自己紹介(プロフィール)は死ぬほど大事!だと思う。

217 views

自己紹介(プロフィール)は死ぬほど大事!だと思う。

 

あ、昨日のLEADERS(リーダーズ)トヨタ自動車の成り立ちの2夜連続番組、とても見応えありました。
昨日6時台起きのためか終盤見れてない。。。録画してあるので^^
欧米の車が走ってる光景を見て、国産自動車を作らないといけない!と。
今夜はセミナーで見れないので、時間見つけてみたいと思います。

 

 

こんにちは♪
美容室専門
集客・販促で売上アップアドバイザー&POPアドバイザー
集客相談所のウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。

自己紹介はこちら ⇨⇨

 

先日豊橋のルプラボウさんにヘアカタを使って頂くことになりました^^
嬉しーーー♪
去年から少しずつ副社長の白井さんと詰めてきました。
「変わらなきゃいけない」
この一言でハゲシク共感したことを覚えています。

今回オフィスノーダウト斉藤恵一さんが以前からコンサルで
入られているサロンさんなので、ヘアカタに必要なプロフィール
を書いて頂くことになりました。

プロフィール(自己紹介)。
僕のお客さんでプロフィールで新規のお客さんが来店されている実績がいくつもあります。
毎回10人、20人いるわけではないです。
でも、確実に1人来ているわけです。
仕事として捉えるのであれば、少ないですよね?

ちょっと待ってください。

本当に少ないですか?

僕はこう思います。
プロフィール(自己紹介)でも新規のお客さまを獲得できるんだと。
今まで自己紹介で新規のお客さんが来店されること、ありましたでしょうか?

当然あるサロンさんもいらっしゃるかもしれません。
殆どのサロンさんがなかったのではないでしょうか?

斉藤さん、こんなことを言われてました。
洋服買いに行ったとき、気に入らなかったら買わないででていける。
では、美容室は???
一度入ったら、、、料金発生しますよね。
だから、余計事前の情報収集を念入りにすると。
その事前収集って何でしますか?

お店の前に行ってウロウロしますか?(怪しまれるし 笑)

しないですよね?

特に今の時代何するか?

スマフォで 検索 しませんか?

 

そこで何を見るか?
僕の持っているデータでは、約7〜8割の方がまずそこで働くスタッフさんを見ています。
そこで働く人がどういう人かを ” 知りたい ”  ってことですよね?

と考えると、そこに知りたい情報がなかったら、、、、

お客さまはどう感じるでしょうか?

不安を感じませんか?

 

美容師さんってそれぐらい見られるお仕事ということです。
恋の悩み、髪の相談、家庭事情、、、等、人々のこと
色々知ってる存在だと思います。
その色々知ってる人が自分の自己紹介も素敵に伝わりやすいものを
書いていたらどうなるでしょうか?

自己紹介がちゃんと書ける美容師さんって、
お客さまとの関係性をしっかり築いている人
なんじゃないかなって思います。
あ、書いてないからって関係性が築けてないというわけではありません!
より築けてるのかなって思うということです。

理由?

それは、その人自身が自分のことをさらけ出しているってことじゃないでしょうか。

自己紹介を書くということは、読まれる人のことを考えているということじゃないですか?

過大評価ではなく、自慢でもない。
自分ってこういう人間です。と知って欲しいから書くわけですよね。

 

だから、仕事をしている人は書いた方がいいと思いませんか?

書くことでもうひとつ良いことがあります。
読まれることで「この人とは気が合わない」と思ったら
事前に来ないということです。

来ないんじゃダメじゃん!!!
と言われそうですが、お店に行ってから気が合わないと思われたら、クレーマーを育ててしまう可能性があるわけです。

これは、リスク回避ですが、事前に分かって来なければ、失客にはなりません。
が、一度足を運んできたら失客を意味します。
しかも、嫌〜なんて思われたら、言いふらす存在になります。

 

僕は、事前に知らせることがお店にとってもプラス+になると思います。

 

一度、自分のプロフィール(自己紹介)を見直してみては、いかがですか?

 

 

 

楽しいを仕事に♬

 

 

お申し込みはこちら

会社名、サロン名または店名 (必須)

お電話番号 (必須)

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス (確認用)

題名/お問合わせ内容 (必須)

内容 (必須)
※意気込みもぜひ書いてくださいね!

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。