタイル写真
そこにコンシェルジュがいるかのように、
其のページを見に来て頂いた方に
その美容師さん、そのヘアスタイルをオススメする。
誰がこの商品を作っていて
その人はどんな人で
何が得意で
この商品=ヘアスタイルをどういう思いで作って
どんな(対象)人に勧めているのか?
ということかなって。
この1ページの役割は、HPを充実させることではなく、いかに人が寄ってくる仕組みであるかということだと僕は思います。

人が集まりコンシェルジェが対応する。

 

そんな感じ。

 


どんな感じだよ!!!笑

 

普通のヘアスタイルならいくらでもあります。
なぜあなたの作った商品でなければダメなのか?
理由が必要だと思います。

 

ホームページを見に来る人ってどんな人だろう???

 

悩んでいる人も含め、ある程度信頼して色々なページをみていると仮定すると、
重要なのはいかに人が集まる場所であるか?ということ。
あ、もちろん「渋谷 美容室」など、今や検索されていないキーワードは別ですよ!

 

検索エンジン対策(SEO)がどーのこーのって言われています。
メタタグ、ディスクリプション、、、、知らない人からしたら???の言葉ですよね。
分からないとしても、これって確かに必要!なんです。
でも、少し間違った認識の人が多いのも事実。
っという僕もだいぶ間違ってました。
なぜ間違ってたのが分かるのか?って?
だって、これでも一応SEOの団体に属して最近の情報を得ているからです^^

 

それに、そういったノウハウも今やブログや何かで発信しています。
つまり、誰でも言ってるってことですよね?
あと、それ知って何が劇的に変わるのでしょうか?
毎月10名以上が新規来店するようになりましたでしょうか?

 

検索エンジン対策は「対策」であって、集客ではないんですよね。

 

対策と言ってる以上は、常に不安定な集客対策でしかないのでは?と思ったりします。
僕は人を集める技術は対策ではなくマーケティング(伝える力)だと思っているからです^^

 

小手先の技をしなくても問合せがあったり、
ブログで5人来店されたり、大阪から奈良までお客さんが
通ってくれたり、三重から自由が丘の特定サロンさんに
来店したり。。。
これって小手先の技じゃできなくないですか?

 

この美容師の皆さん、小手先の技はどなたもやってません!
やってるのは、伝えようとしているだけです^^
伝えるレベルが格段にあがっていると言った方が良いかもしれません。

 

僕セミナーの時に言うのですが
書くのも”人”ですが、読むのも”人”である。
ということです。

 

そう考えると、ホームページの1ページ1ページにコンシェルジュがいる。そんな風に思えませんか?

 

僕の言いたいこと、少しは伝わって頂けましたでしょうか?

 

オウンドメディアがどうのこうの、とかではなく、自分の会社・企業の知的財産(知財)は自分のところでしっかり蓄積しましょう!
ということです^^

 

楽しいを仕事に♬

 

 

お申し込みはこちら

会社名、サロン名または店名 (必須)

お電話番号 (必須)

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス (確認用)

題名/お問合わせ内容 (必須)

内容 (必須)
※意気込みもぜひ書いてくださいね!

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。