お客さんの検索本気度数を把握してますか?

205 views

お客さんの検索本気度数を把握してますか?

 

こんにちは♪
美容室専門
集客・販促で売上アップアドバイザー&POPアドバイザー
集客相談所のウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。

自己紹介はこちら ⇨⇨

 

今日は師匠のYoutubeセミナーにこれから参加します^^
楽しみです♪
昨日ヘアカタとウェブ予約導入についてichia荒谷さんとお話をさせて頂きました。
話の中で、荒谷さんが「あ、そういえばこの間、突然リファを購入してきたお客さまがいらしたんです」
と。
僕「へぇ〜そうなんですね」「でも、何見てきたんですか?そのお客さん」
荒谷さん「ウェブで検索して溝ノ口近くにあるじゃん!ってことらしいです」
僕「なんて検索したか聞きました?」
荒谷さん「多分、リファ、、、、」
僕「見てみましょ〜」
「リファが欲しくて、駅にいる状態なら・・・」
「こんなん???」

 

「リファ 溝の口 駅近」で検索すると
スクリーンショット 2014-02-24 19.23.52

商品が欲しくて探してきていたので、こういう場合も。
「溝の口駅近く リファカラット」
スクリーンショット 2014-02-25 11.07.52
ichiaさんより上にあるサイトを見てみてください。
探したい、欲しい内容のページに辿り着かないんですね。
ichiaさん辛うじて(笑)

ここでストーリー描いて書いたら、、、すぐ結果がでますよね^^
検索順位が1位だから確実に来るわけじゃないんです。
6〜10位も数字上では結構高い確率で見られている結果もあります。

分かりやすくいいますね!

例えば、(一般的なことですが)

「渋谷 美容室」

「渋谷 ぺたんこがきになる」

と検索された場合、どちらが 検索本気度 が強いでしょうか?

本気度数が違うと行動が変わってきませんか?

僕は、本気度数が強いと数ページでも探していきます。
え、だって、それが欲しいから〜〜!!!(笑)
最低限の設定というか知識は必要ですが、
最後は小手先ではないってことが分かりますね^^

 

本気度数をどうやって調べるのか?
これはシステム屋さんが一般的に言われている流入キーワードというものがひとつ。
それと僕のお客さんには個別対応させて頂いている(って今年から始めてるんですが)
収集方法がひとつ。
そこから導き出すキーワードがあります。
ヘアカタやブログでお客さまがどう見ているのか?
を把握し
サロン内で収集したものを編集(考える)して、また発信する。
実はここが一番重要!!!
だと僕は思ってます。

 

すぐそれをそのまま出すのではなく、一度咀嚼してから出すイメージといえば伝わりますか?

 

闇雲に発信してる人はいないと思います。
が、もっと確率の高い発信の仕方を探していけば見つかりますよね。

 

お客さんの検索本気度数を把握して、美容師さんがたくさんのお客さんを助けて(綺麗にして)あげて欲しいです^^

 

それでは!

 

楽しいを仕事に♬

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。