美容室に来て欲しい人を少しづつ絞っていくこと。

237 views

美容室に来て欲しい人を少しづつ絞っていくと。

 

こんにちは♪
美容室専門
集客・販促で売上アップアドバイザー&POPアドバイザー
集客相談所のウスイッチこと碓井勝範(@kat1173)です。

自己紹介はこちら ⇨⇨

 

今日は一日お休み。
というか、マシンセッティングだったり買い物があったりと、動いています。

 

新規指名のお客さまが広島の美容室Cut for you(カットフォーユー)さんに来店されている結果をFacebookで見ました^^
スクリーンショット 2014-01-20 12.10.18
ブログやヘアカタを見て、新規の方が来店してくれました。
バッサリショートに。
すごく気に入ってくれました〜

って、ブログやヘアカタを見て・・・めっちゃ嬉しいです!!!!!!
あ、その記事はこちら
http://cutforyou.jugem.jp/?eid=841
その中のコメントで
>初めてで、お任せしてもらえるのはとても嬉しい事です

これは嬉しいですよね?
発信しているから事前にお客さまがある程度決めて来られている。
ここでプラスのアドバイスで更にお客さまは嬉しいと思います。
普通に来店されるのと事前に知ってて来店されるのとでは何が違うのか?と思うとこう思います。
・2回目の来店率がかなり高い
ということです。

当たり前だろ!!

はい。

 

でも、僕はここが非常に重要且つ、ここを蓄積していかないといけないのでは?と最近思います。
人に届けられる、伝わる文章力。
一朝一夕ではできないモノ。
だから、読者視点で価値になると思います。
この力を持ってマーケティングすると、、、楽しくなりますね^^

 

 

関東、関西等、僕が分かる範囲で見ていて思うことがあります。
最初の通過点として、ヘアスタイル100、ブログ100持つと、
新規指名客になる確率がグッとあがるということです。
(数値上は月2〜3人来店)

知財の蓄積+マーケティング、そして発信量 がやはり一番の近道で効果的だと感じます。

新規のお客さまは常に集めていかないといけないと思います。
日々のサロンワーク忙しいですよね。
だから、デジタルがあるわけですが。よく24時間働く営業マンと表現しますよね?
でも、その営業マンの伝え方、見せ方が悪かったら、いくら24時間働いてくれてもあまり効果がないのではないでしょうか?

発信する情報の質=営業マンの能力

ですよね?

あれ?僕だけ???(笑)

ちなみに、僕がいうこの「質」って同業から見るものではなく、お客さまから見る「質」を指します。
量と質があると、発信したモノに共感する人が集まっていきます。
これも当たり前の話ですが。。。
お客さまが来店されてまた新たなヒントをいただきます。
そして、それを発信します。
すると何が起きるかというと、結果が出ている美容師さんを見てて思うのですが、
自分(その美容師さん)が来て欲しいお客さまが絞られていくということです。
・誰に
・何を伝えて
エクスマの基本の考え方ですが、こうやってヘアスタイルやブログを書き続け
伝え続けていると、誰に が明確になってくるんだな〜と思いました。

 

僕の言いたいこと伝わってますかね???(・・;)

 

 

 

 

さてと、ヨドバシカメラに行ってきます!

 

では!

 

楽しいを仕事に♬

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。