自社のコンテンツのヒントはお客さまにある!

201 views

自社のコンテンツのヒントはお客さまにある!

 

こんにちは♪
美容室専門
集客・販促で売上アップアドバイザー&POPアドバイザー
集客相談所のウスイッチこと碓井勝範です。

 
先日のエクスマセミナー。

前回の記事はこちらを見てね。
販促事例100連発セミナー

モノを売っている広告と体験を売っている広告の違い

 

ひとり目のゲスト講師は、僕が最初にこの本を読んで、エクスマ思考で名刺を変えようと思った実践塾のときに大変お世話になった 松野先生〜〜^^
2013-12-18 12.44.36
そんなもんやろ 同質化からの大脱出。
めちゃ参考になります。
松野先生のブログは こちら 。

松野先生のお話のキーは、会社や個人のコンテンツとは?会社や個人のコンテンツ力って何?僕はそう聞こえた。
松野先生は、そのコンテンツを自分のところで探すのではなく、お客さまから引き出すことに目を向けるといろいろなことが分かってくるとおっしゃっていた。

つまり、お客さんから

「これって何ですか?」

って言われるってことは、「伝わってない」ってこと
お客さまの声って結構聞いてるようで、曖昧に捕らえている方多いんじゃないかな。
僕もそう。
目線はお客さま目線じゃなきゃダメなんだ、とつくづく思った。
同じ目線で向こうから質問頂けたら、プロの意見を言えばいいわけなんだなと。

目先の売上に向かうとこれはできないと思う。実際僕4年ぐらいそうだったから。4年後何も残ってなかった。はは。
いかに売るかじゃなくていかに役立てるか
松野先生の言う通り!

そんな松野先生も以前は呉服問屋のサラリーマン。
B to B to C のビジネス。
毎回営業先で言われていたこと、
「もっと売れる商品持ってきてよ」
ストレスで体調を崩し、毛という毛が抜けた。その写真を見た途端、「うわっっっっっっっ!」そのぐらいです。伝わるかな〜?

そして、今はマーケティングコンサルタントとして10年。
商品(モノ)ではなく価値を与える道を選ばれたわけです。
ほんと凄いと思った。
自分自身に置き換えてあの状態からここまでいけるのか?なんてことを考えた。
本当に尊敬できる大先輩。

松野先生はこう言われていた。

「これからはマーケティングが付加価値になる時代」だと。

ハゲシク共感す!!!

 

大量生産で生み出されたモノは、どんどん価値がなくなってきている。
というか、モノがありすぎてどれを選んで良いかがわからなくなってきているということ。

僕は何度も言い続けますが、今までのやり方では通用しなくなってる。
僕自身の小さい体験ですら、売れない期間があった。
足で稼げ!、何でもいいから行って仕事もらってこい!
今でもあるみたいです。
でも、もーそれじゃ仕事取れない。というか、仕事は取れてもスタッフは疲弊していく。
ずっと会社員だから僕には分かる。

ビジネスをやるなら楽しんでマーケティング学んでビジネスをしたい。

そんな風に思う。

いつでも自社の強みになるのは、お客さんの声なんですね^^

 

 

さ、今日はこれから忘年会す♪

 
楽しいを仕事に♬

ウスイッチGoogle+

ABOUTこの記事をかいた人

碓井勝範の自己紹介 独自の手法「アナデジマーケティング」を活用して、お客様の成果に貢献します。企業理念は「成果の追求」です。 ぼくが目指すコトは2つ。 ぼくの研修を受けて「 思考変容 → 行動変容 」の2つを内発的動機付けによって行なっていただくこと。求める成果を達成するには、必ず必要になってきます。 「 気付き→ 思考の変容→ 行動変容→ 求める成果 」をプログラム化し社員さんの人間力、目標達成力、発信力、販売力、マーケティング力+技術力 = お客様から支持される(選ばれる)存在になっていただくことが僕の目標で、その社員さんが成果によって得られる人生の豊かさを手に入れるきっかけにしていただくことが目的です。