コミュニケーションは一方から双方へ

180 views

コミュニケーションは一方から双方へ

 

こんにちは♪
美容室専門
集客・販促で売上アップアドバイザー&POPアドバイザー
集客相談所のウスイッチこと碓井勝範です。
 

先日のエクスマセミナーで学んで感じたこと。
コミュニケーションは一方から双方へ。
ソーシャルメディアが台頭したことで大きく変わったこと?
人々のコミュニケーションの仕方に変化が起きた。
ビジネスで今までは会社のメールアドレスに送っていた文化が消え
FacebookやLINEで連絡を取り合ってたりする。
もちろん見積もりとか大事な要件は会社アドレスだが、
それ以外の打合せの日程とかは、ほとんどソーシャルメディアに
変わってきた。

大きい企業ほどまだ会社メール文化だと思うけど。

今は一方通行の情報ってあまりないんじゃない?
個人Facebookでラーメン美味い♪
って発信する。
この時点で既に個人メディア。
そして、いいね!とかあ、そこ美味いんだよね〜となって
周りに情報を拡散させている。

プライベートでもこんな状態。
だから、ビジネスでもソーシャルメディアを使わないと
ダメだと思う。
変化してるんだから。

藤村先生はこうおっしゃってた。
とても手間がかかる時代になったと。
でもその手間をかけることで価値になる。
つまりビジネスが楽しくなると言われていた。

ハゲシク共感!

今まで企業、会社がガードしていたことがソーシャルメディアがでたことで崩壊している。
Twitterで店舗潰すんだから凄い威力だと思う。
ま、ソーシャルガイド規約でも作って、バイトにはサインさせるそんな時代かもしれない。

エクスマの名言というのがある。

迷ったらどっちが儲かるかではなく、
どっちが楽しいかで判断しよう。

名言ですよね?
あ、共感する方だけで結構です^^

仕事の分野で1位になれなくても、趣味や人間性を出す事で仕事だけの順位で判断されなくなる。

「個」の力 ですね!

そして、量的トレーニングを行う。

小さいかもしれないけど、それがブランドになる。と思う。

それに共感する人が更に集まる。

ビジネスチャンスってタイミングとターゲティングだと思った。

違うかもしれないけど、今はそう思う。
また来年学ぶ事で変わるかもしれない。
でも、それでいい。
だって、常に学んで変化することは悪いことじゃないからね。
そうやって更に自分を高めていきたいと思った。

今、ソーシャルメディアの正しい使い方なんてどこにもないと思う。
最低限のことは僕らが把握している。
そこから聞いて学べるところは学んで頂けた嬉しい。
土台のホームページ
関係性作りを構築するソーシャルメディア
そして、ブログ。
これらを使って、2〜3年後の売上につなげるための見込客をどうやって作り上げていくのか?
スタッフの売上アップの方法も。
少し聞いてみよっかな〜と思ったら、いつでも気軽に相談してくださいね☆

楽しい週末を♪

 

楽しいを仕事に♬

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。